禁欲したら人生変わって禁欲する必要なくなった

完全なる禁欲生活を行い、解脱するということ

こんにちは。禁欲と筋トレ節制大好き三菱サラリーマンです。

自分の欲望を一定期間、イッサイガッサイ自制したことってありますか?

たぶんないですよね。

ちょっと暇になるとテレビダラダラ見ちゃいます?

ついコンビニで絶対に欲しいわけではないのに何気なくモノ買っちゃいます?

飲み会の後ラーメン食べたくなって食べちゃいます?

ストレス溜まるとすぐお酒で発散しちゃいます?

これ以上お酒飲むと翌日辛いな、、って思いつつ欲望に負けて飲んじゃいます?

買い物でストレス発散します?

全てその場しのぎの短期的な視座に立った行動なので、全部やめた方が良いです。

禁欲生活というのはやる価値があると思います

というか、やらないと自分本来の力が発揮されません。

私がオススメしたいのは、完全に自身の欲望から解脱することです。こいつ何言うとんねん、という感じでしょうか。

もちろん禁欲ライフを送ったからと言って何かが証明されているわけでもありませんし、具体的な効果があると証明されるわけでもありませんが、少なくとも時間とお金を有効活用できることは確かです。

テレビをダラダラ見る時間や浪費する暇があるなら筋トレすべし

消費欲などを煽るテレビや動画なんてものを見る暇があったらすぐさま筋トレした方が良いです。ヒマさえあれば筋トレ、これはなかなかに有効な対策と言えるでしょう。

もはやある意味禁欲効果の証明や相関性云々よりも、「なんかよくわからんけど禁欲ライフを送ると調子が良い」というような結果が大事です。

というか、実際良い結果に繋がるので自制をしない手はありません。

禁欲がもたらす効果

最近のなんとなく漠然とした好調の理由は経済的な余裕もあるでしょうし、禁欲効果なのか、はたまた一切エレベーター使わずに階段使ってるからなのか、

なんなのか全くわかりませんが、明らかに変化を感じます。

たぶん、体温も高いです。基本的に屋内暑いです。エネルギーが有り余っている感じというのでしょうか。まさにドラゴンボールで言うところの、スーパーサイヤ人状態という表現は極めて的を得ていると思います。

職場の同僚にも「なんでまだ半袖?」と指摘されますが、暑いので半袖、という極めてシンプルな行動判断です。

他の人が何をしているか、というのは関係ありません。日本人はやたら周りを気にしすぎですね。

とにかく禁欲ライフを送ると、少し不思議な状況がよく起こるのです。

因果関係は全くわかりません。

ただ、なんかよくわかりませんが好ましいことが起こります。もしかすると良いことが起こると、それにフォーカスするようになっているのかもしれません。

しかしこの良いことにフォーカスするという行動は非常に重要です。なぜなら考え方がポジティブになるので、それがまた更に良い影響を生むという正のスパイラルに繋がっていきます。

自制とは自分の意志力を試される自分との闘い

自身の欲望すら抑制できないようでは、意志力なんて多寡が知れてます。

何かを長期的な視野に立って達成するには、たゆまぬ努力や強靭な意志力が必要になってきます。


WILLPOWER 意志力の科学

人間、すぐに目移りして易きに流れるようでは、長期的な目標を達成することはできません。

人と違う成果を残すには人と違うことをする必要があります。特定の分野で傑出している必要があります。

あなたがもし女性にモテたいなら、他の人と同じことを同じレベルでしていてはいけません。というか最終的に複数にモテる必要なんてないことに気づくかもしれません。

もしあなたが若年期に経済的自由を達成したいなら欲望を自制して人の2倍節約すべきです。

執着を捨てると、あちらからやってくる

自分の行動に対してストイックな禁欲生活を送っていると、もはや女性にモテたいとかどうでもよくなってきます。

つまり女性への執着が消えます。異性とかではなく、1人の人間として対話を行うのです。

こうなってくると不思議なもので、「求めるな、さらば与えられよう」を地で行く形になってきます。

執着しないので女性を追うことはなく、そうなると当然ですが追われることしかなくなります。

ちなみに私は学生の頃から、ひたすら禁欲をしていました。

大学生の頃から毎日欠かさず家計簿をつけてましたし、それから10年経った今も毎日家計簿をつけています。

コンビニでモノを買うことは数年に一度くらいですし、飲み会の後に夜中ラーメンとか絶対食べませんし、無駄遣い一切しませんし、ダラダラテレビも見ません。

間違いなくそれは29歳で経済的自由を達成したことと密接に関係しています。

それにゲーム感覚で楽しいですよ。

自分を律して欲望を自制することは、経済的自由の早期達成という経済面にも決して欠かせません。

ほんまかな、と考える暇があったらまずはやってみましょう。

色々と考えすぎると、それもよくありません。

かの京セラ創業者・稲森和夫氏はこう言っています。

バカは単純なことを複雑に考え、凡人は複雑なことを複雑に考え、賢人は複雑なことを単純に考える。

稲盛さんもまさか禁欲の話題でこの言葉を引用されるとは本意ではないかもしれませんが、畏れ多くも引用させて頂きます。

とにもかくにも、まずはやってみる。

それが重要です。

夢のような世界とはどのようなものでしょうか。

経済的自由を達成した世界、フリーダムな世界、好きな人に囲まれた生活、
はたまた特別な関係に恵まれた生活、

人によって色々あると思います。

※1つ言えることは、夢のような世界、それは本当に実在しうるということです。でも、上述の通りそんな生活よりもっと大事なことに気づくと思いますよ。

Best wishes to everyone!

禁欲に至る歴史はここに書いてます。

【自己紹介】14歳で為替取引を始め、FF廃人として2ちゃんに晒され、入社当日にアーリーリタイアを決意。
【自己紹介】14歳~現在まで 14歳、バブル時代に比べて日本円の金利が低すぎることに気づく、外貨預金開始。 日本円が1%を大きく下回...

禁欲による意思の強さからか、経済的自由を達成しました。

経済的自由を20代で得て感じる3つのこと
経済的自由の定義とは? まず経済的自由という言葉を明確化します。 ここで言う経済的自由とは、 「働かなくても得られる不労所...