【階段トレーニング最高】階段は資源、毎日無料!活用すべし。

運動不足な方々やサラリーマンの方々(特に勤務地が高層階なら尚良し)向けにおすすめなのが、階段の活用です。

私自身はセミリタイア以降、特定の場所に出社する習慣はなくなります。

そのため、階段トレーニングは、街中に限られたり、登山が代替になります。街中の階段は、セミリタイア後は特に貴重のように感じます。

この場を借りて、階段に御礼申し上げます。

エレベーターとエスカレーターは使わず、階段。無料。トレーニング可。

一歩一歩、高みを目指す。階段を上るように。

  • エレベーター
  • エスカレーター

この文明の利器は便利です。しかし便利なものは、その利便性の反面、副作用も同時に感じませんか。

エレベーター・エスカレーターに乗ることで、「目の前にあるエクササイズ機会を自ら放棄している」とも解釈できます。

私は日常生活でも会社(かつてサラリーマンをしていた時)でも、階段を利用できる場所では、一切エレベーター・エスカレーターを使わないようにしています。

サラリーマンなどのオフィスワーカーは、ただでさえ一日中デスクワークで椅子に貼り付き、座ることになります。平日は工夫しなければ、運動不足にもなりますよね。

座り続けることは心臓病の疾患リスクが上がるなど、科学的な見地からも悪影響が指摘されますが、そもそも体感的に体に悪影響であることは、強く感じていました。

階段は資源。唯一無二の無料ツール。

一歩一歩、高みを目指す。階段。

そこで、階段です。階段様々です。

階段大好き、素晴らしいです。

利用するだけで運動になりますし、運動すると脳が活性化して仕事も捗ります。

出社する際は、まず階段で上り、脳への血流を活性化、良案です

違う階に書類を届ける時など、必ずエレベーターではなく階段を利用すること、良案です

昼休みに会社から戻る時、必ず階段を利用すること、良案です

退勤後は、必ず階段で降りて、脳も身体もリフレッシュさせること、良案です

階段利用、だいたい良案です。

階段を上り下りすると、普通に歩くよりももちろんカロリーを消費できますし、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋を使います。この筋肉は大きな筋肉ですので、ここを鍛えると基礎代謝の向上にもつながります。

あと、なにが良いって習慣化しやすいんですよね。弊ブログの特に初期の頃のキーワードでもあった「習慣化」です。

毎日家にずっといるという方でない限り、都心部に住んでいる方であれば必ず階段に一度は遭遇しますよね。毎日一度は階段と出会えるわけです。そのうち階段を見ると嬉しくなると思います(嬉)

ついでに運動できるからです。エスカレーターを見た瞬間、もはや無意識に階段を探すという癖がついています。

つまり、毎日階段と出会い、そして階段を利用し続けることでそれが習慣になり、無意識的に階段を利用することで、習慣化もしやすいです。

階段という点在する有難い資源を上り下りするメリット

step by step。階段。

イタリアのサルディーニャ島や沖縄北部に暮らす人など、長寿者を多く輩出する場所は坂道や階段が多く、上り下りの運動を繰り返していることがわかっています。

近年、長寿世界一に躍り出て注目された香港には急な坂道が多い地域です。つまり、生活していくうえで必然的に上り下りという運動をすることになります。

坂道だけでなく、階段を含め、上り下り運動というのは、適度な有酸素運動となり、心肺能力が鍛えられ、平地では使わない筋肉が使われるため、足腰が強くなります。

年齢を重ねるほど足腰の強さは重要で、弱ければ骨折リスクも増します。足腰がしっかりしていれば自分の足で行ける世界は高齢であっても広がり、いくつになっても刺激を受け、認知症とも縁遠くなります。

働き盛りのうちから、会社の階段を利用するなどして上下運動をしっかり若年時から始めておいた方が絶対に良いです。

有料ジムもいいけど、、無料の階段も良いです。

登山のトレーニングにもなる、階段。

「いやー、運動不足だからジムで解消しないとね。」とお金を払ってジムに行くのも勿論素敵です。便利で良いですよね。

ただ、もしベンチプレス等の筋トレ機器を使わないのであれば、階段という目の前に素晴らしい無料ツールがそこかしこに鎮座されているわけですから、それを使えばお金も使わず、運動にもなります。

今あるものを活用することで大抵のことは事足ります。

階段はありきたりなようで、貴重な資源です。階段を作ってくださった人に感謝しつつ、一段を踏みしめる。

あと何気に地震大国の日本でエレベーター使うのはリスクでもあります。エレベーターの不具合で首がドアに挟まって死亡なんて事故もありますし、中国ではエスカレーターの底が突如崩落してあの回転に巻き込まれて亡くなるなんていう非常に痛ましい事故も起きています。

ちなみに私がサラリーマンをしていた頃の職場の階数は10を超えますが毎日階段で出勤していました。会社の役員クラスや社長の方々って、なぜか階段を多用してたりします。階段を使ってるとよく遭遇しました。そういった方々は階段のメリットに既に気づかれているのかもしれません。

会社でも「あ、私、階段しか使わないんで、、(///)」と公言しておけば大丈夫です。オリジナリティを持った行動を心がけたいですよね。

「今あるものを活用する」という基本理念は、断捨離にも通じますし、支出の最適化にも通じますし、生活全般に通じることだと思います。

何かがない時に、すぐ「新たにモノを買う」という行動に出る前に、「今あるもので対応できないかな?」と考える癖をつけると、モノが不必要に増殖しません。

今あるものでなんとかできないか」と考える癖をつけること、とってもおすすめです。

階段は、エスカレーターが横にあると圧倒的に避けられがちなものですが、立派な立派な、資源なのです。

Best wishes to everyone!

階段に関するものは、こんな記事も書いています。

毎日階段を60階分上った結果、息切れしなくなった
【朗報】毎日階段上がりまくってると息切れしなくなることが判明 無類の階段好き、わたくしです。 こちらの記事で以前記載...

階段は筋トレにも非常に適しています。めちゃくちゃオススメです。

階段の一つ飛ばしのメリット!太もも強化に好適、超オススメ
階段の1つ飛ばしは、結構負荷がかかるのでオススメ 無類の階段好き、三菱サラリーマンです。 私の階段に対する想いは、以下の記事...

支出の最適化については、以下をご参考に供します。

節約って響きがケチ臭いので、「支出の最適化」というワードを提唱したいです
2018年に出会った「FIRE」というワードは徐々に広がっています。「支出の最適化」もFIREほどではないものの、こちらも目にする機...
スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2016年10月25日