NYダウ3万ドル割れで、3万ドル突破当時のシナリオを振り返る

NYダウは3万ドル割れ

ダウ平均は29,997ドルとなり、コロナショック前(2020年1月)の水準に近づいてきました。

ダウ3万ドル割れということで、私は以下の記事を思い出します。以下引用します。

過去記事(2020年12月)

ダウ平均株価は、2020年11月24日にはじめて30,000ドルを突破しました。

速いスピードです。

ダウ平均株価推移

ダウ平均株価の推移は、下図の通りです。

ダウ平均株価 到達日 所要日数
$ 10,000 1999年3月29日
$ 20,000 2017年1月25日 6,512日(17.8年
$ 30,000 2020年11月24日 1,399日(3.8年

  • 1万ドルから2万ドル突破までは、約18年
  • 2万ドルから3万ドル突破までは、約4年

1万ドル → 2万ドルは、ITバブル崩壊とリーマンショックを挟みます。2万ドル → 3万ドルもコロナショックを挟みますが、同年に回復済と凄まじい騰勢。

もちろん、

  • 1万ドルから2万ドルは、2倍の増加幅
  • 2万ドルから3万ドルは、1.5倍の増加幅

ですが、それを加味しても速い。

緩和的な金融政策

背景には、中央銀行(FRB)の金融政策を見いだせます。具体的には、以下2点。

  1. 利下げ
  2. 国債・社債の購入

「物価」と「資産価格」が乖離

ともない、消費者物価(CPI)」と「資産価格」の乖離も拡大しています(緑部分)。

この点、かなり気になっています。昔日の日銀レポートにもある通り、バブル生成を見る際の1つの要素となっています。

ご参考まで、日銀のレポートを載せておきます。

考えられるシナリオ

  • コロナ状況が良化 → 金融緩和縮小を市場が意識 → 長期金利低下 → 株価調整

ダウ平均3万ドル。4年で1万ドル上昇。資産価格と物価の乖離も。
ダウ平均株価は3万ドル到達。4年で1万ドル上昇。資産価格と物価の乖離も。 ダウ平均株価は、2020年11月24日にはじめて30,0...

当時インフレは警戒しておらず、考えられるシナリオで「長期金利低下」と記しており、その点が外れていますね。

一方、「株価上昇の要因はあくまで金融緩和であり、資産価格と物価の乖離からバブルを懸念。そして、金融緩和縮小に向かえば調整」という流れを記していました。

現在はそのシナリオ(ただ、これを記した後1年間も株価は上昇。マクロ状況は把握しても、タイミングは読みづらいということでしょうか)。

合っていた部分、外れていた部分、それぞれありますね。

このように記録をつけて、当時の考えを振り返る。すると内省(客観的な視点から自身の考えを振り返る)するきっかけになる。投資以外にも言えそうですね。

たまたま「3万ドル割れ」と今朝のニュースで目にして思い出しただけですが、意味のある作業のように思います。

書いていたから思い出す、内省するきっかけとなる。投資に限らず日常や仕事の気づきも、同様の作業に意義があるように思います。

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: