Fear and Greed Index、コロナショックで遂に「1」を記録。(2020年3月12日)

Fear and Greed Index、コロナショックで遂に「1」を記録。(2020年3月12日)

Fear & Greed Indexが、遂に「」を記録しましたね。記念碑的な形で残しておきます(笑)

Fear & Greed Indexとは

そもそもFear & Greed Indexとは、以下通りです。

Fear & Greed indexと呼ばれ、直訳すれば「恐怖と貪欲さの指標」。投資家の感情は大きく2つに分けることが出来ます。

1.恐怖

2.強欲

投資家の「恐怖」が「強欲」に勝っている局面では、投資家は株を投げ売りするため、株式市場は相応に下落します。市場が底冷えに向かうような局面ですね。

一方、投資家の「強欲」が「恐怖」に勝っている局面では、投資家は更なる上昇と利益を期待して買い上がります。市場が過熱途上であるような局面ですね。

その恐怖と強欲が各々どの程度、市場に混在しているかをCNNが指標化したものが、「Fear & Greed index」です。

Fear and Greed indexの構成要素

具体的に当該Indexの算出方法を確認しましょう。

Fear & Greed indexの構成要素7つ
  1. 株価モメンタム(勢い)
    S&P500と125日移動平均線との乖離
  2. 株価の強さ
    52週高値と安値にタッチした数
  3. 株価の振れ幅
    上昇局面・下落局面における取引量
  4. オプション
    プットとコールの割合
  5. ジャンク債需要
    投資適格債とジャンク債のイールドスプレッド(利回り差)
  6. 市場ボラティリティ
    VIX指数を参照
  7. リスク回避需要
    株式と国債のリターン差異

これら項目が平均値からどの程度乖離しているかで0から100で指数化したものが「Fear & Greed index」です。VIX指数も要素の1つです。

Fear & Greed Indexの推移

リーマンショック2008年9月17日には「Fear & Greed index」は、12まで下落しました。その後、2009年3月9日には28まで戻し、強気相場が開始。

そして、2020年3月12日時点で、「」に達しました。投資家(およびアルゴリズムなどの機械取引など)の恐怖具合は極限に達したことになります。

2020年始から3月12日までの「Fear and Greed index」の推移は下図の通りです。

ただ、1という極限の状態を記録したものの、2020年3月16日時点では安値を更新しており、この指標が万能ということではやはりありません。ただし、客観的な市場状況を測るには有用ですね。

2020年始まで強気相場が展開され、その後は悪化の一途をたどったことが一瞥してわかる推移です。

いかに年始時点では楽観状態が続いていたかがよくわかります。しかし人間は結局楽観状態が続くと、「もう少しこの状態が続くのではないか」、もっと言うと「これが長く続くかもしれない」という錯覚すら覚えます。

ですから、このグラフ推移を心にとめて置き、今後に活かしたいところですよね。

Best wishes to everyone!

Fear and greed indexについては、以下のような記事も書いています。

Fear and Greed index【株式市場のセンチメントを知る方法】
Fear & Greed indexはやや反発し始めています。 「リセッションにおける投資戦略...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: