IBMを85万円分買い増し予定

IBMを85万円分買い増しの構え

今回も定例の株式買い付けを行う予定です。

アイ・ビー・エム【IBM】

株価   :117.51ドル
配当利回り:5.34%
購入株数 :65株

今回の買付においてはBTI・IBM・BLK・VYMあたりの銘柄で迷いましたが、IBMにしました。特にBTIはまだ買い増ししても良いかなと考えています。

株価指標(2018年11月初時点)

まずは直近のデータをチェックしてみましょう。

IBMの基礎データ株価       : 117.51ドル
予想PER    : 10.0倍
配当利回り    : 5.37%
増配率(過去3年): 7.5%
配当支払い月   : 3・6・9・12月

配当利回りは3%台後半~4%程度だったところ、5%台半ばまで上がってきました。それだけ株価が下落したということです。予想PERは10倍とPERだけで見るとかなり低い指標。

決算発表・レッドハット【RHT】買収

直近のダウ平均の下落にしっかり一緒に下落し、第3四半期の全体の売上高・戦略的必須事業の売上高が予想を下回る数字を発表し、更に知る人ぞ知る「Linux(リナックス)」で有名なソフトウェアプロバイダー最大手のレッドハット【RHT】を340億ドルで巨額買収することも嫌気されています。

レッドハットの買収によって、完全にメインフレーム(大型コンピュータ)やハードディスクなどのハードウェア中心の業態からクラウド、AI、サービスへ明確に転換を図っています。

AI(人工知能)”Watson”の収益化の足踏みが続く中、成長市場のクラウドの成長が期待されていましたが、今までのところアマゾン・マイクロソフト・グーグルの背中は遠いままです。

アマゾン傘下のAWS・マイクロソフト・グーグルは2018年第3四半期で各々45%・98%・85%増加したのに対し、IBMはたったの9%増です。

このあたりが同社の株価低迷の大きな要因と言えそうですね。

とはいえ、営業キャッシュフローマージンは引き続き20%近傍で推移しています。潤沢なキャッシュフローを毎期創出している限りは過度に心配していませんが、今回の買収がクラウドシェア奪回の契機となるのかが非常に注目されます。

レッドハット自体も営業キャッシュフローに対して投資キャッシュフローが非常に少ないIBMと似たようなキャッシュフロー計算書ですから、その規模が更に拡大していくか注目したいところです。

値動きが忙しいダウ平均

ダウ平均株価は直近高値の26,000ドルから24,000ドル台まで下がったかと思えば、25,000ドル台まで急激に切り返しています。

とはいえ投資家はこのように荒く見える値動きに対して一喜一憂する必要はなく、仮に一喜一憂しているようであれば自身のリスク許容度に見合っていない投資をしているか、値動きに慣れていないことが考えられます。

市場の雰囲気に流されず、自身で確固とした方針に沿って行動することが肝要です。

【IBM】株価推移(過去10年)

同社への投資はかなり間が空きましたが、これだけ気持ちよく下落するとさすがに食指が動きます。

ポートフォリオの中で唯一と言ってよい程のハイテク系銘柄なので、良くも悪くもスパイスとなるかもしれませんね。

IBMへの投資

今回の買い増しが完了すればIBMの保有額は約2万ドルとなり、一旦は打ち止めとする予定です。

BTIの株価次第ですが、こちらの買い増しも非常に魅力的ではあります。引き続き高配当株を買い増ししていきます。

Best wishes to everyone!

IBMの業績詳細などはこちらに記載しています。

【IBM】23年連続増配の高配当ハイテク株!
IBMってどんな会社? IBM(アイビーエム、International Business Machines Corporation)は、...

高配当タバコ株には、アルトリアグループも外せません。これ以上買うとポートフォリオが偏重となるので、一旦は同社への買付は中止中。

【MO】アルトリアグループは連続増配48年の高配当優良たばこ銘柄!
【MO】アルトリアグループの株価推移(10年間) 今月の買付は何を買おうか迷っていましたが、一気にMOを260株購入しています。 ま...

高配当たばこ株としては、ブリティッシュアメリカンタバコもあります。こちらも魅力的です。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)はEPS・配当が右肩上がりの英タバコ会社
ブリティッシュ・アメリカン・タバコは世界首位、電子タバコにも参入 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(Britishi American ...