オレンジ色の日々に、はたしてお金は存在していたか

オレンジ色の日々に、はたしてお金はそんなに存在していたか

友人と話していて、「やっぱりそんなにお金っていらんなぁ」という話になりました。

今回はスーパーで新鮮な真鯛のお刺身を買って、家で漬けている糠漬けと、炊いたお米、野菜スープを食したわけです。

しめて1人あたり400円程度です。これでめちゃくちゃ美味しいわけです。

昼は焼肉です。ひとり300グラムぐらいの高めの和牛を食べても1人あたり3,000円もいかない。

楽しいし、美味しい。

大学の頃のように里山の近くに日陰に座って他愛もないことを話す。

みなさん大学の頃ってお金の話そんなしてましたか?

私たちはそんなにお金について話してなかったです。

それよりも、彼女とのデートがどうとか、バイトがどうとか、旅行がどうとか、そんなオレンジ色の話をしていたはずです。

社会人になってから、いつからかオレンジ色から褐色に変わり、お金関連の話題が増えていったのではないでしょうか。資本主義ですし。

お金は手段としては大事と思います。今まで言い続けてきた通り「お金は、人生の選択肢を増やす手段」です。

そのために、私も猛進した時期があって、そしてそうしてきたからこそ今があり、本当によかったと心から思います。

ただ、それはそれとして、その一方で、これはあくまで既に経済的自由を得たがゆえの高邁じみた視点かもしれないことを承知の上で述べるならば、

実態のないバーチャル気味な、どこかふわふわとした金融市場の数字よりも、実態のある土いじりの方にこそ、人生を豊かに生きるヒントがある気がしてならないのも事実です。(もちろん、これもFIREしたからこそそう思う余裕ができただけかもしれません)

モノが行き渡っている時代です。「5億円あったらなにをしますか」と問えば、「エアコンを買います」と真剣に答える人もいるぐらいです。それぐらい物的なものはあふれているわけです。

いつまでもお金お金の人生は、私個人がめざすベクトルとは異なるなぁと改めて思います。いま30代であればなおさら。適度な距離感が大切と思います。

とはいえもちろん、人生が有限であるという希少性から来る時間コストへの正当な対価としての金銭は、きちんと考えます。

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: