小屋族という魅力的でミニマリストな生き方

ツイッター

スポンサーリンク

小屋を建てて暮らすという魅力的なライフスタイル!

所さん大変ですよ!というNHKの番組で小屋を建て、月に生活費4万円以下でその小屋に暮らす人々がクローズアップされていました。

こういうライフスタイルは三菱サラリーマン、垂涎ものであります。

今すぐにでも小屋族に仲間入りしたいレベル。

小屋に暮らす小屋族の特徴

そんな小屋族の特徴をまとめると、以下の通りになります。

  • 冷蔵庫はなし、川で冷やす。
  • 電気を通していない為、ソーラーパネルで電力自給 or 5アンペアで契約し、電気代400円台
  • 土地を購入し、その土地に100万円で小屋を建てる
  • 家賃は当然0円
  • 生活費は月2万円~4万円台(4万円の人はうち健康保険15,000円!)
  • 小屋の面積は4畳~5畳

「住宅ローンを30年組んで何千万円も払うより、自分で小屋を建てれば100万で済む。」

はい、全くもってその通りですね。

冷蔵庫を持たずに川で冷やす方が断然効率的

川を冷蔵庫代わりにする小屋族の方を見て思い出しましたが、ちなみにこれ、やってみた人はご存知かと思いますが、川ってめちゃくちゃ冷えます

冷蔵庫って便利だけれども、実はめちゃくちゃ非効率だなと思ったことがありました。たとえば500mlの常温のペットボトルに入った飲料、これを冷蔵庫で冷やそうとすると、どれだけ少なく見積もっても10分はかかるのではないでしょうか。

しかし、川で冷やすとものの20秒とかで冷えます。絶えず流れ行く水が温度を奪い、それがとめどなく続いていくのでどんどん温度が奪われるのでしょう。これはもう最初、相当にびっくりしました。冷蔵庫ってなんなんやろうと。やはり自然の力には到底かなわない。

電気の基本料金は下げられる

小屋族の5アンペアを基本料金にしている人を見ていて、ふと思い出したんですが、電気料金の基本料金、これは結構下げることができます。意外に知らない人多いのではないでしょうか。

たとえば中古不動産を購入して入居する時にまず何を確認するのか?

それはまず以前入居していた売主がアンペア数がいくつで電気代を払っていたのか。中古マンションの一室を購入した際に私は真っ先にこれを確認しました。

同時に電化製品を使わない限り、多少電力会社との契約アンペア数を下げたってブレーカー落ちないですよ

私は電子レンジというものは、健康上の懸念から一切使わないようにしているので、それもアンペア数の低減に貢献しています。

小屋に暮らせなくても、持ち家の人は今すぐにでもアンペア数を下げても問題ないか確認すべきです。無駄な電気代の基本料金を電力会社等に上納する必要はありません。

小屋族である御二方

さて小屋族の方に話を戻します。紹介されていた小屋族の方々は以下2名でした。

  1. 食品会社に勤務するも、会社の不毛な人間関係に嫌気がさし、インターネットを閲覧している際に小屋を建てるということに着目・興味を持ち、気づいたらもう行動を起こして、小屋を作ったという人。
  2. 「小屋を作ってから幸せすぎて怖い」と言う人までいらっしゃるという、素晴らしき小屋族の方。
みずみずしい表情

なにせこの御二方、表情が非常にイキイキしてらっしゃる。素敵ですね。

豚舎に巣食うトン達にまみれることなく、まるで表情まで自然に浄化されているようです。

この小屋に集う人々との人間関係は、全然消耗するような感じではないと言及されていましたが、本当にそうなのでしょうね。

その小屋に訪れた地元の壮年の方曰く、

「この世知辛い世の中、小屋を建てるのもいいんでないの^^」という和みコメント炸裂。

形に残るものを作ると自己肯定感が強くなる

脳科学者によれば、人間は「形に残るものを作り上げると自己肯定感が強くなる」ということ。これは実際にそうなんでしょうね。

親が北海道でログハウス↑を建てましたが、同じようなことを言っていました。

小屋を作るのはそんな簡単ではない

しかし一方で個人的に思ったこと。

それは、この番組では”小屋族の良い面ばかりがピックアップされていた可能性”があることについても言及しておかねばなりません。なぜなら、小屋を作るということは並大抵のことではないからです。

凹凸のある平らでない地面に水平に建物を建てる。これってとても難しいことです。大工という職業は忍耐も持ち合わせている必要があると思います。

ですから、この小屋族の方々、テレビに出る一面以外に、非常に努力家であったり勉強家であったり、或いは小屋について労苦を厭わない程に好きで興味がある等々、いずれかなのではないかと推察いたします。

実りあるライフスタイルの1つである小屋という選択肢

とは言え、実際に実現させた小屋ライフという素敵な生活は、人によっては相当実りあるものになるでしょう。

月20万円の収入で、年間200万以上貯金している小屋族の方がいましたが、全然可能なのでしょうね。

そんな生活してると彼女できないんじゃないかって?

そんなことは一切ありません。

小屋族の1人は、小屋族になってから彼女が出来て婚約したという人までいましたよ。全ては自分次第です。

デュアルライフ+小屋族

デュアルライフは飽きを解消する理想的なライフスタイル
Dual Lifeが飽きを解消する 田舎も都会も完全無欠ではない 私はかねてから田舎への移住を望んでいます。 しかし都会と田舎...

私は従前までデュアルライフを志向していましたが、この小屋族というライフスタイル、これも有力な選択肢の1つとなりそうです。

小屋市場なんていう小屋を売っているサイトも発見し、ちょっと物色してみようと思います。

Best wishes to everyone!

Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする