【2017年2Q決算】ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)のEPSはほぼ横ばい

ツイッター

スポンサーリンク

【JNJ】17年2Q決算

17年2QのEPSは1.40ドル。前年1.43ドルと比べてほぼ横ばい。

DPSが0.84ドルであることを考えれば十分な水準と言えます。

【JNJ】1株あたりの純利益(EPS)、配当(DPS)の推移

17年2Q分までの上半期分を反映させたEPS・DPSの推移は下表の通り。

赤:EPS(1株あたり純利益、GAAPベース)

青:DPS(1株あたり配当)

数値は全てJNJ Annual Reportを参照、

EPSの水準はDPSを十分上回っており、引き続き問題なし。Payout Ratioは50%程度です。

【JNJ】キャッシュフロー推移(10年間)

見てくださいこれ。フリーキャッシュフローがスゴイですね。たとえばVZと比較して一目瞭然なのは、営業CFとフリーCFの差がそこまで大きくないということです。投資CFが少なく、営業活動で稼いだ分のほとんどのキャッシュが手元に残るということです。キャッシュが手元に残るということは、多額の配当にも耐えられる財務体力があるということです。

(比較対象のベライゾンはこちら↓)

【JNJ】株価推移(10年間)

株価は引き続き堅調。この株価では引き続きちょっと買いづらい水準です。

株価が下がらない限りは引き続き様子見続行。

Best wishes to everyone!

Twitter
スポンサーリンク

SNSでシェアする

フォローする