【女神レシピ】エビを調理したら殻を捨てずに再利用すべし

ツイッター

私の女神は料理が本当に上手です。なにせ小学1年生の頃から毎日ごはんとお味噌汁を作っていたそうで。

そんな女神レシピを今日はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エビは二度おいしい

エビはコクがあって美味しいですよね。グラタンの具に用いたり、餃子の具に用いたり、エビフライにしたりと様々な用途があります。

まずそういった主たる用途に用いた後のエビの殻は必ず捨てずにとっておきましょう。

殻はダシを取るのに非常に適したな具材です。すぐにグツグツ煮てダシを取るのではなく、殻を一旦火にかけて炒め、それを濾せば良いだしが取れます。ミキサーなどがあるご家庭は粉々にすると尚良いでしょう。そしてそれでエビのビスクを作るのです。

絶品。エビのビスクが作れる。レストランに行く必要なし。

上述の方法でエビのダシが取れたら、あとはトマトピューレ(もちろん無添加の有機トマトで作られたものを選ぶ)、牛乳、コンソメ、塩コショウ等で味を調えれば絶品エビのビスクが完成です。これはお店に出せるレベルだと思いました。

尚、トマトピューレについてはデルモンテ↓を用いました。無添加、有機トマト使用です。

原材料名は有機トマトのみ、素晴らしい。

化学調味料の入ったものはお値段1/3ぐらいですが、こういう健康に関するものには少々の差であれば投資を惜しまないので、有機かつ無添加のものを選ぶようにしてます。

いよいよビスク完成。

これがもうエビの風味満載でめちゃくちゃ美味しかったです。

エビの殻は他にもお味噌汁に加えてあら汁のようにするのも良かったです。ぜひご家庭でやってみてはいかがでしょうか。

Best wishes to everyone!

Twitter
スポンサーリンク

SNSでシェアする

フォローする