【銀座・有楽町】担々麺 橋悟(はしご)は後からジワジワ ハマる

ツイッター
スポンサーリンク

最初のインパクトは薄いが、意外にハマる

無類の担々麺/坦々麺好きである私がオススメするお店について、徐々にブログでご紹介したいと思います。

今回はJR有楽町駅から徒歩5分にある担々麺屋さん、「橋悟」です。

橋悟(はしご) 銀座本店

↑こちらが外観。

最初間違えて隣のお店の行列に並んでしまいました。

↑こちらが店内の様子。

日曜11時半に訪れました。

店内は満席手前で、並ぶ程ではありませんでした。

店内に入った瞬間にゴマの風味が鼻孔に突き刺さって、蹂躙され、充満します。

↑こちらがオーダーした800円の担々麺。

太麺ではなく、結構細麺です。小ライスも希望すれば無料でついてきます。このライスの量が本当にちょうど良い。

担々麺は最初食べた時、美味しいのは美味しいですが、同じく有楽町にある小洞天の担々麺と比べると、そこまでインパクトはありませんでした。スープを飲んで行くと、徐々に柚子かお酢のような香りが広がりる、さっぱり目の担々麺と言えます。

さっぱりしている為、食べ終わって店内を出た段階では、「これは小洞天の勝ちやな」と思っていましたが、ところがどっこいこれがなかなか後になるとまた食べたくなってくる不思議な担々麺でした。

ちなみに同じく有楽町にある「小洞天」の担々麺とシュウマイのセットは、食べた後に非常に眠くなります。そのあとは一食抜いてもええかなぐらいの胃に対する存在感があります。お腹がもういっぱいで苦しくなるぐらいなんですが、しかしこれが「麻薬でも入ってるんちゃうかな」と若干本気で疑ってしまうぐらいにまた食べたくなるんです。

この橋悟は、その小洞天に比肩するぐらいの病みつき担々麺と言えます。

ちなみにメニューには他にも排骨担々麺などがあります。

↑こちらが400円のシュウマイ単品。

これも文句なしで美味しいです。

まあ4つで400円は高いですが、銀座ですからしゃあないですね。

近々、麻薬入ってるんちゃうか疑惑の小洞天もご紹介したいと思います。

Best wishes to everyone.

Twitter
スポンサーリンク

ブログランキング参加中、ぽちっ↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする