【休日の過ごし方】光が丘公園と鉄棒が素晴らしい (※28歳)

ツイッター
スポンサーリンク

公園の素晴らしさ

つい先日のことですが、公園の素晴らしさを改めて感じました。

まずお昼はモスバーガーで670円を消費。

消費と言っても、3252 日本商業開発 の優待であるジェフグルメカード3,000円分のうち、1,000円分を用いて逆に330円の現金をゲット。

鉄棒と雲梯は宝物

その後、友達と色々な公園を巡って鉄棒や雲梯を見つけては、懸垂したりぶら下がったりして遊んでいました。(※28歳

私が今回訪れた光が丘公園というのは今まで見た中で一番広大な面積を持つ公園でした。

この公園が素晴らしかったです。

テニスコートや野球場、温水プールはもちろんのこと、ストリートバスケットボール、アーチェリー、多彩な遊具、バーベキュー場、広大な原っぱ・草原、ゲートボール場、森林浴も可能な柔らかい土の上の散歩道等々凄まじい規模でした。

テニスコートや野球場の数も半端ではありません。

なぜこんな素晴らしいものに最近気づかなかったのでしょう。

幼少時代、学生時代は肩こりなんてものとは無縁でした。

それがパソコンとひたすら向かい合うサラリーマンとなって以降、やはり肩は少しはこります。私が普段行なっている水泳と並んで、鉄棒や雲梯は肩こり解消にも最高です。

お金を使わなくても楽しめる!

やはりお金を使わなくたって、楽しめるわけです。

周囲、特に勤め先の同僚を見てると、別に否定するわけではありませんが、個人的にとても違和感を感じます。

給与水準も関係しているのでしょうが、銀座や大手町で派手にお金を使って頻繁に飲んで、しかも話す内容はと言えば、上司の愚痴や、社内の人間の発言内容や、誰がどこへ異動した、背景はこうだ、等々本当に狭い世界の話題で興味のない内容ばかりです。

後輩に奢っては人心を得たい人もいるようです。(そんなことで人心を得られないと思いますが。。)

とかく皆さんは他人の動向を気にしているようです。

ずっと東京にいるとそうなるのか、ずっと日本にいるとそうなるのか、ずっとサラリーマンやってるとそうなるのか、はたまた。(もちろん、人それぞれ、みんな違ってみんな良いのです)

簡明な理由はなく、結局人によるのでしょうが、本当に純粋に不思議です。

とにかく、みなさんも童心に帰って公園で遊んでみてはいかがでしょうか。

現時点での今月支出額

固定費を除けば、私は今月使ったお金は合計1,690円です。

先日も紹介しましたように別名義で保有している銘柄の株主優待を駆使して映画、食事、日用品のコストカットとなっています。

お金を使って得たいものは、あります

でもそれは、今ではありません。今でなくても5年後でも出来ることだからです。今の1万円は5年後には1万円ではありません。

目の前の刹那的な欲の為には決してお金を使いません

行動経済学で言えば、人間は長期的な便益ではなく、目先の利益に目がくらむことになりますが、それは避けます。

とはいえ、もし1年後死ぬとわかっていれば、それはまた別の話になります。

Twitter
スポンサーリンク

SNSでシェアする

フォローする