株式投資の失敗例:知らないうちに「推測」が「先入観」に変わっている

Twitter

株式投資の失敗例:知らないうちに「推測」が「先入観」に変わっている

映画『終わらない週末』、見応えのある作品でした。

本作は世界の終末系のストーリーで、類作とは一味ちがう感じで見入りました。

印象に残ったセリフ:先入観で失敗した投資例

本作の主題とはやや外れますが、投資業務に従事する主役のセリフが印象的でした。

Some of my smartest clients have lost a lot of money because they based their choices on preconceived beliefs instead of truth.

訳:賢い顧客でも大損してる。先入観をもとに選択したから。

つまり、先入観で投資判断を下したことで、投資に失敗したと。

これたしかにそういうのありますよね。

よくある投資における「先入観」

  • 連続増配/非減配銘柄は、今後も減配しないだろう
  • 株式市場は今後も好調が続くだろう
  • 来年は円高になるだろう

これらはもちろん当初は「推測」です。

しかし、いつなんどき無意識に「先入観」に進化するかわからないんですよね。

相場の好調が続くと、気づかないうちに「推測」から「確信的な先入観」になっていたりする。

「だろう」という推量にすぎないことは当人もわかっていても、

  • 反芻したり、その前提のもとに投資戦略を立てるうちに、
  • 自己強化されて確信度合いを気づかないうちに深めていき、
  • 勘違いする

ことってあるんですよね。

暴落で「先入観」だったと気づく

で、いつ気づくかというと、たいてい暴落のときです。

平時は「いつ暴落がきてもおかしくない(…※)」と頭でわかっていても、どこか他人事だったりする。

なので、定期的に自分に(※)の事実を叩き込む必要があります。そして、暴落が来てもいいように資金管理をしておくよう、自身に警鐘を鳴らし、資金管理の重要性を思い起こさせるのです。

いま起こりやすい「先入観」

最近「フルポジが正義」「投資は今すぐ始めるべき」といった論調をSNSでもよく見かけますね。相場が好調であってきた証です。

補足:フルポジとは

現金をほぼすべて株式に投資している状態

これは一面では理論的に正しいです。相場が好調なら、今すぐ借金してでも投資につぎ込んだほうがいいことになります。

ただし上の理論は、「今後株式市場で長期低迷がない」という前提があってはじめて成り立ちます。

あたりまえのことではありますが、冒頭で述べたように「いつしか推測は先入観になってしまう」ので、定期的に自分に思い起こさせたいですね。

関連記事

大ヒット映画『ゴジラ-1.0』から感じる、人生の核となりうる主体性
映画『ゴジラ-1.0』から見いだせる、人生で大切な「主体性」 話題作、映画『ゴジラ-1.0』を見てきました。 ハ...
映画「ラーゲリより愛をこめて」、誠をどこまで通すのかという人生の命題
映画「ラーゲリより愛をこめて」 「ラーゲリより愛をこめて」という映画を観てきました。 ネタバレしない程度に内容をざっ...
新刊「#シンFIRE論 経済・精神の自由を手に入れる主体的思考法」
騒がしすぎる世界で、「主体的」であれ
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

Follow me by FREETONSHA

公開日: