2022年の投資収益

Twitter

2022年の投資収益

今年は投資で挑戦をしたので、結果をまとめました。

結果、1,600万円の利益でした。キリのよい数字となりました。

円建てS&P500が-6.1%程度という逆風の市場環境のなか、うまく対応できたと思います。

利益を得たときの受け止めかた

調子がよい年もあれば、悪い年もありますね。たまたま今年はよかったようです。

お金というものは霞(かすみ)のようなもの。有事の際に市場が瓦解すれば資金は消えかねません。普遍的に通用するものはお金ではなく、自分とサバイバル能力。

なので、お金が増えてもアツくならず、静かに受け止めるかたちです。

挑戦になったことがよかった

「挑戦」になったことがよかったと思います。従来のスタイルとまったく異なる投資を今年はじめました。

「米国株を大きく売却したり、ゴールドを買ったり、短中期の空売りも」という、ルールなし、なんでもアリなスタイルへ。

収益の主因

具体的には以下が挙げられます。リアルタイムで記してきた通りです。

  • 年始に米国株の過半を利益確定
  • ゴールドを購入
  • 2月に空売り開始、のち利益確定
  • 年央に空売り再開、のち利益確定
  • 10月に買い戻し

これらタイミングがハマりました。

コロナ以降の米国株の伸びは異常であり、とくに2021年は違和感を持って見ていました。連載コラムやブログで「盲信しないように」と米国株に対して注意喚起的な論調でした。

投資にかける時間

投資に割く時間は、平時は減り、市場の変化を感じると増える感じです。

投資判断

今年は、住宅市場・労働市場・債券市場・物価上昇率・融資態度・金利・金融政策といったものを以前より見るようになりました。

加えて、市場の雰囲気、投資家の悲観・楽観具合、市場参加者の見方などを見ます。

それらを自分に蓄積していくと、「なんとなくこうしよう」という感覚が生まれてくるので、その声にしたがって投資判断をする感じです。

むすび

以上、簡単ですが今年の投資を振り返りました。

詳しくは新刊「#シンFIRE論」に譲ります。

収益もそうですが、挑戦になったことがよかったと思います。

来年も臨機応変にたのしめればと思います。

Twitter
新刊「#シンFIRE論 経済・精神の自由を手に入れる主体的思考法」
一度きりの人生、経済と精神の自由を得るための主体的思考法「#シンFIRE論」〜予約受付中
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: