霧島 妙見温泉「おりはし旅館」の訪問レポート

Twitter

霧島 妙見温泉「おりはし旅館」の訪問レポート

鹿児島・霧島市にある老舗「おりはし旅館」の宿泊レポートです。よろしくご査収いただけますようお願い申し上げます。

感想

独断と偏見による感想は以下の通りです。

感想
  • 雰囲気 ★★★★ 4.6
  • 清潔感 ★★★★ 4.5
  • また行きたい度 ★★★★★ 4.7
  • Google口コミ評価:4.7点/5.0点

アクセス

特徴

  1. 「日本秘湯を守る会」会員旅館
  2. お出迎えの女将さんで、いきなり癒し度MAX
  3. 露天風呂までの道が、趣あり
  4. 露天を見上げれば、最高の景色
  5. 離れに客室風呂があるため、共通露天風呂がほぼ貸し切り
  6. 鉄の香りあふれる「キズ湯」でさらに癒されるスタイル
  7. 癒されたあとは、格言で人生を引き締めるスタイル
  8. 別館「山水荘」が格安
  9. 素泊まりでも近くに飲食店あり
  10. 良い意味で、地方ならではの緩さあり

①「日本秘湯を守る会」会員旅館

我が国には、「日本秘湯を守る会」なるものがあり、「おりはし旅館」もそのひとつです。

今まで行った「日本秘湯を守る会」会員旅館
  1. 知内温泉旅館(北海道)
  2. おりはし旅館(鹿児島)←New!

※「日本秘湯を守る会」とは

1975年に発足。会員旅館数は全国で104。会員設立の理念・背景は、以下の通りです。

日本秘湯を守る会は、地球の恵みであり、限りある地下資源である温泉に感謝することを忘れることなく、その利用と管理に充分な配慮をし、枯渇させることなく守り続けるために自然環境の保持・保全に真摯に取り組んで行く宿の集団であります。

高度経済成長時代、どこかに置き忘れてきた人間性が、いつか求められるときが来る。日本の原風景とう云うべき故郷を、自然風景を渇望する時が来ると信じ、流行と云う上面に流されることなく、忘れてはならないもの、変えてはならないものは何かを問い、求めてきました。

いろいろな思いを胸に旅に出る人々の心根に思いをはせ、旅人を迎える宿と人がどうあるべきか、宿を取り巻く自然環境、温泉環境がどうあるべきかを問い続け、”旅人の心に添う 秘湯は人なり”は日本秘湯を守る会の永遠の理念であり、使命として認識し、多くの旅人に支持され、愛される宿の集まりでありたいと願っております。

日本秘湯を守る会 公式ホームページより抜粋)

② お出迎えの女将さんで、いきなり癒し度MAX

このような道を通って、右手にある別館「山水荘」に入館します。

穂高 唯希

女将さんが麗しい声でお出迎えです。入館と同時に癒されるスタイルとなっております。

③ 露天風呂までの道が、趣あり

別館を出ると、竹林が見える道を通って露天風呂に行くことができます。

別館に「キズ湯」「湯」の2つを楽しめる浴場があり、別館から徒歩1分ほどの場所に露天風呂があります。

露天風呂までの道は竹林や森林の脇を通るスタイル。豊かな自然の景色と森の香りも楽しめます。

④ 露天を見上げれば、最高の景色

↑の写真内、右から4つ目の岩に後頭部を寝かせて見上げると…?

このような景色が、眼前に広がります。

見上げずに、左前方を見ると、このような景色。

穂高 唯希

顔全体の緊張もゆるみ、極度のリラックス状態と満たされた状態でフィニッシュできるスタイルとなっております。

⑤ 離れに客室露天風呂があるため、共通露天風呂が貸し切り

部屋のタイプは以下2種類あります。

  • 離れ(10室)
    全室に「露天風呂+内湯」あり
  • 別館(3室)

私たちは別館宿泊。離れが満室と宿泊客が多いにも関わらず、露天風呂はだれも来ません。貸し切りでした。離れに客室付き露天風呂があるので、離れ宿泊者は別館・離れ共通の露天風呂には来ないのでしょう。

また、別館の宿泊者もほかにおらず、さらに別館にある内湯「キズ湯」「竹の湯」は夕刻以降は別館宿泊者しか利用できないことになっているため、貸し切り状態でした。

⑥ 鉄の香りあふれる「キズ湯」でさらに癒されるスタイル

向かって左の「キズ湯」は36度とぬるく、右の「竹の湯」は42度と熱め。交互に入るといい感じです。

キズ湯はその名の通り、切り傷などへの治癒効果が高いとされます。高名なキズ湯のために訪れる人も多いようです。

穂高 唯希

女将さんにいきなり癒されたあとは、キズ湯でさらに癒される重層的な癒しスタイルとなっております。

⑦ 癒されたあとは、格言で人生を引き締めるスタイル

こういうの、いいですね。本館に掲示されていて日替わりです。

女将さんと温泉に癒されて、日銀の大規模金融緩和なみに全身がゆるみきったところで、格言で適度に引き締めていただけるスタイルとなっております。

「自我を張らない」

返す言葉もございません。頭を垂れたくなりますね。

⑧ 別館「山水荘」が格安

離れは少々お値段がしますが、平日・素泊まりで、なんと1泊6,000円です(別館は素泊まりプランのみ)。素晴らしい露天風呂(実質貸し切り)に加え、キズ湯も堪能できてこの値段は格安でしょう。後述の通り、近くにうなぎ屋さんなどがあり、川沿いで食しました。

本館は3部屋あり、廊下はこのようになっています。トイレは部屋になく、共用です。

2016年4月にリニューアル。お部屋は清潔で、お茶も「霧島茶」です。

穂高 唯希

お部屋のお茶がおいしい… 満足度↑↑

しかもお部屋には、お茶のお香まで炊いてあるのです。素敵すぎますね。

3人で1部屋だと狭いので、3人で泊まる際は2部屋(2人+1部屋)といったかたちでも宿泊OKです。

⑨ 素泊まりでも、近くに飲食店あり

おりはし旅館から徒歩3分ほどの場所に「田代鮮魚店」があります。こちらでうなぎや刺身のテイクアウトOKです。

鯉や鮎など、新鮮。近くを流れる天降川を見ながら食べるのも趣がありますね。

⑩ 良い意味で、地方ならではの緩さあり

お宿とはあまり関係ないのですが、露天風呂に行く途中、工事をされていました。休憩中に工事関係者が談笑する姿を見て、

穂高 唯希

この緩さがええなぁ

良い意味で地方ならではの緩さといいますか、東京ではおよそ見られない光景です。

常に緊張を強いられる状況では、実力も発揮できないでしょう。仕事の合い間には、肩の力を抜く時間も必要ですね。

まとめ

特徴を再掲します。

  1. 「日本秘湯を守る会」会員旅館
  2. お出迎えの女将さんで、いきなり癒し度MAX
  3. 露天風呂までの道が、趣あり
  4. 露天を見上げれば、最高の景色
  5. 離れに客室風呂があるため、共通露天風呂がほぼ貸し切り
  6. 鉄の香りあふれる「キズ湯」でさらに癒されるスタイル
  7. 癒されたあとは、格言で人生を引き締めるスタイル
  8. 別館「山水荘」が格安
  9. 素泊まりでも近くに飲食店あり
  10. 良い意味で、地方ならではの緩さあり

ここは、ぜひまた行きたいです。今回の九州旅行で最も印象に残る宿でした。ありがとうございました。

※なお、本記事内の写真は旅館の許可を得て掲載しています。

Twitter
新刊「#シンFIRE論 経済・精神の自由を手に入れる主体的思考法」
一度きりの人生、経済と精神の自由を得るための主体的思考法「#シンFIRE論」〜予約受付中
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: