S&P500は年末ラリーに向け「リーチ」か

Twitter

S&P500は年末ラリーに向け「リーチ」か

12月ですね。

私が執筆拠点のひとつとしているマクドも、クリスマスソングやクリスマスツリーが登場しました。

年末には独特の高揚感があります。株式市場は今年もその高揚感を帯びるでしょうか。

パウエル議長の講演は無事通過

昨日のFRBパウエル議長の講演では、高い確率で市場を冷やすようなタカ派(物価の安定を重視し金融引き締め的な政策を支持する)発言を想定していましたが、結果は

FRB

早ければ12月にも金融引き締めペースを落とす可能性が高い一方で、インフレ抑制のためにはさらなる利上げが必要

ということで、バランス重視の発言にとどまっています。

市場は好感し、S&P500は大きく反発しています(下図)。

これで200日移動平均線も超え、短期的な上昇モメンタムは継続した格好。

雇用統計を無事通過すれば、年末ラリーが実現するか

年内の残る大きなイベントは、12月2日に発表される11月の米雇用統計です。非農業部門雇用者数が20万人増加、失業率は3.7%で横ばい、平均時給の伸びが鈍化すると予想されています。

ここを無事通過、つまり予想より強い反応(雇用者数:多い、失業率:低い、時給:高い)とならなければ、金融引き締めのさらなる長期化への投資家の懸念が後退し、年末ラリーに向けていよいよ弾みがつくことになるでしょうか。

年末ラリーとは、過去の経験則(アノマリー)で、10月頃から年末にかけて株価が上昇する傾向です。

現在は年末ラリーに向けてリーチの状態。12月2日の雇用統計が今年最後の決め手となるか注目です。

関連記事

10月の雇用統計は予想より強い反応で市場は下がりました。

S&P500は下落。労働市場は一転、金融引き締め姿勢の緩和期待を打ち消す内容
S&P500は下落、弱い労働市場の指標は一転強い結果、金融引き締め姿勢の緩和を打ち消す S&P500は直近の上げ幅...

4月は季節的に強いというアノマリーの一例です。

【米国株】過去14年間、4月は下落なし【アノマリー】
【米国株】過去14年間、4月は下落なし【アノマリー】 2020年も早いもので4月です。 さて、米国株には4月に特異なアノマリ...
Twitter
新刊「#シンFIRE論 経済・精神の自由を手に入れる主体的思考法」
一度きりの人生、経済と精神の自由を得るための主体的思考法「#シンFIRE論」〜予約受付中
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: