「IMM通貨先物ポジション」と「米ドル円レート」の推移

Twitter

「IMM通貨先物ポジション」と「米ドル円レート」の推移

IMMポジションは、いわゆる「投機筋」と呼ばれるヘッジファンド等がドル円を買い越しているのか、売り越しているのかを示すデータです。

「IMM通貨先物ポジション」とは

IMMを統括するCFTC(米商品先物取引委員会:U.S. Commodity Futures Trading Commission)という政府機関から、日本時間で毎週土曜日AM5:30(夏時間:4:30)に公表されています。

リアルタイムのデータではないことに注意

各取引所が毎週火曜日の取引終了後にポジション枚数(建玉)を報告し、CFTCが集計し、金曜日の16:30(夏時間は15:30)に公表します。つまり、公表値は最新のデータではなく、あくまで約4日前のものです。

為替の中長期的な方向感を探る上で有用

とはいえIMMポジションの推移は、市場アナリストなど関係者がマーケットの方向性を見定める際に参考としているデータであり、為替の中長期的な方向感を探る上で有用と思います。

「米ドル円レート」と「IMMポジション」(2022年 下半期)

現に上図のようにIMMポジションとドル円レートには一定の相関性が見られます。

最新データ

私自身も定期的にチェックしているので、チェックしたときに本記事の下図を更新します。

Twitter
新刊「#シンFIRE論 経済・精神の自由を手に入れる主体的思考法」
一度きりの人生、経済と精神の自由を得るための主体的思考法「#シンFIRE論」〜予約受付中
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: