食べないのではなくて、食べられなかったんですよ

「ライオンのおやつ」が教えてくれる、一面的なものの見方

食べないのではなくて、食べられなかったんですよ。

上記セリフは、名著「ライオンのおやつ」で、ホスピスに入院している患者さんを見て、ある人(Aさんとします)が「なんで所望した食べ物を食べないんだろう?」という人に対するセリフです。

身体の状態的に、食べたくとも食べられなかったのだ、ということをAさんはそこで初めて悟ることになります。

  • 人間がいかに一面しか見えてないか
  • その立場に立ってみないといかに見えない部分があるのか

ということがよくわかるのではないでしょうか。

心にとめておきたい一節ですね。

みなさまも、「なんであの人はこうしないんだろう? こうしたらいいのに!」って思うこと、あると思います。

でも、もしかしたらなにか理由があるかもしれないのですよね。まったく私たちには想像のつかない領域のものが、そうさせているかもしれないのですよね。

だから、やはり想像力を働かせることが大事だと思うのです。そのためには、経験を蓄積していくことでしょうか。

農作物を育ててみれば、農業従事者の気持ちが少しはわかるかもしれません。

除雪をしてみれば、除雪従事者の気持ちが少しはわかるかもしれません。

毎日料理をしてみれば、世の奥さまたちの気持ちが少しはわかるかもしれません。

私も含めて人間は刹那的な部分もあり、常に完璧に行動できるわけではありません。しかし経験を蓄積し、観点を備えていくことで、多面的な見方をすこしずつできるようになるはずです。

Best wishes.

関連記事

【ライオンのおやつ】温かく穏やかに、死生観をポジティブに描写した1冊
「ライオンのおやつ」いかに生き、いかに死を迎えるか。温かく穏やかに、死生観を描写した1冊。 「ライオンのおやつ」読んでよかったです。これは...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: