春を迎える時期の楽しみかた(北国編)

春を迎える時期の楽しみかた

長い冬を経て、草花が一斉に色鮮やかに生い茂るのが春ですね。北国に住む人々にとっても待望の季節かもしれません。

春を迎える時期に北国にいる際は、いろいろな楽しみ方が発見できます。

それは、ずばり「雪をとかし、雪がとけていくプロセスを観察する」ことであります(笑)

上の写真のように春が近づき、路面が出てきたら、周りの雪をスコップでぶわぁ~っとアスファルト(私道)にほうり出すのです。

アスファルトは黒いこともあり、土に比べて太陽熱を吸収・保温しやすいです。

雪をアスファルトに出すと、「パチパチ…」という微かな音とともに、みるみる細かい粒子から溶けていきます。

その日の気温、風、日差しなどの気象条件によって溶けていくさまは日々変わります。

まさに自然現象。自然現象や自然の変化というのは、かくもおもしろい。子供に戻ったような気持ちにさえなります。

私たちは子供のころ、こういうことも夢中で楽しんでいたはずです。

あとは積もった雪の表面積を増やすのもひとつですね。陽光やあたたかい空気に触れる面積を増やして、溶ける速度を速めようという算段であります。

こんな風に、四角い空洞をつくります。さすれば、表面積を増やすことができますね。

こういうのもおもしろい。都会にいると忘れてしまっていたことは、田舎ではたくさん思い出すことができます(除雪は除雪で大変ですが)

こういうことは、子供もきゃっきゃ言いながら一緒にたのしめますね。自然豊かな地域では、自然そのものの変化が娯楽にもなります。

これぞ自然豊かな地域のぜいたくな醍醐味だと私は思います。

関連記事

【FIRE】人生と日常には、やはり余白が必要
人生と日常には、やはり余白が必要。時には脳をいたわる。 FIREしてから頻繁に感じます。 人生において余白が果たす役割は大き...

自然豊かな場所では、お金のこととかどうでも良くなる
自然の威力 これ毎回、千葉県のいすみ市や、北海道に来ると、経済的なことや俗世的なことがどうでもよくなります。 一旦俗世的なこ...

【自然・利他】雑草抜きのボランティア、5つの発見
最近ひょんなことから、北海道の雪かき並みにハマるものを、またもや発見してしまいました‥。 雑草を、ぬきぬきしたい気持ちが止まり...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: