サイドFIREするのか、転職するのか

サイドFIREするのか、転職するのか

「サイドFIREするのか、転職するのか」お悩みの方からご質問をいただいています。

人生の決断には、真剣であればあるほど不安や悩み・葛藤も同時にあると思います。

収入・婚活・家族・社会的信用などの観点から以下お答えしています。

ご質問

差出人: RY
題名: サイドFIREか転職か…

メッセージ本文:
穂高さま

はじめまして。
いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。
住まいに関する考察や心の持ちよう、哲学的な記事もとても面白く興味深く読ませて頂いております。

実は今、転職するか、あるいはサイドFIREするか…非常に悩んおります。
もし穂高さまが私の状況だったらどんな選択をされるのか、、、と思いご連絡させて頂きました。

【現在の状況】
1. 31歳海外在住会社員(22歳新卒から同じ会社・同じ職種)、独身、1-2年以内に結婚して子供は2人欲しい
2. 資産4300万円
2-1. 現金1500万円
2-2. 投資信託 1300万円(米インデックス780万円、オールカントリー260万円、先進国220万円、新興国40万円)
2-3. 株式 80万円
2-4. 仮想通貨 250万円
2-5. 年金470万円(確定拠出型年金50万円、ドル建て養老保険420万円(支払い済))
2-6. 現物資産 700万円(これは趣味のものす)
3. 年収(手取り): 本業800万円+副業500万円
4. 生活費:月に10万円ほど。結婚後は20万円、子育て期は30万円と想定
5. 投資信託を始めたのが2020年2月と比較的最近のため、現金比率が高いと感じております。そのため、毎月100万円を投資信託に積み立て投資しています(ほぼSP500)。
6. もともと40歳で1億円を貯めてFIREしようと考えていましたが、5000万円貯まったらサイドFIREすれば良いのはないかと最近になって考え始めた次第す。

【サイドFIRE後にやりたいこと】
2019年終わりごろから私の趣味に関するブログを書き始め、2020年初頭からはYouTubeを始めました。また2020年中ごろからは出版社のウェブマガジンにて週一の連載を書かせて頂いております。
これらは全て趣味として楽しく活動させて頂いておりますが、毎月40万円ほどの副収入となっております。
サイドFIREをした暁には、さらに趣味に関する情報発信に力を入れたいと考えています。

【今の会社について】
今の仕事に大きな不満はありません。この会社、この仕事を選ん本当に良かったと心の底から思います。
穂高様のブログにも度々書かれているように、海外多国籍人種と働くというのは価値観が180度どころか540度変わるほどに私の視野を広げてくれたと思います。
一方、大きな責任やタイムラインなどのプレッシャーも何かと多く、最近疲れてきたなと感じております。
また副業が楽しく、会社はなく私自身に感謝して頂ける点も大変嬉しく、そちらに軸足を移したいとの思いが日に日に強くなっています。

【サイドFIREか転職か悩み】
●サイドFIRE
「24時間365日自分の時間になる。憧れる。収入をもっと伸ばせるかもしれない。しかし社会的信用を無くす可能性かも。きっと親には反対されるだろうし、婚活するときに何と言えばいいのか、、。YouTubeやブログ、Webライターの仕事もいつなくなるかわからないという恐怖心。投資の4%ルールはまだ足りないか。」と考えております。

●転職
「恐らく今の会社より年収があがることはなさそう。転職するなら今の会社の経験を活かせる会社に行くのが無難か。もせっかくなら違った職種も経験してみたい。そうあれば、動画作りをもっと学びたいの、動画製作の会社に入って仕事をしながら動画製作の勉強をするのもいいかもしれない。もそうすると趣味兼副業の時間に割ける時間が少なくなるか。。」などと考えております。

長文になってしまい大変恐縮はございますが、穂高様あればこのような状況どういった道を選ばれるのかorどういった思考をされるのか、もし可能したらお伺いきれば幸いす。
もちろん、貴重なお時間を割いて頂くのは大変申し訳ないの、例え返信がなくともorブログ記事にならなくても全く問題ございませんの、お気になさらずに。
これからもFIREの先輩、ブログをはじめとする情報発信の先輩として楽しく読みながら勉強させて頂きます!
長文失礼致しました。

回答

そうですね。組織でしかできないこともありますが、「独立することで自分自身に感謝していただける」というのは個人事業の特長でもあると思います。やりがいにつながりますね。

さて、ご質問の「私が同じ状況ならサイドFIREか転職、どうするか」ということですが、私ならサイドFIREでしょうか。

ご質問中にある懸念事項は、自分次第で解決できうる性質のものだと考えられるからです。

サイドFIREに際しての不安要素は、自分でなくせる性質のものか

不安要素として「社会的信用、婚活、独立後の収入の不安、親から反対される懸念」を挙げておられます。

ひとつひとつ見てみましょう。

社会的信用への不安

「独立することで社会的信用をなくすのでは」と危惧されています。

信用とは自分の日々の行動で積み上げていくものであり、自分が作り上げていくものですね。一方、社会的信用というのはある意味で他者からの一般的な評価や「肩書き」ですね。

FIREやサイドFIREなどの個人事業化というものは、他者からの評価をいちど取っ払うことでもあります。時に自分が自分の事業に対して責任を持ち、能動的に評価を下していくことでもあります。

自分と周囲が納得し、そして社会の構成員としての責務をしっかり果たしている自覚を持てる行動を、日々積み重ねていくことがポイントになると思います。

そうすれば、どのような「肩書き」であろうと、自分の得意なこと・やり甲斐を感じられることで社会的責務を果たすことができると思います。それこそ、貴方だからこそ得られる「社会的信用」ではないでしょうか。

一方でその社会的信用を得るには、自分の能力を磨いたり、好きなことを追求したり、勉強し続けることで独自性を磨くことが大切だと思います。よくもわるくも個人事業を通して得られる社会的信用とは、個人次第だからです。

婚活

婚活は、正直に「自分がどのような思いを持って独立したのか」「今後どうしていきたいか」「どのようにパートナーと生きていきたいか」などをまずお相手にも共有することが大切になってきそうですね。

表面を取り繕って結婚しても、本質的に価値観や人生観を共有できるお相手でなければ結局はお互い不幸になってしまいますものね。自分の核の部分はお相手にも共有しておきたいですね。

仮に婚活で個人事業主であることを懸念するお相手ならば、そもそも価値観が合っているとは言い難いように私なら感じます。

本当に合う人であれば、貴方がどのような肩書き・社会的地位といった表面的な境遇であろうとも、寄り添い合えるはずです。どんな肩書きであろうと、貴方が生き生きと周囲に優しく前向きに生きていれば、応援してくれるはずです。それが「パートナー」というものですよね。

独立後の収入の不安

「独立後の収入の不安について不安」を挙げておられます。

不安というものは、「毎日しっかり自分が納得いくまで考えて行動することを積み重ねていけば、ほとんどなくせる」ものだと私は思います。

不安なのは、もしかすると行動が足りていないサインかもしれません。試行錯誤して、本気で考えて、強い決意があらわれるまで考え抜きたいところです。

なぜ自分は独立かサイドFIREで悩んでいるのか洗い出し(これは既に実行されているようですね)、メリット・デメリット、良い感情・悪い感情、この際すべて自分を洗い出して書き出してみるのがひとつだと思います。

今の収入状況を拝見する限り、十分な水準であると私なら思います。将来どうなるかはやってみないとわからないので、後悔なきよう「やりきった」と思える毎日を積み重ねていくことですよね。

教育費をどの程度想定するかにもよりますね。かければいくらでもかけられますし、逆にかけない方法も自分次第でいくらでもあります。友人には「なんなら自分が全て教える」と言う人もいます。このあたりも自分と家族次第ですね。

親に反対されるかもしれない

ほかには、「親に反対されるかもしれない」と懸念されています。これもやはり自分の真剣な思いを伝えていくことが大切になってくると思います。

親というのは当然ながら世代がひとつ異なります。生きてきた時代背景が異なれば、考え方も相応に影響を受けます。

そしてなにより、「子どもに苦労して欲しくない」と切に願うのが親ごころではないでしょうか。そして同時に、「子どもに幸せでいて欲しい」と願うのも親ごころではないでしょうか。

そのため、一般的には独立を不安視する親御さんが多いかもしれません。しかし貴方に心の底からの真剣な熱意があるならば、それはいずれ親御さんにも伝わるのではないでしょうか。

とにかく、納得いくまで考え抜くことですよね。そうすれば後悔をなくせます。自分と向き合うことにもなります。自分だけでなく周囲と向き合うことにもなります。最終的には社会と向き合うことにもつながります。

FIREやサイドFIREという生き方は、自分のためだけのものではなく、ましてや独善的なものでもなく、自分や周囲・社会のためにできることの選択肢を増やせることでもあります。

そしてそのような選択肢を感じ、生かすことができるかは自分次第です。そのFIREによって委ねられた自由をどう生かすのかは自分次第です。

ゆっくり、じっくり、考えてみていただければと思います。どのような選択を取るにしても、この思考過程は決して無駄にはならないと思います。

Best wishes to everyone.

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日:2022年3月8日