実際にFIREする際の家族と周囲の反応

FIREする際の家族と周囲の反応

本記事は、ある大学の方から「卒業論文の制作のためにインタビューしたい」という依頼に基づいてブログでその回答としてまとめています。

大学生

FIREする際に家族・周囲からどのような反応があったか教えてください。

FIREをする際の周囲の反応

FIREをめざす際に家族・周囲からどのような反応があったか」については以下記事に記します。

これを踏まえ、本記事では「FIREする際に家族・周囲からどのような反応があったか」を記します。

家族の反応

ついにやねぇ。お疲れ様でした。十分がんばったし、悔いなくやれたんちゃう?そこでやりたいこともやれたんやし、ええわねえ。

祖母

あんたはその年齢でよくもわるくもいろんなことを知りすぎてる。それがええのかわるいのかはわからんけど、知りすぎてるっちゅーこっちゃ(笑)

祖母は近き日に言ってたことを載せておきます。

友人の反応

友人

ほんまにできるもんなんや…。おれもできるならしたいわ。どうやったん? など

女神の反応

女神

ついに実現したね。大変だったね。こうと決めたら突き進む。本当にあなたらしい。おめでとうございます。これから楽しみだね。

これらの反応を振り返って、どう思うか

こんな感じでした。

すべて本当にありがたい反応だったなと思います。

書籍にも記しましたが、一部の反応を見ていても「周囲に実際に実現した人が現れてはじめて、現実味を感じられる」ということはあるのだと思います。

私の周囲の身近な人々は、徹頭徹尾、私が目標に向かって進むことを温かく見守りつつ応援してくれ、提言してくれた人たちばかりでした。

目標達成に至る過程では、さまざまな障壁や阻もうとする要因もあったような気もしますが、自分の意志が強固であれば、それらは大した要因にはならず、むしろ目標達成までのスピードを加速させるバネになってくれたとさえ思います。

目標達成のためには、いくつもの隘路もあるでしょう。しかしそういったマイナス要因は、すべてバネにして昇華することができる、ある意味で貴重なものです。阻む要因があったからこそ、結果的に目標達成の意志をより強靭にさせ、より猛進することができたと思います。

そしてなにより、周囲の温かい応援があったからこそ、できたことだと思います。この辺りは拙著「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」にも詳述しているのでこの辺にしておきます。

  • なかなか結果が出ない
  • なかなか目標までの道のりが遠い

そう感じる人も読者の中にはいらっしゃるかもしれません。しかしそういう時こそ悩み、考えるでしょう。そういう苦しみの中にこそ活路があります。ほかの人が得られない着想があったりするものなのです。

自分の一面だけではなく、自分のあらゆる面を知り抜いているのはほかならぬ自分です。

ほかならぬ自分を信じて、あきらめずに、ただ突き進むしかないのです。

Best wishes to everyone.

関連記事

【傑作】ヒルビリー・エレジー、味わい深いノンフィクション作品【自ら切り拓く】
【傑作】ヒルビリー・エレジー、味わい深いノンフィクション作品 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Mos...
お金を稼ぎたいなら、とりあえず一所懸命やるべき2つの理由
お金を稼ぎたいなら、とりあえず一所懸命やるべき2つの理由 お金とは、「自由な人生を手に入れるためのチケット」でもありますね。 ...

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: