S&P500が高値から5%下落。現金の出動タイミングを点検。

S&P500が高値から5%下落。現金の出動タイミング。

2021年12月2日時点で、Fear and Greed Indexは「19」を示しています。

市場は「Extreme Fear」の域に達し、センチメントは極端な恐怖ということになっています。

ただS&P500は直近の高値から5%の下落幅にとどまっています。この程度の下げ幅では、今までの絶好調具合からの調整の域を出ず、個人的には現金出動はまだまだという感じです。

少なくとも直近高値から10%以上の相当程度の下げ幅が出て、市場がもっと総悲観になったところで個別銘柄またはETFを物色し始める感じになろうかと思います。

無分配の投信を買う予定はやはりありません。個別株以外なら、あくまで分配金が出るETFを買います。

  • 市場が好調な時ほど現金を厚めにし、
  • 相当程度下がったところでようやく買い出動

というのが現在のスタイルですから、その方針に沿ってやっていく形になろうかと思います。

相当程度下がらなければ、それはそれで静観です。

今後は攻めるステージではなく、あくまで守りのステージと位置付けているため、このような形に着地しています。

「定期つみたて」を志向される方は、淡々とその方針に沿って続けていくかたちなのだろうと思います。

Best wishes to everyone.

関連記事

市場がよい時から、こういうことを想定しておくとよいと思います。

S&P500の過去株価下落率と逆ピラミッディングのシミュレーション
調整局面の投資シミュレーションは、地合いがよい時に練っておく 相場が好調な時こそ、調整局面の投資行動を思い描いておくことが一案です...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: