米国株があまりに絶好調。参加者こそが富を得る状態が続く。

米国株があまりに絶好調。参加者が富を得る状態が続く。

本記事の趣旨はタイトルの通りです。

S&P500は、2021年初来から26.9%の上昇。

過去平均の実質リターンが約7%です。その4倍近い数字。

今年の数字は実質ではなく名目の値なので単純比較は不味ながら、26.9%という数字を前にインフレの値はさしたる数字にはならないです。

過去と比べてもかなり絶好調といえる騰勢をみせているということになります。

保有株だけでも今週は最高値を更新する銘柄が続出しています。

  1. ABT アボット
  2. COST コストコ
  3. CME
  4. CRM セールスフォース
  5. FDS ファクトセット
  6. MSCI

あまりに好調すぎると、やはり冷静にマーケットを見ておきたいところです。

ここまでくると株式(S&P500)を保有している人としていない人で、今年だけでも27%の含み益の有無という差異が生じることになります。

この側面のみに着目すると、よくいえば株式で富を得られる、わるくいえば格差拡大装置となるわけで、なんとも表現しがたい二面性があります。

その装置に乗らないと割りを食うという社会構造は歪(いびつ)といえば歪なわけで、総体的にはなんとも御しがたいところです。

どこまでこの状態が続き、その極致には何が待っているのか。何が待っているのかは想像に難くありませんが、どこまでこの状態が続くのかはだれにもわかりません。

市場参加者の観点から言えば、浮かれすぎず、リスクを取りすぎず、とはいえ許容できる範囲のリスクについては取り続けることがやはり肝要と思います。

Best wishes to everyone.

関連記事

こういった数字が出つつも、力強い成長が続いています。

【米国株】S&P500、数字上は過熱感も見られる
S&P500、数字上は過熱感も見られる 先日、「ダウ平均株価が団子天井を形成中か」と記した以降も、米国株は好調が続いています。 ...

よい時こそ、わるい時が来るシナリオも一方で想定しておきたいですね。

S&P500の過去株価下落率と逆ピラミッディングのシミュレーション
調整局面の投資シミュレーションは、地合いがよい時に練っておく 相場が好調な時こそ、調整局面の投資行動を思い描いておくことが一案です...

過去の一例にすぎませんが、こういう時期もあったことは承知しておきたいところです。

米国株は過去に25年間低迷していた時期あり
米国株は過去に25年間低迷していた時期あり 何事もバランスが肝要と思います。 調子のよい対象は、ついつい入れ込んでしまうもの...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: