50歳までに月5万円の配当金を得るための資産運用

50歳までに月5万円の配当金を得るための資産運用

拙著「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」の読者の方から、ご質問です。

ご質問

題名: 読了のご報告と投資のご相談

メッセージ本文:
穂高様

初めまして。
Twitterの方で資産形成入門について169ページまで来ました!と
書かせていただきました者です。

本当に素晴らしい名著で感銘を受けました。
ありがとうございました(^^)

ご相談なのですが、穂高さんの著書を拝読して投資を始めまして、100万円の投資元本が準備出来ました。

以下の状況であれば、穂高さんであればどのように運用されますか?ご参考までにご回答頂けると幸いです。

■家族構成
4人家族(夫32歳、妻30歳、子5歳、子2歳)
持ち家有、住宅ローン有

■年収(額面)
夫:500万円(正社員)
妻:150万円(パート)

■目標
50歳までに月5万円程度の配当金確保
→会社の給与だけではない収入基盤の確立

■補足
・現在のところ、毎月投資に回せる額はせいぜい15,000円です。

ご多忙の折、ぶしつけな依頼となり大変恐縮ですが、何卒ご確認のほど、宜しくお願い致します。

ありがとうございます。参考になっていましたらなによりです。

「つみたてNISA」で米国株を定期つみたて

さて目標は「50歳までに月5万円程度の配当金確保」ということですね。

以下3つの要素から「つみたてNISAで、楽天VTIに、毎月33,333円を投資」することが一案です。

  • 50歳までに月5万円の配当金
  • 毎月追加投資可能額:15,000円
  • 投資元本:100万円

理由は以下の通りです。

  1. つみたてNISAにする理由は、「毎月投資可能額(15,000円)が、つみたてNISA(年間40万円)枠の範囲内」だからです。
  2. 毎月33,333円とする理由は、「投資元本100万円+毎月投資可能額1.5万円という金額を考慮の上で、効率性と心理面のバランスが取りやすい『定期つみたて』である」からです。
  3. 楽天VTIの詳細は関連記事をご参照ください。

もし追加投資額に余裕ができれば、特定口座で楽天VTIをつみたてて後で取り崩すか、VYMで配当を積み上げるのもよいと思います。

ゴールとなる50歳までに配当金5万円に必要な額は、 VYMベースで約2,500万円です(分配利回り約2.4%、配当に対する課税や配当控除が現行水準のままであると仮定)

残り18年で、元本100万円+追加投資1.5万円/月ですと、トータルリターン年率7%であれば、単純な計算上はおよそ達成可能になります(グラフに触れると額が表示されます)

数字のお話としては、こういうかたちになります。これらは全て「資産運用を続けること」が前提になります。

この「続けること」というのは簡単なようで人によっては難しい面もあります。そのため、「どうしたら心地よく続けられるのか」という観点も備えておくとよいと思います。

つまり、暴落などを経て資産運用を続けていく中で、自分にとっての心地よい運用や現金比率を同時に探っていくことも一案ですし、配当を積み上げてモチベーションを保つのも一案と思います。

その時々の所感を記録しておくのもよいでしょうし、ご質問いただいてもかまいません。

ちなみに、分水嶺にならない細かい話は運用が未経験の方にはややこしくなるので省いています。気になる場合は以下をご参照ください。

 補足

厳密にはインデックスファンドから高配当ETFへ移し替える場合は、その時点で売却益に対して税金が発生します。そのままインデックスファンドを取り崩す方が税金の観点からは理論上の資金効率が良くなるケースが考えられます(ただしあくまで税制が変わらないという前提あり)

一方、取り崩しという手法は、心理的に抵抗がある方もいます。その場合は高配当ETFで配当金を積み上げるかたちが一案です。

まとめ

目標が明確で具体的であれば、手段も明確になりますね。

会社の給与以外に収入がひとつ加われば、物の見方や精神的な安定には変化が生じることが期待できます。行動を起こす方は結果にかかわらずチャンスをつかみやすい傾向も見いだせます。

きっかけとなったのであれば、なによりです。ありがとうございました。

ご不明点あればご連絡ください。

Best wishes to everyone.

関連記事

つみたて投資の特徴をまとめています。

つみたて投資は、「合理性」と「精神面への配慮」のバランスを取った手法
つみたて投資は、「合理性」と「精神面への配慮」のバランスを取った手法 株式投資に重要な要素として、以下2点が挙げられます。特に後者...

一括投資、つみたて投資の違いや特徴もあわせてまとめています。

「老後にむけて月5万円の配当金をめざす」ための投資戦略
「老後にむけて月5万円の配当金をめざす」ための投資戦略 投資目的が「老後の生活の充実のため」である方も多くいらっしゃると思います。...

高配当株ETFを買っていく場合に考えておきたいことです。

FIREをめざして高配当株ETFを買う際に考えておきたいこと
FIREをめざして高配当株ETFを買う際に考えておきたいこと FIREをめざして高配当株ETFを買う方から、以下ご質問をい...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: