水が美味しい場所

水が美味しい場所は、なんでも美味しくなる

今まで「水が美味しい」という表現、いまいちピンと来なかったんです。

ところが、北海道など自然豊かな地をめぐっていると、その表現がわかるようになってきました。

井戸水や山麓の伏流水などを由来とする水は、たしかに水道水と味がぜんぜん違うんですよ。

道南・八雲の日本海側なんかも違いますね。

もうぜんぜん違う。

ほんのり甘みがあるというか、まろやかというか。塩素的なキリッとした感じがないというか。

そして、そういう美味しい水で緑茶やコーヒーなどを淹れると、これが明らかにおいしい。

変な話、茶葉がたいしたことなくても、茶葉でなくパックでも、渋みより甘みが勝ちやすいんですよね。

私はやったことないのですが、地元の人によると、おいしいお水だとお酒の水割りでもぜんぜん味が違うらしいです。

お風呂の水にしても、「肌が綺麗になる気がする」というお姉さまもいらっしゃいました。

人間も結局は水が重要な構成成分ですから、その水が綺麗であれば好ましい影響が生じるのは得心がいくというものです。

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: