「セミリタイア達成までインカムを追求したい」という気持ち

「セミリタイア達成までインカムを追求したい」という気持ち

セミリタイア達成までインカムを追求したい気持ちは、すごくわかります。すごくわかりますというか私がまさにそうでした。

先日、PFFの売却理由について回答した際、いただいたコメントです。本記事で紹介します。

コメント

お返事が遅れて大変申し訳ありません。
大変丁寧な回答ありがとうございます。

最近の投稿の内容と合わせて、ようやく自分なりに内容を消化できたように思います。
そしてセミリタイアへの道半ばな自分はまだまだ「配当が多いほど安心」な状態のようです。かつての三菱サラリーマン氏がそうであったように、今はブレることなく徹底的にインカムを取りに行きたいと思います。

本来セミリタイア達成済か途中かに関わらず、人的資本と胆力、メンタリティがあれば投資の成果が配当というわかりやすい保険の形をしている必要はないのでしょうが、なかなかそこまでふっきることは難しいですね。

ご回答本当にありがとうございました。いつかセミリタイアの報告をすべく邁進致します。

黄色下線部、すごくわかります。下線部の「人的資本の部分を頭で理解していても」というあたりも含めて。

それだけキャッシュフローという役割は、人によっては大きいということですね。

繰り返しながら、投資において精神面への配慮は欠かせない要素だと考えています。

配当は、

  • 投資の「目に見えやすい成果」としても
  • 「経済的自由達成度の可視化」としても
  • 下落局面における「買い増し余資」としても

機能する仕組みとみなすことができます。

昨今は市場ができすぎなぐらい好調です。反面、相場低迷期が続くと投資家の姿勢とメンタルには変化も生じます。

そういったことも頭の片隅に置いた上で、ご自身の

  1. 株式以外のキャッシュフローの有無
  2. 入金力
  3. 投資目的
  4. 目的達成までの時間軸
  5. 低迷期にどう行動するのか、そのためになにが必要か

などを勘案の上で、投資方針を決めることが一案と思います。

キャピタル・インカムのどちらをどの程度求めていくのかは、年齢・投資方針・価値観・人生ステージなどで変わってくる場合があるため、各人の状況に即して納得いく意思決定をしていけるとよいですね。

他者との比較ではなく「自分の価値観・人生に寄り添うものとしての資産運用」として適度な距離感で付き合っていくことが肝要と思います。

結局は、その方の価値観・これまでの人生における考え方・展望などにもよるということになりますね。

関連記事

配当金のメリット・デメリットについては、以下の通りです。

配当金のメリット・魅力8つ、徹底解説します。
サラリーマン時代に、給与のうちできるだけ多くの額で日米の高配当株・連続増配株を購入し続けることで、「配当金収入>生活...
高配当株のデメリット・注意点を改めて述べておきます。
恐らくあらゆる事象において、表と裏があり、表だけ見ていても実情は見えませんし、裏だけ見ていても実情は把握しづらいと思います。 ...
【投資を可視化】配当金グラフでモチベーションUP【注意点あり】
はてなブログに投稿しました #はてなブログ 【シリーズ】 三菱サラリーマンさんの教えに従って(11月分) - 投資初心者が50歳か...

目標達成までわかりやすくモチベーションを保てる指標にもなりますね。

「年間配当金>年間生活費」というFIREに明解な指標、どう機能させるか
「年間配当金>年間生活費」はセミリタイア・FIREに明解な指標。どう機能させるか。リタイア後の投資戦略とは。 株式投資 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: