高配当株の売却判断基準とは(FIRE前・FIRE後)

高配当の売却判断基準とは(FIRE前・FIRE後)

人間が特定の活動を続ける場合において、精神性・メンタルというのは、非常に大事ですね。

株式投資も同様に、「心地よく投資を継続できること」も大切です。あるいは、投資をしていることを忘れてしまうぐらいでもよいですね。必然的に長期投資につながります。

さて、株式投資には高配当株投資もあります。高配当株投資の場合、「多くの含み益+高配当」ですと、とても心地よい状態になります。

そういった場合、利益確定も選択肢ですね。ご質問を以下いただいています。

ご質問

ご質問

題名: 高配当株式の売却判断基準につい

メッセージ本文:

お世話になります。わたくし〇〇〇〇と申します(47歳独身)

題名の点についお考えをお聞かせ願えると幸いす。

2020年秋頃より早期リタイアを意識し、日本株高配当銘柄を10銘柄購入しおります。
(平均利回り5.5%程度、年間配当250万円(税引前)>年間生活費の状態)

ここ最近の株価高騰かなりの含み益います。(全銘柄合計3年分の生活費相当)

せっかくの配当利回りをこのまま生かすのか、一旦利益確定し銘柄選定し直すのか(米国高配当ETFも含めて)思案中す。

以前高配当株の売却に関する記事を見かけた様な気もするの、穂高様は高配当株の利益確定の基準を設定されいるのしょうか?

もし設定されいるのしたら、なぜその基準なのかお教え願えたらと思います。どうかよろしくお願いいたします。

高配当株でかなり含み益が出ていらっしゃるということで、誠におめでとうございます。「多くの含み益+高配当」という状態は、とても心地よいですよね。

回答:高配当株の利益確定基準(わたしの場合)

さて、お問い合わせの「私の高配当株の利益確定基準」について、以下回答いたします。

高配当株の利益確定基準(わたしの場合)
  • FIRE前:売却ほぼなし
  • FIRE後:業績の堅牢性・事業の将来性を信じられるか

FIRE前

セミリタイア・FIRE達成前は、1日でも早く達成すべく、ひたすら配当を積み上げていました。そのため、配当が減ることを意味する高配当株の利益確定も、基本的にしませんでした。

FIRE後

FIRE達成後は、売却・入れ替え・無配株への投資など、なんでもありです(背景は後述します)。高配当株の利益確定は、攻守のバランスを意識して必要と判断すれば実施する形です。

ずばり利益確定の判断基準としては、

  • 業績の堅牢性・事業の将来性を信じられるかどうか

です。信じられないと、心穏やかに投資を継続しづらいですし、下落局面での積極的な買い増しもしづらいですね。

利益確定基準が変わった背景

次に、利益確定基準が上記の通り変化した背景として、以下2点が挙げられます。

  1. 人生ステージの変化
  2. キャッシュフローの変化

① 人生ステージの変化

FIRE達成前
  • 配当というキャッシュフローが、経済的自由の達成度を測る最重要指標
  • 配当は、FIRE達成前でも明確に算出・想定できるキャッシュフロー
  • 配当が、自由な人生を描く(FIRE)決断の際、大きな後ろ盾・安心材料
  • とにかく1日でも早く達成したい気持ちが強い。ゆえにリスク選好的。

FIRE達成後
  • 収入が複線化し、配当の重要性が想定より相対的に低下
  • 積極性より、バランス保守性

達成前は、「達成の進捗尺度となる受取配当金」を減らすことになる利益確定には消極的でした。よって、その意味でも売却は選択肢から外れます。

対して達成後は、運用上の制約がありません。FIRE前にあった「切迫性(1日でもはやく達成したい)」がなくなったことも挙げられます。

② キャッシュフローの変化

キャッシュフローの変化
  • 2019年以前:配当額 < 生活費
  • 2019年以降:配当額 > 生活費

さらなる配当を求める必要性の低下

利益確定・売却に関する私の判断基準については、以上となります。

仮に私がご質問者さまなら…

さて、ここまでご質問の趣旨に沿って回答しましたが、状況・環境が異なれば、やはり参考にならない可能性もあります。そのため、仮に私がご質問者さまなら、という視点で以下も記しておきますね。

ご質問のポイントをまとめると…
  • 日本株高配当銘柄を10銘柄購入
  • 年間配当250万円(税引前)>年間生活費の状態
  • 全銘柄合計で3年分の生活費相当の含み益をどうするか

私なら、該当の日本株高配当銘柄の事業堅牢性・将来性があると判断すれば保有継続。将来像を描けない場合は、利益確定とします。

理由は、次の通りです。

配当の主たる源泉は「事業から生み出される利潤」ですね。ですから、ほぼ一義的に事業継続性・堅牢性・将来性が重要です。

逆に、10銘柄の将来性を信じられないのであれば、利益確定し、米国高配当株ETF【VYM】などに乗り換えることを検討されてもよいと思います。

いずれにしても、「配当>生活費」の状態を実現されていらっしゃいますから、精神的な余裕を持ってご決断できるのではないでしょうか。この精神的な余裕というのは、本当に大きいですね。

まとめ

  • 業績の堅牢性・事業の将来性を信じられるかどうか

信じられないと、心穏やかに投資を継続しづらいですし、下落局面での積極的な買い増しもしづらいですね。

そして、他人が信じているかどうかが重要なのではなく、自分が信じられるかどうか、ということです。他人が信じていなくて、自分が信じていて、そのシナリオ通りとなれば果実はより大きくなります。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone.

関連記事

利益確定については、以下もご参考に供します。

【配当再投資戦略】①株価上昇・配当利回り低下で売却か、②配当再投資し続けるか
「株価上昇による配当利回りの低下を受け、株式を売却して利益確定」すべきか あるいは 「売却せずに配当再投資し続け...

関連するご質問にお答えしています。

【私が株を売るとしたら】株式をどういったルールに基づいて売るのか
【私が株を売るとしたら】株式をどういったルールに基づいて売るのか 何事も出口戦略は重要ですが、株式もそのまま子女に相続でもしない限...

高配当株ではないですが、株式を売却した一例です。こちらは短中期の部類になります。

【SBG】ソフトバンクグループを150万円分、売却
最近は売買というか購入が多めです。 コロナウイルスの件から保有株も上に下に大きく動いており、結果的に平時より売買が少し増えてい...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: