社員持ち株会で、自社の成長性に賭ける場合の戦略とは。

社員持ち株会で、自社に成長性を感じる場合の戦略

今回は、

ご質問者さま

成長性を感じられる勤め先である場合、持株会でどういった戦略がよいか

というご質問に回答します。

企業には、社員持ち株会(自社株会)がありますね。メリット・デメリットを以下の通り、おさらいしておきましょう。

社員持ち株会のメリット・デメリット

メリット

  • 奨励金
    (企業により、掛け金の5~15%を会社が拠出し、上乗せ)

デメリット

  • 人的資本と金融資本の運用先が同じであるというリスク
    (勤務先の業績が下がると、給与・株式の両方が下がってしまう)

ご質問

では、以下がいただいたご質問です。

ご質問

題名: 〇〇自社持株への投資についご意見伺いたい

メッセージ本文:
穂高 唯希様

いつもためになる情報を発信頂きありとうございます。マカダミアと申します。

勤め先の持株会につい問い合わせさせ頂きたくご連絡差し上げました。

以前も持株についの記事はありました、各企業により持株システムや事業環境、将来性など様々すの個別銘柄の意見をお聞きしたく問い合わせさせ頂きます。

私は〇〇勤務しおり、持株会として〇〇の株を毎月一定額購入しいます

購入に際し会社補助ございます。補助についは「他社並み」とお伝えさせ頂きます。(具体的な率書けず申し訳ありません)

持株積立は会社の持続性、将来性による是非も大きいと以前記載さいたと思います。

つきましは〇〇という個別銘柄を前提とした持株投資につい意見を伺いたいす。

また、持株投資にはいくつか戦略あると思います、下記❶❷の戦略を検討しおります。穂高様ならどうされますしょうか?最終的には自己判断になります、お考えを参考としたいす。

私としは❶は弊社の配当利回り低いの❷を行おうと考えります。

  1. 会社の成長を信じ掛金最大買い付けを継続し、配当金によるキャッシュフローを得る。割高に感じるほど高騰した場合は都度売却する。
  2. 掛金最大持株買い付けを行い、1単元株貯まる毎に定期的に売却する。
    (奨励金部分稼ぐイメージす)
    (逆ドルコストにより売却額も平準化きると考えいます)

なお、将来的には配当によるキャッシュフローを得、今のうちから投資すること少しも生活負担を楽にしたいと考えおります。

今年から積立NISAを開始し、楽天VTIを積み立おります。❷の持株売却益についは新たに購入を検討しいる米国ETF(VYM)など優良投資先購入費用に当たいと考えおります。

長文失礼いたしました。大変恐縮ご回答頂けると幸いす。

回答

ありがとうございます。なお、具体的な社名・数値等は省いています。

ご記載の通り、以前持株会に関する記事で、「将来性・持続性も大きなポイント」と記していました。

会社は肯定的な安定株主が欲しいため、奨励金を付して自社の株式を保有してもらうインセンティブを設けます。ただし、同社の将来性がなければ、株価の毀損が奨励金を上回ることもあり得ますから、総合的に判断することが必要になってきますね。

社員持ち株会の定期売却

さて、まずは以下の部分について回答いたします。

  1. 会社の成長を信じ掛金最大買い付けを継続し、配当金によるキャッシュフローを得る。割高に感じるほど高騰した場合は都度売却する。
  2. 掛金最大持株買い付けを行い、1単元株貯まる毎に定期的に売却する。
    (奨励金部分稼ぐイメージす)
    (逆ドルコストにより売却額も平準化きると考えいます)

特段の好みがなければ、①でよいかと思います。ただし、「売却額の平準化を図りたい」ということも目的とされているようですから、それであれば②でよいですね。

  • 拙著にも詳述の通り、配当を再投資することで、株式から得られる将来価値を減らさないことになります。
  • 一方で、配当を受け取ることは、定期的な利益確定になりますから、売却額の平準化を自動的に行えます。

ちなみに、配当が自動で再投資される持株会もありますね。

自社に成長性を感じる場合の掛け金

貴社の社員であれば、掛け金上限まで全額拠出しても納得できる以下要素を見いだせます。

  1. 世界的なマーケットシェア
  2. 技術水準
  3. 商品の代替が困難であること

もちろん、現状がいつまでも続く保証はありませんが、続くシナリオに賭ける価値は十分ありそうです。また、奨励金の水準もポジティブ要素ですね。

ちなみに

将来的には配当によるキャッシュフローを得、今のうちから投資すること少しも生活負担を楽にしたいと考えおります。

人によって価値観はさまざまですが、配当というキャッシュフローが得られると、株価も理論的に同程度さがる要素になる一方で、「生活が楽になる感覚を実感として得られる」というのは、大きなメリットの1つですね。

ご記載の通り、配当は「生活負担を楽にする仕組み」になり得ると思います。

デメリットも念のため併記しておきますね。

高配当株のデメリット・注意点を改めて述べておきます。
恐らくあらゆる事象において、表と裏があり、表だけ見ていても実情は見えませんし、裏だけ見ていても実情は把握しづらいと思います。 ...

まとめ

自社の成長性に賭けるのであれば、奨励金を最大限に活用し、掛け金を上限まで活用し、どんどん積み立てていくという戦略が出てきますね。

あくまで一例ですが、私は入社と同時に給与の大半に相当する持株会を掛け金上限まで設定しました。

私にとっては自然な行動でしたが、当時はかなり異端だったようです(笑)強制的な天引きにもなりますね。当時の会社・マーケット状況・奨励金などに鑑みてです。

金融資本(投資先)が1社に偏在するリスクが高まりやすい一方で、タイミング・成長性などがよければ、リターンも高まりやすいという形ですね。

そのタイミングを分散することを意図して、定期売却というのは、1つの方策になると思います。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone.

関連記事

【一蓮托生】従業員持株会に入るべきか【奨励金】
従業員持株会を考える 読者の方から以下ご質問を頂きました。 いつも楽しく拝見させて頂いています。 三菱サラリーマンさんは、...
社員持株会のメリット・デメリット|三菱自社株を全株売却、利益確定
自社株売却は、会社との経済的な繋がりを部分的に切るということ やっと会社との一蓮托生感が大幅に薄れました。 私は入社と同時に...
奨励金10%の従業員持株会/自社株に積極投資すべきか
ご質問 三菱サラリーマンさんおはようございます。突然のDM、不躾で申し訳ありません。 一つお尋ねしたいことがあり、DM送らせ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: