直近の値動きを過大認識しやすい心理【VTI・QQQ・SPYD】

直近の値動きを過大認識しやすい心理【VTI・QQQ・SPYD】

株式は、いくつかに分類することが可能です。

  • 成長性が期待される「グロース株」
  • 企業実態より株価が割安とされる「バリュー株」
  • 配当を多く出す「高配当株」
  • 配当を出さない「無配株」

NewsPickさんの記事で取材をお受けした2020年12月、グロース株とバリュー株について、以下のようにお答えしていました。

コロナ禍の現在は、グロース株が好調でバリュー株がやや低調という市場構造です。しかし先月、12月にコロナワクチン関連で進展がみられたときには、わずか数日ながら、グロース株が下がりバリュー株が大きく上がる現象がありました。

このように、コロナが落ち着いてくると、これまで低調だったバリュー株が復活し、市場の状況がガラリと変わるケースがあります。グロース株とバリュー株の優劣は循環してきたので、「現行トレンドの継続」を無意識に信じすぎないようにしたいところですね。バランスよくどちらの株も持っておけば、精神面への配慮になります。

【FIRE】会社を卒業した私が実践する「2021年のマネー戦略」より

短期的な変化なのか中長期的な変化となるのかはわかりませんが、今まさにその端緒となる現象が起き始めています。

トレンド株については以下のようにお答えしました。

トレンドに乗った株は良いときはいいのですが、時代の流れや金利動向等の要因次第では逆も然りです。

コロナを機にとくに伸びた例としてZoomが挙げられます。もちろん、その後も成長を続ける可能性は大いにあります。

ただ、自分はそこに積極的にリスクを取りに行く必要性は今のところ感じていないため、IT株はETFを通じて間接的に保有する程度にしています。

つまりトレンド株は、どうしても中短期の判断になりやすい可能性があります。その波にうまく乗れればいいのですが、長期保有志向の私からすると、穏やかに投資し続けるスタンスとは、やや方向性が異なると感じます。トレンドとあまり関係のない手堅い銘柄は、心地よく継続しやすいです。

【FIRE】会社を卒業した私が実践する「2021年のマネー戦略」より

こちらも同様です。従前より述べてきたことと同じです。

トレンド株は相当な上級者向けです。というか、トレンドが起こる前から持っていないと、話題になってからでは往々にして遅きに失してしまいます。

2021年に入り、SPYD・QQQで対照的な動き

2021年に入り、

  • 堅調な高配当株、SPYD、エネルギーセクター
  • 軟調なグロース株、QQQ、ハイテク系・トレンド系

これは、上述引用の2020年と比べて、対照的な動きです。

高配当株は、2010年代は下落に強い傾向も、コロナショックでは弱かったです。2021年の今回の下落局面では、現時点では往時の強さが見られています。

2021年初来チャート

下図は、以下3つのETFの、2021年初来チャートです。

  • SPYD(高配当株ETF)
  • QQQ(ハイテク系ETF)
  • VTI(市場全体)

2021年初来チャート(※あくまで2か月という短期間の抽出であることに留意)

:SPYD、:QQQ、:VTI

エネルギーセクターも反騰が続いています。つい半年前は、「エネルギーなんて…」という心理になりがちだったのではないでしょうか。そういう時こそ、エクソンモービル(XOM)などを買い増した投資家が大きく報われる局面が、続いています。

人間には、直近の値動きを過大認識しやすい傾向

人間は、直近の値動きを過大認識しやすい傾向がみられます。

そのため、

  1. 特定のセクターが隆盛を極め続ける
  2. 各種セクターの盛衰は循環していく

過去の傾向である「②」よりも、「①」に賭けたくなりがちな傾向がみられます。

①のシナリオに賭けるよりも、②に賭けた方が、過去傾向から帰納的に推論する場合、合理性を見いだすことができます。もちろん、常にそうとは限りません。

ただ、いずれにしても特定の投資対象や現行トレンドの継続を信じすぎないようにしたいですね。パフォーマンスを落とす一因にもなり得ます。

特に、集団的に特定の対象が礼賛されだすと、一定の警戒をしてもよいと思います。集団的に特定の対象が礼賛され始めるということは、「一定期間、その礼賛されている対象が好調であり続けてきた」ことを示唆します

盛者必衰。単一の対象が隆盛を極め続けるのは考えにくいということは、歴史が示唆しています。

あくまでバランスのとれたポートフォリオをデザインすることが一案です。簡便にデザインしやすいのは、主にETFや投資信託ですね。拙著でもご紹介の通り、VYMVTIなどが簡便な一案にはなってきます。

特定の投資対象に集中しすぎる必要はない

私たちは機関投資家ではなく個人投資家である以上、運用方針に制約はありません。ですから、

  • バリュー・グロースのどちらかに集中しなければならない
  • 特定のセクターのみに集中しなければならない

といった必要は必ずしもありません。偏らずに分散してもよいわけですね。

むしろ、分散しておいた方が、精神的に安寧を図りやすいと思います。

精神的な安定は、冷静な投資行動につながりやすいと思います。

まとめ

  • 人間は、直近の値動きを過大認識しやすい傾向がみられます。現行トレンドの継続を信じすぎないようにしたいですね。
  • 集団的に特定の対象が礼賛されだすと、警戒してもよいと思います。(集団的に特定の対象が礼賛され始めるということは、「一定期間、その礼賛されている対象がかなり好調である」ことを示唆します

ご参考になれば幸いです。

Best wishes to everyone.

関連記事

バリュー株・グロース株の過去の傾向です。

グロース株とバリュー株、比較してわかる2つのポイント
グロース株とバリュー株、比較してわかる2つのポイント 株式投資で1点、認識しておきたいことがありますね。それは、過去の傾向として、グロース...

過去には10年にわたって低迷し続けた時期もあります。忘れないようにしたいですね。

【米国株】過去優れた投資対象でも、過信は禁物【中立的な観点】
過去優れた値動きのものでも、妄信はご用心 過去実質リターンが7%で推移する米国株式市場の指数を拠り所として、米国株が以前よりメジャ...

QQQ・SPYDについては、以下をご参考に供します。

【QQQ】コロナ前の水準を早々に回復、NASDAQ100連動ETF【ITバブル期なみに好調】
今回のコロナショックで印象的なのは、今までのセクターの動きや特徴とは異なる動きを見せたことです。特にハイテク株の動きですね。 ...
【SPYD】配当3.4~9%、近い将来に配当を多く得たい人に魅力【米国高配当株ETF】
代表的な米国高配当株ETFの中でも、高い配当利回りの「SPYD」を紹介します。 「近い将来に配当金を多く得る」ことをめざす投資...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: