SPYD急騰で、意識しておきたい株式投資の心理【一部売却】

SPYD急騰で、意識しておきたい株式投資の心理【一部売却】

あくまで1日の値動きなので、それ以上でも以下でもないですが、少なくともこの結果は短期的に予想しづらいですね。

ただしこれが株式投資の側面でもあり、客観的に認識しておきたいのは、以下心理と個人的に思います。

  • 目下好調の銘柄は、「この先も好調さが続くのでは」と思いやすく、
  • 目下不調の銘柄は、「この先、果たして息を吹き返すのだろうか」と思いやすい

自身のシナリオがあるのであれば、それに沿って行動することが良くも悪くも自身で納得いく結果には繋がると思います。(その後の結果如何は別として、です。少なくとも自身で考えた行動の結果が蓄積されることで再現性は生じやすい。)

ただし、行き過ぎると不味。やはりバランスは常に重要。

投資戦略も、銘柄・目的・戦略・状況によって臨機応変に対応することが重要と思います。

SPYDは、ここで一部売却

既報の通りコロナ後に逆ピラミッディングしたSPYDに関しては、今週の急騰を受け含み益は2万ドル規模に、一部を売却。

利益確定の背景は、以下の通り。

  • 最大要因:FIRE後は、配当以外によるフローの担保が続くと見込まれる
  • 個別要因:コロナ以降、良くも悪くも変動率が高い
    (=拙著でも触れましたが、長期で持ち続けるには良くも悪くも心理面で影響の可能性)

売却資金は、CME・COST・HII・LMT・LWあたりの買い増しに振り分けるのが、まず一案。

2019年よりの、上記に沿った方針でもあります。

銘柄数は増える一方で管理がやや煩雑に。興味の赴くままに生きると、その対象は増え、投資に割く時間も応分に変化を感じます。いずれは、VIG・VTI・VYMなどのETFへの一部集約も、今後のキャッシュフロー次第では選択肢にはあります。(と数年前も言った気がしますが、結局個別株をずっとやっている笑)

人生のステージ・キャッシュフロー変化によって、柔軟に最適化する

つまり…
人生のステージ(たとえば、セミリタイア前・後)や株式以外のキャッシュフローの状況変化によって、目的ではなく手段である投資も、柔軟に最適化していく」ということですね。

今回のコロナショック時の投資行動と同様、逆ピラミッディングで奏功などすればキャピタルとインカムの両取りをねらえる対象と思います。

投資対象がどうのこうのというより、あくまで主に個人的なフローの状況変化に応じての売却という形となります。

Best wishes to everyone!

オリックスも、一部売却としています。

オリックス(8591)も大反騰で利益確定
オリックス(8591)も大反騰で利益確定 本日の東京市場は、NY市場の流れを継いで オリックス(8591) インヴィンシブ...

今年の配当収入の見通しです。

2020年の配当収入見通し
2020年も、はや9月下旬。 田んぼの近くにトンボが舞い、夜にはコオロギやスズムシの音が聴こえてきます。秋ですね〜。 ...

昨今は、上述オリックスやオフィスリートを中期資金枠として購入。

【FIRE後の運用】長期資金に加えて、中期資金枠【現金比率が変化】
【FIRE後の運用】長期資金に加えて、中期資金枠を創設【現金比率が変化】 想定運用期間・現金比率の観点から、現時点におけるFIRE...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: