はちどうさん著書【世界一やさしい米国株の教科書1年生】、米国株投資入門に最適

投資・資産運用とは、各人の価値観・考え・目標・スタイル等が反映される、多様性に富んだものであると思います。

複数の投資関連書籍を読むことは、投資観点を増やすに資するものと思います。

今回は、はちどうさん著書「世界一やさしい米国株の教科書1年生」のご紹介です。

はちどうさん著書「世界一やさしい米国株の教科書1年生」、米国株投資入門に最適

本書の冒頭に、【本書の目標は「はじめて米国株投資をする人が、米国株のメリットを理解し、投資方針の策定から実行までひとりでできるようになること」。教科書のように本棚や手元におかれる、息の長い本を目指しています。】とあります。

まさに、上記通りと思いました。多岐にわたるトピックが記載されています。

はちどうさんは、「古くから米国株の王道性を発信していた、米国株ブログのパイオニア的存在」と私は認識しています。

はちどうさんのブログで、米国株を知った方、米国株を知ったブロガーの方々も多数おられるのではないでしょうか。

つまり、米国株という道を切り拓いてくださった先達です。昨今の米国株ブームの底流には、当然ながら先達ありということです。

なお蛇足ながら、暴落トピックあたりのマスコットの方の表情がすごく可愛いです。

本書の内容

本書は、「教科書」という名がついている通り、

  • 株式とはなにか
  • 株価の形成

等の基本事項から、

  • インデックス投資
  • 個別株
  • ETF
  • 投資信託とETFの特徴

等の投資対象、さらには

  • 景気指数
  • テクニカル分析
  • アセットアロケーション
  • 金利・為替・債券
  • リスクと標準偏差
  • 二重課税問題
  • 長期目線での投資
  • 米国株投資に役立つ情報源

等まで、一瞥しておわかりの通り、内容は多岐にわたってカバーされていることが本書の大きな魅力の1つと考えます。

不動産投資のご経験もある、はちどうさんならではの観点も、散りばめられている印象を受けます。

また、イラスト・図解などもあるので、初心者の方でも理解しやすいと推察します。

とはいえ、初心者の方だけでなく、「株式会社のしくみ」という部分など、投資中級者以上の方であっても「実はあまり知らずに投資をしていた」という方、結構多いのではないかと推察します。

株式だけの紹介にとどまらず、不動産・FX・国債など、ほか金融商品の特徴まで言及されており、金融商品・金融そのものを俯瞰する際にも有用な知識が含まれています。

FIREムーブメントについても、記載されています。「アメリカのミレニアル世代のうち67%が早期退職を望んでいる」との統計も紹介されており、やはり社会システムの移行期・過渡期を想起させる要素と、個人的には思います。

まとめ

本書「世界一やさしい米国株の教科書1年生」は、「理論・具体的な値・図解・イラスト等も織り交ぜた上で、平易に形で投資初心者でも非常にわかりやすく、かつ初心者でない方の再入門にも適した、内容濃き良書」という言を以て、本書のご紹介を終えたいと思います。

投資・資産運用とは、各人の価値観・考え・目標等が反映される、多様性に富んだものであると思います。

その意味においても、複数の投資関連書籍を読むことは、投資観点を増やすに資するものと思います。

末筆ながら、書籍の発刊、誠におめでとうございます。

Best wishes to everyone!

人生の参考図書。観点を増やし、世界観を広げる本7冊。
「おすすめの本を紹介してほしい」というご質問があり、「私の考える、人生の参考図書」として以下いくつかご紹介させて頂きたいと思います。 【お...

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: