配当収入の記録(2020年5月)

もう6月ですね、時間が経つのは本当に早い。1日1日、寸暇を惜しみ、悔いなく生きる。

さて、2020年5月、配当収入の集計です。

配当金という定期的なキャッシュフロー(2020年5月)

月例の配当収入(税引後)の記録です。

2020年5月に受け取った配当金の銘柄は、下表の通りです。

ティッカー/証券コード 名称
1 BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
2 T AT&T
3 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ
4 ABBV アッヴィ
5 PFF iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF
6 3048 ビックカメラ
7 3492 タカラレーベン不動産投資法人
8 9201 JAL
9 9281 タカラレーベン・インフラ投資法人

5月銘柄は、日・米・英の3か国から、計9銘柄でした。

月間配当金(2020年5月)

2020年5月の受取配当金(税引後)は、181,593円でした。

受取配当金の内訳
(税引後|単位:円)

銘柄 受取配当金
BTI 50,712
日本株口座 30,885
T 22,374
VZ 18,901
ABBV 18,176
PFF 14,095
Oneリート 12,574
タカラレーベンリート 11,079
ビックカメラ 2,797
合計 181,593

それにしても、株式市場は急回復しました。下げも速かったですが、上げも比較的速め。

背景に中央銀行の金融政策もあるわけですが、この事象が状況をやや複雑にしています。こういう上げは、なおさら一歩引いて見ておきたいところ。

以下記事に書いた時と、少し似たような心境かもしれません。

【配当を再投資するのか】米国株の買い増し候補がなくなってきました。
米中貿易摩擦進展の期待を追い風に、ダウ平均株価は遂に28,000ドルの大台に乗せ、米国株は主要3市場の高値更新が続いています。 ...

いずれにしても、株高は基本的には好ましいことかもしれませんが、「うれしい」という形ではなく、「再投資先をどうしようか」といった受け止め方でしょうか。

月別グラフでみた配当収入(2016年~2020年)

過去4年間の配当推移と比較した月別グラフは下記の通りです。(数値は全て税引後)

2016年5月の配当は     7,182円  でした。

2017年5月の配当は   48,601円  でした。

2018年5月の配当は 140,162円  でした。

2019年5月の配当は 171,085円  でした。

2020年5月の配当は 181,593円  でした。

昨年比、やや増加。5月銘柄の買い増しは【ABBV】ぐらいでしょうか。

このように、KPI(評価指標)は可視化できる数値で測り、その足取りを定期的に振り返る形とすると、長期間モチベーションが保たれやすく、おすすめです。

そして、4年間も継続できたのは、配当金を積み上げる投資自体が心地よく、更に配当金の集計自体が楽しかったことも要因と思います。

累計受取配当金の推移(2016年~)

税引後の受取配当金は上図の通りです。

配当金は株式を購入し、配当を再投資し続ける限り、積み上げられます。そのため、長期投資のお供に好適であってきました

長期で何かに取り組む際には、外部環境に関わらず「自分にとって心地よい仕組みを作ること」が肝要です。

配当金を増やすための道筋

配当金を得る道筋

とにかく投資資金を増やす
(収入を増やし、支出を減らす)

配当金というキャッシュフローを得る
(優良と思しき高配当株や連続増配株などを買う、配当を再投資)

①、②の反復によって、配当金を増やしていくことが出来ます。①が核心的な要素でもあり、私が最も注力したことです。個々人の価値観に沿う形での「支出の最適化」が重要です。

  • 給与から高配当株・連続増配株を購入し、
  • 配当金を増やし、
  • その増えた配当金と給与で更に株式を購入、
  • また配当金を増やし、
  • その増えた配当金をまた再投資し、

以上のような形で、私は配当金収入をひたすら増やしてきました。

入金力の最大化に努め、給与から毎月投資にあてる」という規定のプロセスに従って粛々と行う形です。

この手法であれば、収入と支出の差分によって伸び率の多寡はあれど、配当収入を継続的に着実に増やすことが可能であってきました。

そして、配当金によって人生の潜在的な選択肢を増やし、いつか別の生き方や、支出の一部をまかなうことが期待できます。

配当金を積み上げるスタイルは、相応の時間がかかるものの、目標に向かって着実に積み上げられることも大きな魅力です。この手法は、私のセミリタイア・FIRE達成に絶対に欠かすことのできない要素と言えます。

セミリタイアしたい方、FIREしたい方、給与所得以外の所得を得て人生の選択肢を増やしたい方など、継続的に増やす価値、大いにあると思います。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

配当金(高配当株)のメリット・魅力については、以下ご参考ください。

配当金のメリット・魅力8つ、徹底解説します。
Tweet 最近、事あるごとに配当金という収入があって本当に良かったと心から思います。 もう1つの生き方ができる...

逆に、高配当株(配当金)のデメリット・注意点については、以下ご参考ください。

高配当株のデメリット・注意点を改めて述べておきます。
最近、新規読者の方が非常に増えたように思います。 そこで、高配当株には多数のメリットがありますが、一方で初心者の方向け...

理論と実践を、自分にとって心地よい形でバランス良く継続していくこと、肝要と思います。

資産運用で失敗なきよう、意識しておきたい3つのこと
資産運用で意識しておきたい3つのことについて、記します。 自分にとって心地よい投資手法を構築すること やって...
スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: