今般のSNSにおける事実誤認の件について

今般のSNSにおける事実誤認の件について

わざわざ記事にするのか迷いましたが、バリバリの関西人なので、ツッコんでおきます。

ご質問

題名: 不動産について

メッセージ本文:
穂高 唯希 様

いつもブログを拝見し勉強させていただいております。

つかぬことをお伺いしますが、穂高さんが「親から不動産をもらって、家賃収入を得ている」というのは本当でしょうか?

私自身もFIREをめざしていることもあり、ほかの方がそのような内容をつぶやいているのを目にして、その真偽が気になりました。

というのも、私は以前からブログを拝見しており、ブログでそのような記載は目にした記憶がなく、、

不躾な質問にて申し訳ありません。お耳に入れておいた方がよいかとも思い、うかがわせていただきました。

ご質問ありがとうございます。というか、昨日は教えていただきありがとうございました。

私は最近SNSというかスマホ自体めっきり見ることが減り、このご質問を受けて昨日本件を知りました。

内容としてはあまりに事実無根。「沈黙は金」、確かにそういうケースもあります。ただし、

上記ツイートにもある通り、過度にスルーを美徳とせず、スルーしてよいものと、そうでないものがあると思っています。その一人一人の行動が、社会に風を送ることになるからです。

今回の内容は看過できなかったですね。これは私個人に対する事実誤認のみならず、家庭・境遇に関しての事実誤認・デマ情報でもありました。

ブログ読者の方々ならお分かりと思いますが、「そもそも私が為替や投資に興味を持ち始めたきっかけって、寸暇を惜しんで必死に生きていたシングルマザーの母を経済的に助けたかったから」です。

また、何が残念って、こういう虚偽の情報によって、実際に今回ご質問いただいた読者の方のように、「目標に向かって走ってる途中に、その目標に邁進するというポジティブなエネルギーが虚偽の情報によって削がれる可能性がある」ということですね。

これは、あってはならない。語弊承知ながら、悪貨が良貨を駆逐し、他人の可能性を潰してはならない。昔からこういうのだけは私、許せないんですよね。

不動産の贈与を受けたこと、ありません。

ブログ読者の方々はご理解の通り、親から不動産の贈与を受けたことはありません。

ましてや家賃収入というブーストまであったなら異なる時期にFIRE、いや、逆に、もし裕福な家庭だったら、努めることを知らない人生だったと思います。

人生万事塞翁が馬、何が良きと出るかわかりません。

私は留学から帰ってきて、日本でも自由に生きることができるということを、自分の生き様で示した上で、そしてそれを望む方が達成する一助に、という強い気持ちもあって、ブログを運営してきました。

本件のような虚偽の情報によって、FIREを非現実的なものと解釈してしまう人がいるとすれば、あまりにもったいない。なぜならFIREは、「親の贈与がないと達成できないもの」では、決してないので(笑)。

世帯収入が低い人しか受給できない奨学金

私が高校生・大学生の時、「世帯収入が低い人しか受給できない奨学金」を受給していました。いまも返済しています。

特に高校生の時は、「穂高くん、○○育英会の奨学金の通知です」と先生が生徒の前で思いっきり言ってて、当時わたしは「周りの友人と違って、家が裕福でないって丸分かりやん…」と少し恥ずかしく思ったことを、今でも覚えています。

今思えば、恥ずかしがる必要なんてなくて、恥ずかしく思うこと自体が親に失礼なので、至らなかったなと思います、今おもえば。でも当時は、奨学金を返済しなくてよい友人を見て、ちょっぴり「ええなぁ~」と思ったこともありましたね。

SNSの真偽。そして、最後に。

それにしても、芸能人が「雑誌や週刊誌では、あることないこと書かれる」とよく言います。

本件、私がブログやってて且つ読者の方にこうして教えていただいたから知り得たものの、そうでなければ「事実無根のことを言われるがまま」ということにも当然なりかねない。

事実と異なることを言われて、黙認する必要は一切ないと思っています。スルー・ブロックは万能でなく、悪意ある信用棄損があれば、応分の社会的制裁を受けて然るべきです。

とにかく、言うまでもありませんが、みなさまにおかれましては、人生における有限のエネルギーを、ポジティブな方向に向けましょうね。(弊ブログの読者の方々であれば、申し上げる必要もないかと思いますが

応援・励ましのメッセージを頂いた方々、有難く拝見しております。本当に、ありがとうございます。読者の方々には、感謝しかありません。

Best wishes to everyone!

目標に邁進する人に対して、私は絶対に、素直に応援したい
ちょっと思うことがあったので、書いておきます。 弊ブログを読んでくださっている方々の中にも、 こうなりたい 自...

スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:

コメント

  1. K より:

    いつもブログ拝見してます。
    これからも参考にさせていただきます!
    応援してます!

  2. サイドFIREマン より:

    こんにちは(^^)
    いつもブログを読んでいます!
    今回、三菱さんへの悪意のあるSNSの投稿を見ました。
    内容は三菱さんのブログを読んでいるとはとても思えない内容で、ただただ驚いています。
    中には三菱さんが投稿に対する思いをさらにちゃかす内容の投稿もあり、正直言ってその方々に怒りの気持ち、人として信じられない気持ちもでました。

    私は三菱さんのブログを読んで、仕事、対人関係、お金などの価値観を変えることができました。
    逆にろくに三菱さんを知らずに悪意のある投稿をした方達からは得られたものはありません。

    私は三菱さんにとても感謝していますし、尊敬の念をいだいております。
    これからもきっとそれは変わりません。
    ありがとうございます!

    悪意のある投稿をする方々に負けずに頑張ってください(^^)

    勝手ながら応援させてもらいました。

  3. モリゾー より:

    こんにちは
    毎日ブログの更新楽しみに待っています!

    今回の事実誤認の件、、、私自身も非常に憤りを感じています。

    これまでの三菱サラリーマンさんの記事を読んでいれば、まずないだろうって分かりますが初見の方では判断が難しいですもんね。そもそも仮に当該事項が事実ならば、三菱サラリーマンさんなら記事化してくれるんじゃない?と私は思いました(笑)

    本来必要のなかった今般の対処、大変だと思いますが頑張ってください!!

    三菱サラリーマンさんの生き方から私は非常に勇気をもらっています。

    こんな騒動に負けずにこれからも頑張ってください!

    こういったコメントは初めてだったんですが、思わずしてしましました(笑)

  4. アントン より:

    三菱サラリーマン様

    いつも、ありがたく学ばせていただけ感謝しております。

    今回の中傷の事を、今、知って、胸が痛くなりました。
    デマで人の心を傷つけるのはやめてほしいです! 三菱サラリーマンさんを応援しております。

  5. 森林樹 より:

    落語家の談志が言ってました。

    己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです。

    自分のレベルまで下げる行為の中に、嘘が入り込んだのでしょう。