米国株投資で参考になる外部サイト

「資産形成を学ぶ上でのおすすめツールがあれば教えてください」というご質問があったので、以下に米国株投資で参考になる外部サイトを挙げる形で回答申し上げます。

米国株投資で参考になる外部サイト

米国株投資をする際、外部サイトにも色々と参考になる情報源やデータベースがあります。以下に主なものをご紹介しておきます。もちろんいずれも閲覧無料です。

参考になるものは多々ありますが、以下主なものに絞ります。

データ系

記事系

米政府系(データ・経済指標など)

国際機関系

色々とありますが、国際機関系・政府系・データ系というのは、率直に申し上げてややマニア向けです。データ分析やマクロ経済分析など、やや理論寄りのものでもあります。

Morningstarは、米国企業の財務データを参照できます。Portfolio Visualizerであれば、ETFや個別株のトータルリターンを確認できます。これらもどちらかというと、投資が趣味化している方向けではあります。

さて、あくまで投資の基本とされる手法である「長期・つみたて・分散」を実践するにあたり、「今後も長期的に成長していくであろう優良な投資対象に投資すること」が肝になってきます。

そのため、投資初心者の方向けに、その対象の参考材料となるものとして、より具体的かつ実践的なものという意味では、Seeking AlphaやMotley foolが参考になります。Seeking Alphaの情報量自体は非常に豊富ではありますが、英語版のみです。

個別株投資の情報

対して、Motley Foolは日本語版があり、比較的取っ付きやすいと思います。例えば同社の記事には以下のようなものがあります。

といったように、個別銘柄の紹介記事があります。

これは、個別株投資を始めたい方の取っ掛かりとしては一案と思います。

  • どういう企業か
  • どのような事業を行っているか
  • 株価概況

といった項目が簡潔に述べられている形。

取っ掛かりとして「こういった銘柄があるんだな」と受け止め、そこから「財務分析をするなり、決算書を読むなり、主体的に動く」という形の導線であれば、個別株投資を始めたい方にとって悪くないと思います。

ただ、繰り返しながら、個別株投資はやや玄人向け・マニア向けであり、幅広い層に親和性があるのはETFですので、その点は注意しておきたいところです。

マクロ概況や心理面

また、マクロ概況や心構えを述べたものもあるので、マクロ経済的な視点や時事系・心理面の観点を1つ持つにあたって参考になると思います。(たとえば下落局面での投資行動は、基本的に私の見解と軌を一にしている傾向です)

【米国大統領選2020】金融市場も警戒。大統領選挙まであと1ヶ月

大きく損をすることになりかねない5つの投資神話

まとめ

いずれにしても、1つの情報源に依拠しすぎるのも不味ですし、様々なデータソースを知っておいて、観点を増やし、客観的な情報を収集すること自体は有益だと思います。

特に、データは大事ですが、心理面・どういった銘柄があるのか・どういった投資対象があるのか、という面を俯瞰する上で、有用なツールになり得ると思います。

上に挙げたツールはいずれも無料です。無料ツールは有難く活用したいところですね。ただし、ネットは玉石混交ですから、自分で主体的に情報を取捨選択することも必要になってくることは意識しておきたいところですね。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2020年3月23日