【MO】アルトリア・グループ、2019年4Q・通期決算まとめ

【MO】アルトリア・グループ、2019年4Q・通期決算まとめ

米たばこ大手の2019年第4四半期決算が発表されました。結果はまちまちです。

  1. キャッシュフロー堅調
  2. 調整後EPS成長維持を確認、2020年以降も成長継続との会社想定
  3. 3Qに続きJUUL減損、会計上EPS大幅悪化
  4. 2020年通期ガイダンス小幅引き下げ

決算内容(2019年4Q、通期)

4Q単独および通期の概要は下表の通りです。

2019年4Q 実績 予想 前年同期比
売上高 $4.8B $4.89B +0.3%
調整後EPS $1.02 $1.02 +7.4%
EPS -$1.00   -100%+

2019年通期 実績 前年同期比
売上高 $16.7B +0.7%
調整後EPS $4.22 +5.8%
EPS -$0.70 -100%+

  • 調整後EPSは3Q時点ガイダンスで会社予想「$4.19-$4.27」のところ、$4.22に着地。
  • 会計上EPSは前年比で大幅悪化。後述する「特殊要因である減損影響」を反映しています。

IQOS(アイコス)

IQOSがアトランタ・ジョージア・リッチモンドなどで商用化スタート。

コスト削減プログラム

2018年度末に発表された2019年のコスト削減プログラムは、6億ドル。目標の5.7億ドル上回って着地。

★JUUL関連、減損損失を計上

  • JUUL出資関連で、3Qに続き41億ドルの減損損失を計上。
  • 原因は「JUULに対する訴訟費用の増大を見据えた」との由。

これで3Qに計上した46億ドルと合わせて87億ドル(=約9,600億円)の減損を計上した形。

JUULへの出資は128億ドル規模であり、当初見込んだ価値は大きく毀損されたことになります。

つまり、出資総額の2/3相当額を、「当初見込んだ収益や価値が得られないと判断し、簿価を切り下げる」減損を認識した形となります。

結果的にアルトリアグループのJUULへの出資は、最悪のタイミングで実施されたことになります。

この減損はキャッシュアウト(現金支出)を伴いません。では、どこに転化したかと言えば、債務増加です。

アルトリアは2018年にJUUL出資用に短期借入金として同額を借り入れ、翌年に長期債務として借り換えを行っており、当該勘定項目が増大したことになります。

キャッシュアウトを伴わないことから、財務指標では2018年度から大きな変化はありません。2019年通年を終えた時点で、「Net Debt / EBITDA=2.3」と2018年度末と同等の水準です。

2020年度以降の見通し

次に、アルトリア・グループの「今後における主要トピック」である以下4点を確認します。

  1. 配当政策
  2. 自社株買い
  3. 調整後EPS成長目標(2020~2022年)
  4. 通年ガイダンス(2020年)

配当政策

  • 調整後EPSベースで配当性向80%目標を維持(2020-2022年)

自社株買い

  • 2019年に8.4億ドルの自社株買い実施
  • 2019年末時点で、10億ドルの自社株買いプログラムのうち残枠5億ドル。2020年末までに、市場状況等に応じたタイミングで実施予定。

過去自社株買い推移

過去の自社株買い規模の推移を、下表の通り載せておきます。

2015 2016 2017 2018 2019
自社株買い 5.5 10.3 29.1 16.7 8.4

(単位:億ドル)

アルトリア・グループは、過去5年で年間5.5億~29億ドルの自社株買いを実施していることから、2020年の自社株買いは、過去推移の観点からは、その下限あたりの規模です。

調整後EPS成長目標(2020~2022年)

  • 調整後EPS成長目標を下方修正 5~8% → 4~7%

下方修正の原因として、「JUULへの投資による収益が得られないと想定したため」としています。

現実に即した形の修正であり、納得です。

通年ガイダンス(2020年)

  • 調整後EPS:$4.39~$4.51(=前年比+4~7%、2019年実績$4.22
  • たばこ産業の国内売上本数:前年比-4~6%

売上本数減の一因として「政府規制により、たばこ購入年齢下限が21歳に引き上げられた」ことを挙げています。

引続き「+4~7%成長」を明記と依然強気です。配当性向80%維持見通しから、当該シナリオ維持であれば、増配率も同程度に着地と想定します。

キャッシュフロー

  • フリーキャッシュフローは2018年に続き高水準を維持
  • 自社株買いは継続
  • 配当性向(FCFベース)は、調整後EPSベースと同じく80%
  • 2019年に債務36億ドル増加

【MO】アルトリアグループ2019年4Q決算まとめ

キャッシュフローやMarlboroのシェアなどについては、大きな変化は見られません。調整後EPS成長見通し・売上本数下落の見通しも大きな変化はありません。

以下項目を個人的に注目しています。

  1. 紙巻きたばこで値上げによる収益維持がどこまで可能なのか
  2. IQOSによる今後の寄与具合

通期での減損額自体は煽情的ながら、そもそも3Q決算で既に45億ドル計上されています。当時の市場は3Q決算発表前から減損自体は観測されており、焦点は減損金額自体という形でした。

減損はネガティブです。ただし、キャッシュアウトを伴わず、債務という形で財務面では先送りの性質に近いです。その性質は、Net Debt / EBITDAにも表れています。同数値は前年比で同水準です。

「客観的に時系列ならびに財務やキャッシュフロー等を見ておきたい」と改めて感じる決算でした。総括すると、私は悪くない決算だと思います。

Best wishes to everyone.

2019年3Q決算は以下にまとめています。

【MO】アルトリアグループ、2019年3Q決算は堅調なるも45億ドル減損計上
10月31日に米たばこ大手アルトリア・グループ【MO】の2019年第三四半期決算が発表されました。 出資比率35%の電子たばこ...

アルトリアグループの分析記事です。

【MO】アルトリア・グループ、配当3~8%、高配当・連続増配50年の配当王
2019年決算データを一部反映です。 たばこ株には以下事項 たばこ販売数量の減少 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: