【ご参考】セミリタイア達成時の配当収入見通し

今年セミリタイアした時の配当収入見通しを記録として残しておきます。

個々人の環境や副収入によって必要な額は様々ながら、「こういう額の配当収入見通しでセミリタイアしたやつおるんや」的な形で、今後セミリタイア(めくるめくエブリデイ)を目指す方の1つの参考値にでもして頂ければと思います。

【ご参考】セミリタイア達成時の配当収入見通し

2019年の今年セミリタイアした当時、税引き後ベースで翌年の2020年における配当収入見通しは、計257万円でした。(銘柄別・国別内訳は上図の通り)

国別内訳

配当金の国別内訳では以下順の見通しとなっています。

  1. 米国
  2. 日本
  3. 英国
  4. 豪州
  5. 香港
  6. ベトナム
  7. カナダ

今年は、三菱商事や三菱UFJ銀行、オリックスにJリート群と日本株を多めに買ったせいか、国別内訳で米国に僅差で次ぐ割合を占めているのが日本株。

沖縄セルラー電話、各種インフラファンド・Jリート、ヒノキヤグループなど。いずれも高配当株です。

セミリタイア後は給与収入という円建て収入の太い幹が一時的に消失しますし、配当をドルと円に分散する形で、ある程度日本株を組み込んでおくのは悪くないと思います。

銘柄内訳

銘柄内訳については、以下通りで、以前と大きく変わっていません。

  1. 米国
  2. 日本
  3. 英国
  4. 豪州
  5. 香港
  6. ベトナム
  7. カナダ

米国株
  1. [MO]アルトリア・グループ
  2. [PFF] iシェアーズ米国優先株式ETF
  3. [VZ] ベライゾン・コミュニケーションズ
  4. [HII] ハンティントン・インガールス・インダストリーズ
  5. [IBM] インターナショナル・ビジネスマシーンズ
  6. [JNJ] ジョンソン・エンド・ジョンソン
  7. [XOM] エクソン・モービル
  8. [ABBV] アッヴィ
  9. [T] AT&T
  10. [SO] サザン
  11. [DUK] デューク・エナジー
日本株
  1. ヒノキヤグループ
  2. オリックス
  3. タカラレーベン・インフラ投資法人
  4. カナディアンソーラーインフラ投資法人
  5. 上場インデックスファンド新興国債券
  6. スターツプロシード投資法人
  7. Oneリート投資法人
  8. ビックカメラ
  9. ディア・ライフ
  10. はせがわ
  11. エスコンジャパンリート投資法人
  12. 投資法人みらい
  13. 日本たばこ産業(JT)
  14. スターアジア不動産投資法人
  15. タカラレーベン不動産投資法人

<別口座>

  1. 日本たばこ産業(JT)
  2. インヴィンシブル投資法人
  3. iシェアーズ米国リートETF(1659)
  4. 日本再生可能エネルギー投資法人
  5. カナディアンソーラーインフラ投資法人
  6. タカラレーベン・インフラ投資法人
  7. タカラレーベン不動産投資法人
  8. サムティ・レジデンシャル投資法人
  9. スターアジア不動産投資法人
  10. トーセイ・リート投資法人
  11. エスコンジャパンリート投資法人
  12. オリックス
  13. ヒノキヤグループ
  14. JAL
  15. CDG
  16. アサンテ
  17. ビックカメラ
  18. 近鉄エクスプレス
  19. 日本コンセプト
  20. BS11
  21. ディアライフ
  22. ヤマダ電機
  23. 三菱商事
  24. 三菱UFJ銀行
  25. スノーピーク
  26. 沖縄セルラー電話
英国株(英蘭含む)
  1. [BP] BP
  2. [GSK] グラクソ・スミスクライン
  3. [RDSB] ロイヤル・ダッチ・シェル
  4. [NGG]ナショナル・グリッド
  5. [BTI]ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
豪州株
  1. [WBK]ウエストパック銀行
香港株
  1. 春泉産業信託 Spring REIT
  2. 汇丰控股 HSBC
  3. 中国工商銀行
ベトナム株
  1. VHC ビンホアン
  2. FMC サオタ食品
カナダ株
  1. [ENB] エンブリッジ

以上、のべ64銘柄です。

基本的には、銘柄も分散、通貨も分散、国もある程度分散、という形にしています。当人の嗜好によりますが、こういう形で分散を図ることが精神衛生上も一番良いのかなと個人的には感じています。

銘柄は一部HIIやスノーピークに限っては低配当株もありますが、やはり過半を占めるのが高配当株です。

今後も現金はある程度確保しつつ、投資対象に配当の高低という制限は設けないものの、高配当株をメインとして少しずつ買い進めていく予定です。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone.

セミリタイア時のポートフォリオは以下の通り記念として残しています。

セミリタイアを目指し、構築してきたポートフォリオ(2019年9月)
以下、簡単に私の保有銘柄を紹介させて頂きます。 セミリタイアを目指し、4年間かけて構築してきたポートフォリオです。 ...

PFFの比率が多く見えますが、PFFへの投資にあたってはデメリットと感じられる部分もありますので、留意の上で投資された方が良いかと思います。

【高配当ETF】PFFへ投資して、実際に感じる4つの特徴・注意点
【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFは、三菱サラリーマンが2016年から3年以上にわたり投資している毎月分配型の高配当株ETFです。 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2019年12月8日

コメント

  1. Yamada より:

    米国だと30代くらいで退職に向けたモデルポートフォリオを公開している方が結構いらっしゃいますが、米国人の高給を持ってしても三菱サラリーマンさんほど短期で目標達成した人を見たことがありません。
    収入の多さもさることながら収入の8割投資がミソなんでしょうね。

    目標にはさせて頂いておりますが、凡人はどうしても色々な出費が重なってしまいます。
    入社してすぐに始まるのが必要なんだなあと、遅ればせながら気がつきました。