BTIから配当金、株価低迷中につき再投資。配当利回り7.1%。

英たばこ大手ブリティッシュ・アメリカン・タバコ【BTI】から配当金を受け取りました。

配当金は証券口座に拝受のち、一定程度貯まってから再投資に回すのが通例です。

一方、今のブリティッシュ・アメリカン・タバコの株価は引き続き低迷中、即座に再投資に回したい水準のため、即買い増しとしています。

BTIから配当金受領、株価低迷中につき再投資。配当利回り7.1%。

配当再投資時点のBTI指標は以下の通り。

社名(和文) ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
社名 British American Tobacco Plc
ティッカー BTI
設立日 1928年9月
本社所在地 英国ロンドン
従業員数 95,239人
セクター 一般消費財
連続増配年数 7年
配当利回り 7.1%
直近4年平均配当利回り 4.8%
直近3年平均増配率(年率) 3.8%
直近5年平均増配率(年率) 3.3%
配当月(支払日ベース) 2, 5, 8, 11
1株配当 $2.64
1株調整後利益 $3.94
配当性向(調整後EPSベース) 67.0%
PER(調整後EPSベース) 9.3倍
株価 $36.85

(2019年11月21日時点)

引き続き配当利回りは7.1%と一時期ほどではないにせよ、依然高水準でした。

今期の調整後EPSは3.94ドル(予想)ということで、直近4回平均の配当2.64ドルに対する調整ベース配当性向は67.0%。

キャッシュフローは2019年8月1日付の半期決算レポート時点では以下の通りです。

税負担増の影響もあり営業キャッシュフローが前年同期比40%減、主因は運転資本のタイミングとの由ですが、通年が気になるところです。

2018年は176億ポンドで買収したレイノルズ【RAI】分のキャッシュフローが寄与しています。

なお、単純に半期×2として見なすと、2016年並みの数字になってきますが果たしてどうなるかというところ。

【BTI】株価は反発中

直近5年間の株価推移・配当利回りを見てみましょう。

2017年から株価は大きく低迷、2019年も依然横ばい傾向でした。

ところが11月20日「米当局FDAがこれ以上たばこに関するニコチンレベルを削減する計画なし」とのBloomberg報道を受け、たまたま購入直後に大きく3.6%上昇とやや大きめの反発となりました。

一方、その後「政策決定は依然されておらず、引き続き同計画を推進」との公式声明がなされるなど依然不透明ではあります。

いずれにしても今の株価水準であれば、BTIについては配当再投資程度は行っていく予定です。

Best wishes to everyone!

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】の銘柄分析については以下の通りです。

【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、配当3~8%の高配当タバコ会社
【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、配当3~8%、高配当の英タバコ会社 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(Britis...

中国で垣間見えた、印象的かつ情景が今でも残っている資本主義の側面です。

株式を買う側になるのか、商品を買う側になるのか【資本主義】
株を買う側になるのか、商品を買う側になるのか【資本主義】 資本主義を生きる私たちが、やるかやらないかは別にして、1つ持っておいても損なき視...

日本たばこ産業(JT)に関する分析です。直近株価は反発しています。

JTの株価はどこまで下がる、今後の見通しについてどう考えるか
「日本たばこ産業(JT)の今後の見通しについてどう考えるか」というご質問を頂きましたので、5つの観点を踏まえた上で、以下回答申し上げます。 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2019年11月23日