節約を考える際に、友人との飲み代などの「交際費」についてどう考えるか

社会に足を踏み入れてから、ひたすら経済的自由を目指し、基本的に10万円以下の生活費にて過ごし、その具体的な実践方法として一部を「節約方法おすすめ14選【経済的自由達成の原動力】」にてご紹介させて頂きました。

今回は節約・倹約・支出の最適化という概念の中でも、友人との飲み会などに要される「交際費」という費目についてご質問を頂きましたので、焦点を当てます。

節約を考える際に、友人との飲み代などの「交際費」についてどう考えるか

以下、交際費に関するご質問文です。

ご質問

題名: 節約を考える際の交際費の在り方について

メッセージ本文:
三菱サラリーマン様

初めまして。
ブログを拝見させていただいている平均所得のアラサー女です。
ここ1年ほど、つみたてNISAが導入されてから株式投資に興味を持ち、50歳ほどでのセミリタイアを目指しています。なかなか難しいのは理解しているのですが、夢です(笑)。

三菱サラリーマン様の記事のなかでも、特に私の印象に残っているのは「節約方法おすすめ14選【経済的自由達成の原動力】」です。
会社での飲み物は白湯、デートはピクニック、会社の飲み会は極力不参加…
基本的に10万円以下で生活。

このたび問い合わせさせていただいたのは、三菱サラリーマン様が節約を考える際、友人との交際費はどのように考えていらっしゃるのか、気になりメッセージさせていただきました。交際費のなかでも、「飲み代」に対してです。

友人と飲むとひとり6千円ほどはかかると思います。
彼氏彼女ではなく友人、複数人参加の場合、「飲みじゃなくてピクニックにしよう」とはなかなか言い出せないと思うのです。

私の場合、最近節約と株式投資に目覚めたこともあり、友人との楽しいひとときも大事ではあるのですが、飲み代がなんだかちょっと勿体ないな…と感じてしまうときがあります。
ただ、いわゆる節約エッセイなどを見ても「交際費だけはケチるな。友人との付き合いは宝」という言説がほとんどで、勿体ないと感じてしまう私が異常なのか、と感じています。

もし何かまた節約関連の記事をあげられる際に、友人との交際費に関する三菱サラリーマン様の考えを少しでもお聞きできたら、とてもうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございます。平均所得でしたら50歳のセミリタイアについては、ひとえに支出レベル次第では実現可能と思います。その夢の実現のためにも、自分の心地よい支出レベルを探るのは非常に有用と思います。

関連記事:平均年収サラリーマンでも、セミリタイアを不労所得で確実に達成する方法

ご質問の件、仰る通り、複数人の友人には、「飲みじゃなくてピクニックにしよう」とは言い出しづらいと思いますし、「友人との付き合いは宝」ですよね。

それでは、以下私が採ってきた行動をご紹介させて頂きます。

①複数人の友人には、「飲みじゃなくてピクニックにしよう」とは言い出しづらい

確かに言いづらいと思います。私も「飲み」か「ピクニック」の二者択一としてピクニック1つにこだわることはありませんが、私は振り返ってみると、以下のような形を採っていました。

まず、私は友人たちには経済的自由を達成してセミリタイアをすることを公言していました。これが結果的に良かったと思います。

不要な支出を避けることが肝要であることも公言しており、「今日はビール1杯のみにするし、脂質も多く摂りたくないので、メニューのうちこれとこれを食べるので、この金額を払う」という内容を事前に伝え、その通り支払ったことも何度かありました。

友人たちも重々私の「並々ならぬセミリタイアへの決意・想い(笑)」を知っていることもあり、特段なにか問題になることはなかったという理解です。

むしろその私の姿を見て、「俺もそうするわ」と倹約から始まり、経済的自由を達成することを目指し始めた友人は1人や2人ではありません。なので、結果的に言い出しづらいどころか、周囲も協力的になっていってくれました。これはひとえに友人たちに恵まれていると思います。

さて、ここで考えて頂きたいと思います。

まず、貴方がセミリタイアをしたい旨、(ある程度、人を選ぶ必要はあるかもしれませんが)友人たちにも公言してみるのも一案です。さすれば、ご質問者さんの意思を理解してくれる人が、中にはいると思います。

もし公言しづらいのであれば、それは果たして真の友人なのか、少し立ち止まって考えても良いのではないかとさえ私思います。自分の目指す理想像さえさらけ出せない友人は、真の友とは言い難いかもしれませんよね。

公言し、反発や否定をしてくる人がいたらどうでしょう。否定的な意見というのは、自身の考えが偏っている際に揺り戻したい時や、中立的な考え方・客観的な考え方をする際に参考になり得るものです。「反発や否定=アウト」と言うつもりも毛頭ありません。しかしわざわざ考え方が全く異なる人を真の友と呼ぶ必然性はあまりないかもしれません。

②友人との付き合いは宝

確かに友人との付き合いは人生の宝になり得ます。人々との付き合いは人生を豊かにします。

ただ、友人との付き合いにお金が必須とは限りません。お酒が必須とも限りません。付き合いをする際に、お金が必須事項ではないですよね。

友人との付き合いは宝ということと、お金を必ず使わなければならないこと、これは全く別の話ではあります。

ただし、もちろん付き合い上、飲む場合もあるでしょう。その際は気前よく使うことも勿論一案です。無理して徹底するとひずみが生じます。倹約をやりすぎるぐらいやる時期もあれば、やりすぎは控え、ほどほどに倹約する時期もあります。

そこはある程度、臨機応変に向き合っていくのが良いのではないかと思います。

私も先日飲み会があり、5,000円払いましたが、もちろん何の後悔もありません。楽しい会でしたし、志を同じくする人々の集まりだったからです。

あくまで自身の望まない付き合い(たとえば会社の同僚とゴシップに終始する不毛な飲み会)は避けることが前提であり、信頼できる友人との支出に多くの注意を払う必要はないと思います。

私の場合、最近節約と株式投資に目覚めたこともあり、
友人との楽しいひとときも大事ではあるのですが、
飲み代がなんだかちょっと勿体ないな…と感じてしまうときがあります。
(ご質問文より引用)

こういうことであれば、素直に正直に最近節約していることを打ち明けてみるのがやはり一案と思います。

あるいは居酒屋ではなく定食屋を提案してみるのも一案です。家飲みも最高です。価格はリーズナブルに済むにも関わらず満足度は非常に高く、最高です。

友人とのひとときはやはり大事です。ただし仰る通り、飲み代がちょっともったいないな・・と感じてしまうことも時にあると思います。

その場合は、少し手綱を緩め、息抜きをするも良し、お金のかからないアクティビティを提案するも良し。いずれにせよ、双方ともに真の友であれば、そこはさしたる問題や悩みにはなり得ません

先述の通り、友人とのひとときを大事にすることと、倹約は両立不可能なことではありませんね。

③周囲と異なるかどうかは、全く重要ではない

ただ、いわゆる節約エッセイなどを見ても「交際費だけはケチるな。友人との付き合いは宝」という言説がほとんどで、勿体ないと感じてしまう私が異常なのか、と感じています。
(ご質問文より引用)

また、以上のようにも記載頂いていますが、自分が異常なのかどうかを考えるのは非常に日本人らしい発想かもしれません。「自分が異常なのか正常なのか考える必要」はあまりありません。(もちろん他人を害する等の行為は除きます)

周囲と同じである必要は一切ないのです。堂々と他の多くの人たちと異なる人生を歩みましょう。

私は「他の人と同じであることが良いこと」だとは一切思いません。むしろ埋没化しますから、とんでもないリスクを内包しているとさえ思います。

節約を考える際の飲み代などの交際費の在り方について、まとめ

交際費まとめ

・「セミリタイア目指し、節約していること」を公言するも一案

・居酒屋ではなく定食屋や家飲みも

・「友人とのひとときを大事にすること」と、「倹約」は両立可能

いずれにしてもポイントは、あくまで友人とのひとときを楽しむにあたって、「お金をかけること」が本質ではないという点です。

私も友人とは、人数が何人であろうが、皇居のベンチでしゃべり倒すこともありましたし、ひたすら都内を歩き回りながら話すこともありました。

心を通わす友人であれば、提案しにくいこともありません。提案しづらいのであれば、そもそもそれは本当の意味での友人なのか、やや疑義が生じるとさえ思います。

お金はあくまで人生を豊かにする、あるいは不幸を防ぐツールの1つですから、適度な距離感で付き合うことが肝要です。

お金が第一義的になると、いつのまにか時間を失っているかもしれません。要はバランスですね。

お金・時間・人間関係といった人生の大きな要素たちとどう向き合うのか、この解を自分なりに見つけることが先決であり、重要なポイントです。

その解を見つけるにあたって、節約に取り組んでみるというのは大きな最初の1歩と思います。

なぜなら、以前も下段関連記事にて書いた通り、節約をすることで、逆に「お金ってそんなに重要なのかな…」と気づくきっかけになることは、往々にしてあるからです。

だからこそ、わたくし三菱サラリーマンは多額の給与収入を捨ててまで、若年期でのセミリタイアを志向してきたのであります。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

節約すると、最終的に節約が必要なくなります。過程は以下記事に詳述しています。

節約したら人生変わって節約する必要なくなった
みなさま、節約していますでしょうか。 節約、面白いですよ。 何が面白いって、おそらく節約ってお金を貯める...

価値観の両端を知ると、心地よい場所が見つかります。節約をし、高消費生活のどちらも体験すれば、自分の支出を最適化できます。

ストレスにならない程度の適度な節約を見つける方法【ストレスフリー】
ストレスフリーなちょうど良い節約を掴むためにはどうすれば良いか ご質問 三菱サラリーマンさんのブログから資産形成に関心が湧き...

以前はこんなこともしていましたね(笑)

【節約旅行】箱根湯本から大涌谷・仙石原まで20キロ3時間競歩で交通費1,000円カット!
福利厚生フル活用 今回は箱根湯本までまず電車、そこから徒歩で宿泊先へ、という流れです。 まずは東京から始発で箱根...
公開日: