【IBM】好決算で株価急騰。眠れる獅子、成長軌道へ

眠れる獅子、IBMは成長軌道へ本格的に戻るか

2019年1月23日の米ニューヨーク株式市場は、好調な決算だったIBMが相場をけん引し、ダウ平均株価は170ドル強高い値で引けました。

2018年度第4四半期決算において、売上高は前年同期比でマイナスではあるものの、「2018年度通年では成長軌道へ乗せた」と同社CEOのロメッティ氏。

決算内容は以下の通り、EPS・売上高、来期ガイダンス、いずれも予想より高い数値となりました。更に、戦略的分野が伸びたことも好感されました。

第4四半期決算

・実績EPS:4.87ドル

・予想EPS:4.84ドル

・実績売上高:218億ドル(前年同期比3%減)

・予想売上高:217億5000万ドル

2019年通期

・13.90ドル:EPSガイダンス(会社)

・13.81ドル:EPSコンセンサス(アナリスト)

※EPSは全てnon GAAPベース

IBMのCEOロメッティ氏は、「2018年、年間売上高を成長軌道に戻した。クラウド、AI、アナリティクス、セキュリティの分野で当社の優位性への需要増加を反映している」と。

予想を上回る売上高やEPSに加え、IBMの戦略的分野(クラウドやアナリティクス)の売上高は前年同期比9%増というのも好感ポイントでしょう。




【IBM】株価急騰

本決算を好感し、株価は122ドル台から132ドル台へ前日比8.46%の大幅高となりました。

ひたすら眠っている獅子とも言えるIBMは、果たして今度こそ成長軌道に戻るのか、同社株を保有している三菱サラリーマンとしても目が離せません。

ただ、いずれにしても配当性向は高くなく、キャッシュフローも安定していることから、昨年のような下押しする局面があれば、他銘柄の保有額を眺めながら、比率が下がれば機械的に買い増ししていく予定です。

今回のように、IBMが好決算で株価急騰となり、鉄板銘柄とされるヘルスケアの雄である配当王【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンがベビーパウダーの件で急落するとは誰が想像できたでしょうか。否。

よって、高配当株を引き続き機械的に積み立て、若年期のキャッシュフローを最大化すべく、配当収入を最大化してまいります。

Best wishes to everyone!

IBMの詳細記事です。

【IBM】23年連続増配の高配当ハイテク株!
IBMってどんな会社? IBM(アイビーエム、International Business Machines Corporation)は、...

IBMの配当持続性の検証記事です。

IBMは今後も配当を維持できるか【配当持続性検証】
有望成長銘柄から、今や”終わった銘柄”とみなされるIBM IBMは以前、投資の神様であるウォーレン・バフェットもイチオシの有望銘柄・成長株...

IBMの購入記事です。

IBMを85万円分買い増し予定
IBMを85万円分買い増しの構え 今回も定例の株式買い付けを行う予定です。 アイ・ビー・エム【IBM】 株価   ...