配当金生活に必要な最低資産額は、5000万円!

配当金生活に必要な金融資産額はいくらか

配当金生活というワードは、ある種特殊な魔力でも内在しているのではないかと思うぐらい、惹きつけて離さない単語かもしれません。

そんな配当金生活について、「三菱サラリーマンさんは、配当金生活に必要な資産額はいくらだと考えていますか?」というご質問を頂きました。

配当金生活には資金がいくら必要なのか思いを馳せたことがある方も投資家には多いと思います。

これはずばり、「5000万円という準富裕層への到達」が配当金生活に必要な資産額になるのではないでしょうか。

勿論多ければ多い程、余裕がありますし、資産は多ければ多いに越したことはありません。ただ、この5000万円というラインが、一般的な配当金生活を考える上でギリギリのラインではないかと思っています。

手取りで月20万円の配当金は配当金生活への大きな節目

配当金生活を営むには、当然ながら配当金による収入が必要です。

そしてせっかく配当金生活をやると決めた以上は、カツカツの生活では楽しくないでしょう。やはりある程度、支出を収入が上回っている状態が望ましいです。

以前、不労所得が月20万円の場合にどのような生活が送れるか、国民健保や国民年金額も算出の上、試算したことがありました↓

関連記事

これは子供のいないDINKS家庭(且つ財布は夫婦別々)や単身が前提となるでしょうが、月20万円あれば、よほど浪費家でもない限りは普通に暮らせるでしょう。

月20万円の支出内訳を考えてみる

更に、一般的な月20万円のライフスタイルを考える上で、費目ごとに支出内訳を考えてみましょう。

例えば、月20万円あれば、以下のような支出が可能です。

手取り20万円のライフスタイル

家賃   :7万円
食費   :4万円
通信費  :1万円
光熱費  :1万円
趣味娯楽費:1万円
交際費  :2万円
衣類   :1万円
貯蓄   :3万円

貯蓄もできちゃいます。子供のために積み立てておくのも良いですね。ただこのうち約2万円は、妻の扶養に入っていない場合や年金免除の場合等を除けば、国民年金や国民健保に消えるでしょう。

この内訳であれば、一般的に見てもそれほど無理のない数字と思いますが、どうでしょうか。これに副収入でもあれば、なお余裕が出てくるでしょう。

家賃7万円というのは、既婚者で都心なら妻にも応分の負担をしてもらうことが必要ですね。

とはいえ、そもそも配当金生活ゆえに通勤範囲という地理的制約がないのにわざわざ都内中心部に居を構えるのは特殊なケースかもしれません。

限られた額で生活するというのも、若干サバイバル的というかその過程で知恵を絞ろうとするので、楽しめちゃいそうですね(笑)

いや〜それにしても、17万円の支出というのは、日頃もっと少ない支出で暮らす三菱サラリーマンからするとめちゃくちゃ余裕ある生活だと思います。

で、この20万円の収入を得るには、やはり最低でも5000万円は必要だと思うのです。

月20万円の配当金を得るには、税引後配当利回り4.5%として5000万円は必要

5000万円あれば、税引後配当利回り4.5%のポートフォリオを組めば、年間225万円となり、単月で約20万円の配当金収入になります。

「税引後配当利回り4.5%は非常に高いのでは」と感じるかもしれませんが、逆に言うとそれぐらいのポートフォリオを組む要領や知識がなければ、長い配当金生活の中で数々の市場の荒波に右往左往してしまうかもしれません。

例えば、主な日米高配当株式・リートの配当利回り(2019年1月12日時点)を以下羅列してみましょう。

日本株

  • 昭和シェル石油:6.7%
  • SUBARU:6.0%
  • JT:5.6%
  • あおぞら銀行:5.5%

外国株

  • 【PM】フィリップモリス:6.6%
  • 【MO】アルトリアグループ:6.0%
  • 【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ:7.8%
  • 【T】AT&T:7.0%

Jリート

  • タカラレーベン不動産投資法人:7.0%
  • インヴィンシブル投資法人:6.9%
  • トーセイリート投資法人:6.5%
  • マリモ地方創生リート投資法人:6.5%
  • さくら総合リート投資法人:6.3%
  • いちごホテルリート投資法人:6.2%
  • 投資法人みらい:6.0%
  • サムティ・レジデンシャル投資法人:6.0%
  • 大江戸温泉リート投資法人:6.0%
  • CREロジスティクスファンド投資法人:5.8%

という感じで、リートを組み込めば、選択肢は結構幅広いです。配当金生活を考える上では、リスク管理が非常に重要ですから、分散は欠かせないでしょう。

かといってETFで税引後配当利回りが4.5%となるものは厳しいので、個別株分散という形になるかと思います。

日本株ならば配当控除を使うことで、税引後配当利回りを上げることも可能ですね。米国株はADRでない限りは、約28%が税金として持っていかれますから、少し手取り配当金としては不利です。

そして、当然ながら一両日中に税引後配当利回り4.5%のポートフォリオを組む必要なんてないです。

数年投資をして温めているうちに増配によって買値に対する配当利回りが4.5%になっていても良いわけです。

配当金生活に必要な資産額まとめ

配当金生活には、最低でも5000万円は必要という見解を示しました。

そのためには、税引後の簿価に対する配当利回り4.5%の株式・リートなどのポートフォリオを組む必要があり、それが達成できれば、冒頭に述べた通り、カツカツでない暮らしは可能でしょう。

更に副収入があれば、なお余裕が出るでしょうし、当然ながら資産は多ければ多い方が、税引後配当利回りの下限も下がりますし、あらゆる面で余裕が出てきますね。

以上、三菱サラリーマン的配当金生活に必要な資産額はいくらか、というご質問に対する回答でした。

Best wishes to everyone!

不労所得の作り方と、その作り方を実践した軌跡を綴ったものです。

不労所得の作り方と、その実践結果【株式からの配当金編】
最も手のかからない不労所得「株式からの配当金」の作り方 不労所得は配当金だけではなく以下の通り種々ありますが、不動産投資などと異な...

高配当株投資は、リスクもあります。が、自分には非常に適した投資手法だと思います。

なぜ高配当株に長期投資するのか。メリット・デメリットも考える。
まず、投資手法は多様であって良い 読者の方から以下のようなコメントを頂きましたので、 「なぜ高配当株の長期保有による資産運用...

配当金という完全なる不労所得は、やはり魅力的です。

配当金が不労所得を可視化し、長期投資を可能にする【自動利益確定装置】
配当金のメリットは定期的に利益確定してくれ、キャッシュフローが生まれること 配当金の何が良いって、受取配当金の予想がしやすいので計...