「投信の成績表」全社公開。やはり独立系が大手金融機関より優勢

投資信託の成績開示、銀行系よりネット系優位が明らかに

興味深いデータが公表されました。投資信託を購入した投資家の何割が利益を得て、何割が損をしたのかが全社的に開示されました。

全社開示により、ネット系が銀行系よりパフォーマンス優位であることが明らかにされた意義は大きい。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36134350U8A001C1EE9000/

個人が投信において金融機関を選ぶ目安となり得る「成果指標(KPI)」を全金融機関が公表され、投資家が初めて比較できるようになりました。

日本でも徐々に金融機関のための投信ではなく、ユーザーのための投信が更に広がる端緒となることを願いたいものです。

ネット系・独立系投信が銀行系より優れていることは以下を見れば一目瞭然。

案の定というか、ネット系が既存の大手金融機関系を凌駕しています。特に下位6社が大和・三井住友・三菱UFJ・みずほ・三菱モルガンという大手金融機関が軒並みランクインしているのが象徴的。

弊ブログでも、読者の方から頂いたご要望で、いくつか投資信託を僭越ながら評価しました。

しかし、投資信託や売買手数料がひどいと言わざるを得ない金融商品が多かったのも事実です。特に三菱UFJ国際投信のはあまり人様に勧められる金融商品とは言い難い。

投資好成績の鍵は、「積み立て」

日経新聞より引用
好成績の鍵は「積み立て」だ。コモンズは顧客の79%が積み立て投資で、2016年以前から継続的に投資している場合は99%以上が、17年以降だと80%以上の投資家がプラスの収益率だ。「マイナスとなっているのは一括で購入した投資家に目立つ」(コモンズの伊井哲朗社長)という。

ということで、相場局面にもよるとは思いますが、積み立てが好パフォーマンスの一因になり得ることが示されています。

定期的に積み立てるのは、

精神的な負荷も少なく、簡便であり、時間軸でのリスク分散、にもなり得ますから、人口に膾炙しやすい手法ではないでしょうか。

私もキャッシュフローが定常的にある限り、淡々と積み立ててまいります。

Best wishes to everyone!

ご質問をもとに60歳で月5万円を得るシミュレーションです。学資保険などに入るより、自分で機械的に積み立てる方が断然良いと思います。

月1万円の積み立てで、月5万円の不労所得を60歳で得る
30代から準備、60歳で月5万円のインカムを得る 収入が高くないため、月に積み立てられる額は限られており、一方で国家財政・年金財政...

上記に関連しまして、確定拠出年金という制度がありますが、個人的には資金拘束の面からやっていません。ただ、税制面のメリットはあります。

確定拠出年金に入るべきか否か
社会人になって、給料も得られるようになったし、資産運用始めてみたいけど、まずは確定拠出年金に入るべきか入らないべきか… 今回はそんな以...

こちらもご質問を頂いたので、1つのシミュレーションを示しています。

60歳で月10万円の配当金を米国株で得る方法
育休中のママさんからのご質問 ブログ読者の方から以下のような質問をお問い合わせフォームで頂きました。大変恐縮です。 ご質問頂...