なぜ米国株のセクターを分散させることが良案になり得るのか

米国株のセクター:景気敏感型6+ディフェンシブ型4

もし自身の株式ポートフォリオの値動きを長期間にわたって”比較的”マイルドにしたいのであれば、セクターを分散させることが一案です。

そもそも米国株は以下の通り、「6つの景気敏感セクター」+「4つのディフェンシブセクター」の合計10セクターから成ります。

景気敏感セクター

  1. 情報技術
    AAPL・GOOGL・MSFT
  2. 一般消費財
    AMZN・CMCSA・HD
  3. 金融
    JPM・WFC・BAC
  4. 資本財
    GE・MMM・BA
  5. 素材
    DOW・DD・MON
  6. エネルギー
    XOM・CVX・SLB

ディフェンシブセクター

  1. 電気通信
    T・VZ・TMUS
  2. ヘルスケア
    JNJ・PFE・MRK
  3. 生活必需品
    PG・KO・PEP
  4. 公益事業
    NEE・DUK・SO

相場の各局面でセクター別リターンは大きく異なる

冒頭で「株式ポートフォリオの値動きを長期間にわたって”比較的”マイルドにしたいのであれば、セクターを分散させることが一案」と述べましたが、以下JPモルガンの資料「米国株のセクター別の各強気相場における特徴」がわかりやすいので相場局面の一好例として掲載します。

同じ強気相場1つ取ってみても、強気相場における情報技術から公益事業に至るまで、セクター別リターンは様々です。

年代別のセクターの強さ

97年〜2000年のITバブル期には、その名の通り情報技術、つまりハイテク株が著しく強い。

2003〜2007年のリーマン危機前にかけてはエネルギー、素材、電気通信、公益が強い。

2009〜2012年は、一般消費財や資本財が強い。

2012〜2015年は、ヘルスケア、一般消費財、金融が強い。

2015〜2018年は、情報技術、一般消費財が強い。

強気相場では景気敏感セクターがディフェンシブセクターを上回る

強気相場においては、やはり景気敏感セクターが全般的にディフェンシブセクターを上回っています。

一般消費財・金融・資本財は概ね安定して強く、逆にエネルギーセクターは市況の影響も強いためリターンの上下動は非常に激しくボラタイル。

強気相場ではグロース株がバリュー株をアウトパフォーム

そして強気相場における特徴として、グロース株がバリュー株を長期間にわたってアウトパフォームしています。

更に高配当株も強気相場にも関わらずそこそこ健闘。

S&P500が各局面で最も安定

で、更に見て頂きたいのは、S&P500。

これでもかというぐらいにリターンが平準化されています。至極当然の結果といえば当然の結果です。

市場平均のその名の通り、S&P500は広範に分散されたものですから、セクターも当然分散されます。

セクターが分散されるということは、セクター別で相場局面ごとにリターンの強弱が入り混じる中でも、その強弱が平準化されるということですから頷けます。

まさにS&P500というのは、リターンだけでなく、至極当然ながらもセクター別の分散と言う観点からも投資対象として好適と言っても差し支えないでしょう。

まとめ

同じ強気相場においても、その局面ごとに各セクターのリターンは千差万別です。

更にそのリターンの差は顕著であることが資料によく表れています。

集中投資をせず、配当金に代表されるインカムゲインを主眼とした高配当株ポートフォリオを組み、比較的値動きをマイルド・平準化したいのであれば、セクターをしっかり分散させることが一案です。

とすると、その意味では結局S&P500連動型のETFであるVOOや米国市場全体に分散されたVTIなどのETFが最もオススメできる投資対象とも言えますよね。

Best wishes to everyone!

インデックス投資は種々の観点から見ても、優れた投資手法です。手がかかりませんし、お手軽に分散できるのは非常に魅力的です。一方で個別株は個別株ならではの醍醐味・楽しさがあるのも事実ですね。

「インデックス投資」か「個別株で配当収入を目的とする」か
インデックス投資か個別株投資のどちらが良いのか 読者の方から以下ご質問を頂きましたので、 インデックス投資が良いか、個別...

個別株の中でも高配当のバリュー株にするのか、無配のグロース株にするのか、大きく2つの選択肢がありますね。私は個人的に高配当株が好きです。チャリンチャリン。

なぜ高配当株に長期投資するのか。メリット・デメリットも考える。
まず、投資手法は多様であって良い 読者の方から以下のようなコメントを頂きましたので、 「なぜ高配当株の長期保有による資産運用...

投資を始める方にお勧めするなら、という観点ですとやはりETFの良さが際立ちます。個別株は少々メンテナンスをするのが理想ですよね。

投資初心者にオススメする2つのETF(リスク許容度別)
株式投資を始めてみようと思ったものの、初心者だし、、いったいどんな銘柄を買えばいいの?おすすめの銘柄は? という質問にお答えし...