なぜ米国株のセクターを分散させることが良案になり得るのか

配当金をKPIとして高配当株に長期投資する際には、やはり分散を図ることが良案です。具体的には、①セクター、②時間軸、③銘柄、において分散を図ることが1つの基本形と思います。

本記事ではそのうちの「①セクター」を分散することがなぜ良案となるのか記します。

米国株のセクター構成:景気敏感型6+ディフェンシブ型4

そもそも株式投資に長期間取り組むには、心理的な負荷は少ないに越したことはありません。なぜなら、心理的な負荷が大きい行動は長続きしないからですね。

もし自身の株式ポートフォリオの値動きを長期間にわたって”比較的”マイルドにして、心理的な負荷を”比較的”抑えたいのであれば、セクターを分散させることが一案です。

そもそも米国株は以下の通り、「6つの景気敏感セクター」+「4つのディフェンシブセクター」の合計10セクターから成ります。セクターごとの代表銘柄も併記します。

景気敏感セクター

  1. 情報技術
    AAPL・GOOGL・MSFT
  2. 一般消費財
    AMZN・CMCSA・HD
  3. 金融
    JPM・WFC・BAC
  4. 資本財
    GE・MMM・BA
  5. 素材
    DOW・DD・MON
  6. エネルギー
    XOM・CVX・SLB

ディフェンシブセクター

  1. 電気通信
    T・VZ・TMUS
  2. ヘルスケア
    JNJ・PFE・MRK
  3. 生活必需品
    PG・KO・PEP
  4. 公益事業
    NEE・DUK・SO

これらセクターから成る米国株の特徴を以下述べた上で、セクター分散が良案となる背景を記します。

米国株の特徴①相場の各局面でセクター別リターンは大きく異なる

繰り返しながら、「株式ポートフォリオの値動きを長期間にわたって比較的マイルドにしたいのであれば、セクターを分散させることが一案」と述べました。

以下JPモルガン「Guide to the Market」の資料「米国株のセクター別の各強気相場における特徴」がわかりやすいので相場局面の一好例として掲載します。

「セクター別」のリターンを更に拡大したのが下図です。

上図の通り、同じ強気相場1つ取ってみても、情報技術セクターから公益事業セクターに至るまで、セクターによってリターンは様々です。

各年代における強気相場での強いセクターは以下通り。

年代 高リターンセクター
1997 – 2000 情報技術
2003 – 2007 エネルギー 素材 電気通信 公益
2009 – 2012 一般消費財 資本財
2012 – 2015 一般消費財 ヘルスケア 金融
2015 – 2018 情報技術 一般消費財

以上のように、同じ強気相場1つ取っても、セクターの強弱は大きく異なります。ポートフォリオのばらつきを比較的抑えたいのであれば、セクター分散は一案となります。

尚、昨年の短期的な弱気相場では公益セクターのSOやDUKがやはり格段の底堅さを見せたのも印象深いです。

こういった下落局面でも強い銘柄がポートフォリオにあると、心理的に非常に大きいことは間違いないです。

米国株の特徴②強気相場では景気敏感セクターがディフェンシブセクターを上回る

強気相場においては、やはり景気敏感セクターが全般的にディフェンシブセクターを上回っています。

一般消費財・金融・資本財は概ね安定して強く、逆にエネルギーセクターは市況の影響も強いためリターンの上下動は非常に激しくボラタイル。

米国株の特徴③強気相場ではグロース株がバリュー株をアウトパフォーム

セクターの厳密な意味とはやや離れますが、強気相場における特徴として、グロース株がバリュー株を長期間にわたってアウトパフォームしています。

更に高配当株も強気相場にも関わらずそこそこ健闘していますね。

米国株の特徴④S&P500が各局面で最も平準化されている

で、更に見て頂きたいのは、下図最左列S&P500の部分です。

これでもかというぐらいにリターンが平準化されています。当然の結果といえば当然の結果です。

市場平均のその名の通り、S&P500は広範に分散されたものですから、セクターも当然分散されます。

セクターが分散されるということは、セクター別で相場局面ごとにリターンの強弱が入り混じる中でも、その強弱が平準化されるということですから頷けます。

まさにS&P500に幅広く分散されたETFであるVOOというのは、リターンだけでなく、セクター別の分散と言う観点からも投資対象として好適と言えます。

“比較的”安定した値動きを望むなら、米国株のセクターは分散させることが基本。まとめ。

同じ強気相場においても、その局面ごとに各セクターのリターンは千差万別です。

更にそのリターンの差は顕著であることが資料によく表れています。

集中投資をせず、配当金に代表されるインカムゲインを主眼とした高配当株ポートフォリオを組み、比較的値動きをマイルド・平準化したいのであれば、セクターをしっかり分散させることが一案です。(あくまで”比較的”です。市場全体が暴落するときは、いかにセクターが分散されていようが暴落します。)

とすると、その意味ではS&P500連動型のETFであるVOOや米国市場全体に分散されたVTIなどのETFも、勿論オススメできる投資対象の1つとも言えます。

Best wishes to everyone!

インデックス投資は種々の観点から見ても、優れた投資手法です。手がかかりませんし、お手軽に分散できるのは非常に魅力的です。一方で個別株は個別株ならではの醍醐味・楽しさがあるのも事実ですね。

「インデックス投資」か「個別株で配当収入を目的とする」か
インデックス投資か個別株投資のどちらが良いのか 読者の方から以下ご質問を頂きましたので、 インデックス投資が良いか、個別...

個別株の中でも高配当のバリュー株にするのか、無配のグロース株にするのか、大きく2つの選択肢がありますね。私は個人的に高配当株がやはり好きです。

なぜ高配当株に長期投資するのか。メリット・デメリットも考える。
まず、投資手法は多様であって良い 読者の方から以下のようなコメントを頂きましたので、 「なぜ高配当株の長期保有による資産運用...

投資を始める方にお勧めするなら、という観点ですとやはりETFの良さが際立ちます。個別株は少々メンテナンスをするのが理想ですよね。

投資初心者にオススメする2つのETFは、VYMとAGG(リスク許容度別)
株式投資を始めてみようと思ったものの、初心者だし、、いったいどんな銘柄を買えばいいの?おすすめの銘柄は? という質問にお答えし...
公開日:2018年9月8日