コスパ最高なバンコクのホテルは、ノボテルスクンビット20!

リーズナブル・清潔・ちょいゴージャスなノボテルスクンビット20

せっかく海外のしかも東南アジアのタイの首都、バンコクに旅行するなら、リーズナブルな価格でありつつも、清潔でちょっぴりゴージャス気分になれるホテルに泊まりたいですよね。

というか、実際に自分が行くまでそういうコスパの良い宿泊先がどこなのか知りたかったところ、今回の滞在先が運良く見事にアタリだったのでレビュー・紹介させて頂きます。

バンコク滞在にオススメするのは、コスパ重視の私の溜飲も下がった「ノボテルスクンビット20」!

あまりに気に入ったので、来年来る時もここにしようと、同行者も即決してました(笑)

ノボテルってどんなブランド?

ノボテル・スクンビット20のロビー

ノボテルはフランスの外資系ホテルです。兵庫県の進学校「甲陽学院」を運営する辰馬酒造が所有していた甲子園都ホテルが、「ノボテル甲子園」として過去リニューアルオープンしたことで聞いた方もいるのでは。

日本では本格的に展開されておらず知名度は低いですが、世界60ヶ国で高級ホテルとして展開されています。

そんなノボテルがバンコクに展開するノボテルスクンビット20の魅力を見ていきます。

魅力①コスパが良い

遅いですが1ヶ月前に前払い・キャンセルしても返金なしという条件で予約しました、安定のBooking.comで。

するとで素泊まり一泊5,000円でこのお部屋です。(プラン名:スーペリアキングルームシティビュー)

そして何より綺麗!清潔感あり。

まずはシャワールーム。はい綺麗。

一部私物が写り込んでますが、綺麗。

トイレ、綺麗。便座がなんか四角いけど一切問題なし。快適。

24階の部屋からの日中の眺め。これはまあタイって感じです。

高層ビル群や川が見えます。

プールやジムも9階にあります。プール気持ちよすぎです。

デッキから空の眺め、めちゃリラックスできるし、プールで水浴びして涼しいです!

ナイトプールも良い感じなんですよね。

25階にルーフトップバー「スカイ20」があり。これもかなり良い!

夜景ももちろん良いんですけど、なんせ夜風が涼しくてめちゃくちゃ気持ちいいです。ソファもふかふか。

しかも見上げれば天空。で、空を見上げると椅子の背もたれがちょうど良い高さで、仰ぎ見ても首がキツくない絶妙さ。

私はLoudmouthというカクテル(テキーラ・グリーンアップル・クランベリー・ライム)をオーダー。これが甘すぎずめちゃ美味しかった。

お値段300バーツなので1,050円ぐらい。ホテルのスカイラウンジにしては全然OK。

良い感じの音楽もかかっていて、カップルにも好適。横でおっさんが音楽に合わせて足で物凄い小刻みにリズム刻みながら若いチャンネーと話してました。

魅力②コンビニ・屋台・両替所が至近距離

なにせホテルの施設だけでなく、周辺環境が便利なんですよね。

まずホテルの目の前にファミマと両替所があります。そのファミマで缶ビールを購入し、ホテルから徒歩1分の屋台で60パーツのパッタイやタイカレー、ガパオライスや空芯菜の炒め物を食べる。これが最高。

特にホテルを出て右に歩いて徒歩3分のマッサージ店「Araya」の向かいにある以下写真の屋台がめちゃくちゃ美味しい!

ちなみにそのArayaというマッサージ店もオススメです。店内の匂いがリラックスできる良い匂いで店員も愛想よくマッサージも丁寧。

60分の足マッサージが250バーツ。バンコクでは平均的な価格。

空港からホテルへのアクセス

スワンナプーム国際空港からタクシー利用。渋滞込みで1時間かかりました。基本的に混みやすいので1時間見ておいた方が良いです。

ちなみに最寄駅はASOKE駅で、駅から徒歩12分で着きます。(実際に歩いて計測)

値段は初乗り運賃35バーツ、空港税50バーツ、高速料金55バーツ込みで総計433バーツ。約1,400円。

カードは基本使えないので現金で払いましょう。お釣りをくれない運転手も中にはいるとの情報あり、小銭も持っていた方が安心です。

英語が不安な方は、タイ語で書かれたホテルの住所(以下スクショ)を運転手に見せればOK。

来年も必ずここに来ようと思います。めちゃオススメです。

Best wishes to everyone!

節約すべくこういう旅行もよくしてました。

【節約旅行】箱根湯本から大涌谷・仙石原まで20キロ3時間競歩で交通費1,000円カット!
福利厚生フル活用 今回は箱根湯本までまず電車、そこから徒歩で宿泊先へ、という流れです。 まずは東京から始発で箱根...

節約したいけどついついコンビニで買っちゃう人はこんな考え方をすると、購買欲を抑制できるかもしれません。

コンビニで節約するたった1つの考え方
コンビニや外食で望まぬ消費をしないようにするには? ツイッターのフォロワーの方からPeingでこんな質問を頂きました。 ...