不労所得を得るべく高配当株の株数を最大化させる

高配当個別株の買付に邁進

FRBが2015年12月に9年半ぶりに利上げを決定して以来、米国の金利が上昇する利上げ局面が2年以上にわたって続いています。

そんな足下の米国・豪州の以下高配当株の値動きを見てみましょう。

  • MO(アルトリア・グループ)
  • BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)
  • WBK(ウエストパック銀行)
  • VZ(ベライゾン・コミュニケーションズ)
  • JNJ(ジョンソンエンドジョンソン)

MO(アルトリア・グループ)5年チャート

BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)5年チャート

WBK(ウエストパック銀行)5年チャート

VZ(ベライゾン)5年チャート

JNJ(ジョンソンエンドジョンソン)5年チャート

利上げと共にというよりかは、2017年以降において株価は軟調です。

一方で米国高配当株ETFであるVYMの株価推移は対照的と言って良いほど堅調に推移していますね。

利上げ局面においては、一部の高配当個別株には逆風が吹いている格好になりますが、株価が軟調であるということは一方で当然それだけ株数を多く買えることにもなります。

株式のセクター別リターンと景気動向の関係

出所:JP Morgan Guide to the Markets

景況感が低下傾向な時期(上図右半分のグラフ)において、私が概ね選好しているディフェンシブな「ヘルスケア・生活必需品・公益事業・電気通信」のセクターが市場平均をアウトパフォームしています。

市場平均をアウトパフォームし始めてからそういったセクターを購入するのではなく、好景気時に低迷している時こそ購入すべきだと思うんですよね。

ディフェンシブ銘柄が市場平均をアウトパフォームする景気後退局面前である今のうちにしっかり株数を多く仕込んでおきたいと思います。

出所:JP Morgan Guide to the Markets

上図を見ると、1994年末比でITバブル期を除いて伝統的に高配当株式が好調も、直近ITセクターが急激に追い上げて、抜き去っていることがわかります。

私はトータルリターン至上ではなく、あくまで月々のキャッシュフロー最大化を選好しています。

今月は多めに投資。ターゲットはBTIとMO!

今月は待望の賞与も支給されますから、去年同様にボーナス月は他の月より多めに100万円分ぐらい株式買付にまわしたいと思います。

ターゲットはやはりBTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)・MO(アルトリア・グループ)をしっかり拾っていきたいです。

以下はブリティッシュアメリカンタバコのEPS(1株利益)・DPS(1株配当)・FCFps(1株フリーキャッシュフロー)です。

EPS・FCFpsが全てDPSを上回っています。配当支払い余力は現時点では十分あると言って良いでしょう。

出所:【BTI】Annual Report 2017

2017年に会計上の利益であるEPSが一時的に急伸しているのは、上図の通り「Gain on disposal of RAI」、つまりレイノルズとの経営統合、及び米税制改革の影響によるものです。

配当性向も6~7割台で推移と現時点では危なげなし。

グラフは実力値を測るべくポンド建てです。米ドル建てでも今年は10%を超える増配をしてます。

フリーキャッシュフローは10年で1.6倍以上になっています。これもポジティブな要素。

この営業キャッシュフローに対するフリーキャッシュフローの多さはタバコ株ならではですね。

この3つのグラフを確認、且つBTIはADRで二重課税されないことを踏まえると、第一買付ターゲットはBTIです。第二はMO。

今月はどちらも購入したいと思います。BTI60万円分、MO40万円分ぐらいの割合としたいと思います。

これからも給与収入の8割と、ボーナス全額を株式買付に回していきたいと思います。そして、当然ですが株数の多寡が不労所得の大きさに直接リンクしてくるので、株価が軟調な時期にしっかり株数を増やしていきたいと思います。

2018年の年間配当収入は150万円(税引後)、2019年の年間配当収入は200万円超(税引後)を見込み、着実に増やしてまいります。

Best wishes to everyone!

ブリティッシュアメリカンタバコの各種データや企業概要はこちら。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)はEPS・配当が右肩上がりの英タバコ会社
ブリティッシュ・アメリカン・タバコは世界首位、電子タバコにも参入 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(Britishi American ...

連続増配25年以上の企業で高配当株を抽出しました。

【米国株】高配当な配当貴族ランキング(2018年4月末)
【配当貴族】高配当株ランキング 2018年4月末時点での、米国株のうち「配当貴族」と呼ばれる連続増配年数が25年以上の銘柄における高配当株...

高配当という意味ではウエストパック銀行も出色の企業です。

ウエストパック銀行【WBK】は配当6%の高配当豪州銀行
【WBK】ウエストパック銀行とは? 日本でいうメガバンクのような位置づけです。 オーストラリアの四大市中銀行(ナショナル...