【高配当ベトナム株】ビンホアンが2017年現金配当を発表!

ツイッター

ベトナム水産大手ビンホアン(VHC)から待望の配当情報!

私はベトナム株の配当情報を得るために、時折ホーチミン証券取引所の公式ホームページをチェックしています。

先日閲覧していると、高配当ベトナム株であるビンホアン(VHC – Vinh Hoan Corporation)から2017年度におけるcash dividendのアナウンスが以下の通り、3/9に既になされているのを発見しました。

On March 02, 2018,
the Board of Directors of Vinh Hoan Corporation approved to pay cash dividend for 2017 as follows:-Exercise ratio   : 20% (2,000 dongs/share)
Payment date  : March 26, 2018.
ちなみにベトナム株の配当情報やIRは、
ホーチミン証券取引所のホームページで確認できます。

ということで1株あたり2,000ベトナムドンの配当ということになりました。

仮にこの2018年に、この1回だけの配当だったとしてもYoCは6%です。いきなり年2回配当することもあるので、その場合は更に買値に対する配当利回りが高まります。

ベトナム株の特徴:やんちゃというか、不透明

結構ベトナム株は配当に関する議決を行うAnnual Meetingがいきなり2か月も延期されたりするので、かなり流動的というか若干適当な感じがあったりしますが、そこは新興国ならではということで、ご愛嬌です。

なので、自分の配当収入で年1回として想定していたら、急に年2回どっさり配当が送られてくる時もあって、2017年は買値に対する配当利回りが17%を超えるという意味不明な状況もありました。

その分株価は軟調かと思いきや、今のところ見事に堅調ですのでよくわかりません。

2016年に購入してから株価はおよそ倍になっています。

こんな感じでベトナム株は結構不透明なことが多いので、ポートフォリオの配分的にはサテライト的な扱いです。でも、サテライト的な扱いのはずなのに配当がどっさり来ることもあり、急に主力株級の面目をしだすこともある、結構やんちゃというか、サプライズがある感じです。

そんな感じの新興国株式が好きな方にはオススメかもしれません。

ベトナムは自由貿易協定(FTA)に積極的で、発効または交渉中の協定は16に及びますから、チャー魚を海外へ輸出するビンホアンにとっても好材料でしょう。

また、2017年にGDP成長率は東南アジア最大の伸び率となる6.81%を記録し、翌2018年は7%以上の達成が可能とされているのも魅力的ですね。

引き続き不定期のベトナム株配当情報を随時チェックしたいと思います。

Best wishes to everyone!

ベトナム株やるなら、この書籍は必読。


ベトナム株企業情報~上場全342銘柄詳細レポート~ (Modern Alchemists Series No. 75)

コメント

  1. きっき より:

    三菱セミリタイア様はじめまして。きっきと申します。いつも楽しくブログを読ませて頂いておりますm(__)m

    私も最近外国株式に興味を持ち、最近の調整相場で買ってみたのですが、その際とりあえず円建てで買ってみたのですが、三菱セミリタイア様は円建てorドル建てどちらで購入されていますか?アドバイス頂ければ嬉しいです^ ^

    P.S. 私も同世代の某三菱の電機会社に勤めていました!某三菱の商社は給与水準が高くて羨ましいです。仕事は大変なのでしょうが。。