2018年の抱負

ツイッター

2017年はゴルディロックスと呼ばれる、熱すぎず冷めすぎず、という適温相場が続きました。

先進国の物価上昇率は軒並み低調で、利上げのスピードも緩やかであり、引き続き中央銀行による緩和的な政策が続いています。

2018年もこの適温相場が続く、なんて言う声もありますが、そういう時こそ危ないと気を引き締めつつ臨みたいと思います。

スポンサーリンク

抱負①:給与収入の8割と受取配当金全額を株式買付に投じ続ける

給与

今年4月には昇給があります。月4万円程度の昇給になりますが、たとえ昇給があっても、生活レベルは特段変化させずにしっかりと投資にまわしていきたいと思います。

さらに来年度は賞与の増額も期待できます。

受取配当金の再投資

2018年は毎月の受取配当金が税引後で10万円を超えてくる見込みです。この配当金は従来通り、全額再投資にまわしていきたいと思います。

今の仕事を続ける限りは、給与と受取配当金の再投資により、毎月40万円~50万円の入金投資が可能になります。

抱負②:資産を4,000万円台に乗せ、受取配当金の最大化を図る

現在の金融資産は3,400万円です。

これを今年はしっかり4,000万円台に乗せ、年間受取配当金を税引後ベースで150万円(税引前で約200万円)あたりまで伸ばしたいところです。

投資先は米国株に限らず、日本株やJ-REITなど、今まで通り特段縛りをかけずに投じていきたいと思います。

抱負③:スキーシーズン券を購入してニセコで滑り倒したい

少なくとも来秋までは今の仕事を続ける予定です。

現在の職場環境は大変に恵まれていますから、次の異動タイミングまでは続けるということです。

仮に今年セミリタイアするタイミングが出来れば、シーズン券を購入し、一冬がっつりニセコに滞在し、学生時代にインストラクターをやって以降中途半端になっているスキーをもう少ししっかりやり通したいところです。

これは外部環境が許せば、という条件付きになるのである程度流動的にはなります。

6年後には・・・

セミリタイアのタイミングというのは、資産の増加具合という観点にフォーカスすれば、悩ましくなってしまいます。

仮にセミリタイアせずに、あと6年も続ければ給与収入は更に増えますから、ほぼ確実に億ることも視野に入ります。しかしその頃は35歳ですから、もう少し早く主体的に人生を描きたい、舵取りをしたいというのが本音になります。

一方で外国人相手のビジネスをひとつ考えています。それが2018年の冬に具体化すれば、諸条件が整えば、そちらに本業をシフトしていくということも一案として考えています。

いずれにしましても、ゆっくり着実に、更に筋肉質に経済的な自由度を更に高める1年としたいと思います。

Best wishes to everyone!


「アルティメット富裕層」という生き方―経済的な自由を手に入れた超お金持ち達の日常生活

Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする