【配当 月10万】2018年の年間配当収入は120万円を超える見込み(税引後)

2018年 年間配当金額は120万円を超える見通し(税引後)

はやいもので、もうすぐ2017年も終了になります。

毎月毎月、おなじみの以下方針の下、株式の買付を行ってきました。

2017年6月時点で以下記事の通り、2018年の年間配当収入は税引後で100万円を突破しました。

2018年の年間配当金は100万円を超える見通し
今日も今日とて買い増し 下図はWBKのチャート。 夏のボーナスが入金されたので、配当利回り6%の高配当かつ業績も安定...

そこからちまちま主に米国株、一部日本株の買い増しを行い、2017年11月現時点での2018年 年間配当収入(税引後)は下表の通りとなりました。

上表は2017年の配当水準をベースとしていますので、2018年に実施される増配は反映していません。

保有銘柄のうち、増配が期待できるのはIBM、XOM、JNJ、DUK、MO、VZ、AT&T、BTIあたりでしょう。

2016年から3年間の配当金額推移

2016年に本格的に株式投資に移行して以来、KPIとする税引後の年間配当収入は以下の通りとなっています。

  • 2016年 :  35万円(実績)
  • 2017年 :  84万円(見込み)
  • 2018年 :  120万円(見込み)

あまり細かい計算はしていませんが、年間配当増加額の大半を占めるのは給与収入の新規投資分です。それにしても、配当収入の増加を図るというのは至極地道な作業であります。

来年中の新規投資分を含めると、2018年の年間配当収入は税引後で130万円程度に着地すると予想します。来年は毎月10万円程度の受取配当金が発生する見込みです。

この10万円をどう活用していくか、これはなかなかに考え甲斐のある問いです。

引き続き給与収入と合わせて個別株に投資するのか、あるいはETFを買い付けていくのも1つの選択肢になります。セクター別にある程度分散していると、必ずどこかのセクターは定期的に、相対的に、出遅れたり低迷するので、買い増しがしやすい感じではあります。

今後の方針

引き続き、やることは変わりません。

当面は人的資本の投入によりキャッシュフローを創出する

株式買付 or インフラファンド or REIT などの投資にまわす

投資から得た資金を再投資する

引き続き淡々と給与収入の8割を株式買付に回していくということです。

配当収入というのは、とにかく多くの資本を投下し続けることで地道に増えて行きます。

本当に地道です。だからこそ続けにくいことかもしれません。なぜなら誰もが手っ取り早くお金もちになりたいからです。

しかし、確実性を求めるのであれば、拙速にお金を求めるのは賢明とは言い難いと思います。

地味にゆっくりと、しかし確実に配当収入を増やして行く。その為には自分の人生での優先順位を極めて明確にした上で本気で取り組みましょう。

投資をすることは人生を豊かにする必要条件にはなり得ても、必要十分条件ではありませんかは、そこは個々人で熟慮を以って意思決定を下すべき事象です。

ただ、金銭的な余裕というのは、現行資本主義において、人生の選択肢を増やすことは疑う余地がないでしょう。

現在の職場環境はありえないぐらいフリーダムにやらせてもらっているので、少なくともあと1年弱は今の豚舎に在籍することになるかと思います。

Best wishes to everyone!

投資をすることと、同じくらい重要なのは、支出を抑えることであることは言うまでもありません。

月間支出は7万円を下回りました。

20代の家計簿 ¥69,804 (2017年10月)
2017年10月の家計簿の公開です。 我の家は食費・光熱費・洗剤・ティッシュ等の共同費用は基本的に折半としています。 ...

配当金で月15万円を目指します。

月15万円の配当収入を目指します
給与収入は一種の麻薬 今月の給与収入という、言わば人間をシャブ漬けにする一種の麻薬が、三菱UFJ豚舎に入金されました。 今月...