長期休暇を取ってセミリタイアに必要な事前準備をしよう

ツイッター
スポンサーリンク

有給大量取得の17連休を取った目的

17連休を取った経緯はこちらに記載しています。

17日間の長期休暇、取ったった!
特別休暇に有給くっつけまくって17連休達成 この記事でも述べたように、私の部署は、私が着任直後は2ヶ月に一回有給取れれば御の字とい...

まず、そもそもこの長期休暇を取るにあたって、重要な目的がありました。

その目的とは、これだけ長い間休暇を取得すれば、セミリタイア後の恰好のシミュレーションになると思ったからです。

つまり、実際にセミリタイアを敢行した際に、自分がどのような生活を送るのか。これを客観視する必要がありました。

なぜなら、長期休暇を取った時に自分は一体どう過ごしたのか、この結果を受け止めることで、セミリタイア後どのように自分が過ごすかを測る1つのベンチマークになるからです。

よく言われることですが、「時間ができたら○○する」「退職したら○○する」こういった発言をしてるうちは、本当にそのような条件が整った時に実際に行動を起こすのかは少し疑問が残るからです。

ずーっとだらだら過ごすことが出来るのか?

毎日好きな時にLaze around したい

毎日だらだらしたい。この願望はこの願望で厳然と存在します。

一方で、私はもしかするとセミリタイア後、ずーっとだらだら過ごすということはしないかも?と思いました。

あくまで”ずーっと”だらだらをしないかもというだけで、基本的にまったりすることは好きです。ただ、やはり好きなことを追求していくのだろうなということです。

17連休取ると、さすがに暇になる時間帯もありました。これはこれで非常に贅沢なことで、心穏やかに優雅に過ごせる素敵な時間です。

一方で、それが続きすぎると、たぶん何かしらしたくなると思います。なぜなら、実際にこの長期休暇中、ひまになった時に”なにかしたい”という願望が生まれたからです。

そしておそらくリタイア後はブログに更にコミットするのではないかということ。これもおぼろげながら見えてきたように思います。愚直にインプットとアウトプットを繰り返す。それが読んでくださる方々の参考になれば、こんな嬉しいことはありません。

おそらく、自由に自分で時間を差配できるということが幸せすぎて、それを維持できるように別の形で仕事に相当するようなこと、つまり好きなことを頑張ることになるということなのかもしれません。そして、その活動を通してなんらかの形、それが例えばブログというプラットフォームで還元していく

その好きなことの1つはブログそのものであったり、他の何かであったりするのでしょう。

こういった諸々のことを、ある意味リハーサルできたのは非常に意義深い。

ちなみにですが、↑にLaze aroundとありますが、わからない英単語を調べるときは必ず英英辞典、しかもこのLongmanで調べた方が良いです。他の英英辞書より平易な英語で英語がされてるので、英語の上達スピードが速くなると思います。

http://www.ldoceonline.com/

長期休暇を取って改めて思ったこと

  1. 満員電車はやはり異常
  2. 会社辞めてもなんとかなるんちゃうかという楽観が芽生える
  3. サラリーマンでない自分を客観視できる

①満員電車はやっぱり異常

ジャカルタよりはマシか・・

満員電車、改めて思いましたけどやっぱこれ本当に異常ですね。久しぶりに乗りましたけど、やっぱり人々が若干殺気立ってますw

電車乗るだけで殺気立ったり苛立つというのは、これいかに。たまに全力で周囲の人をプッシュする人とかいますね・・。

そして満員電車の人々を観察してみます。

目を瞑って瞑想してる人、虚ろな目でどこか遠くを見つめる人、無表情な人、車内テレビを見てる人、スマホをいじる人、本を読む学生などなど。

なんかみんな朝から疲れてません・・?朝から豚小屋のように詰め込まれて豚舎に運ばれる。お疲れ様でございます・・・。(私含む)

②会社辞めてもなんとかなるんちゃうか、と思える

うっひょーい。

これはやっぱり余りにも長期休暇が幸せすぎたんですよね。

この幸せを維持する為に、豚舎ライフ以外でなら、だいたい何でも頑張れそうだということ。

自分で主体的に1日の過ごし方を決めていく。一回その快適さを味わうと、もう私の通っている豚舎という機械式養豚場には戻れない。

貴方はLGBTや他人の英語の発音をバカにしますか

豚舎という世界がいかに異常なのかを痛切に感じるということです。

私の豚舎に通うトン達は、倍率数百倍を潜り抜けたことを未だに鼻にかけているのか、エベレスト級に高いプライドで、異なる価値観を一切受け入れない人が結構います。この前はお客さんがLGBTだったということでバカにしていました。

更に、現地法人から来た英語が流暢で、且つちょっとその発音にクセのある人の陰口を叩いて嘲笑していました。でも、そうやって陰口を叩いて嘲笑する人に限って、その嘲笑する対象の人より、全然英語ができないんですよね。

その陰口を叩く労力を、英語の勉強に充てれば、エネルギーはプラス方向へ働くのに、もったいない・・。

そして本当に英語が出来る人というのは、絶対に他の人の英語をバカになんてしないものです。そんなことにエネルギーを割かない。

私はLGBTではありませんが、LGBTだって別にいいじゃないですか。

他人に危害を及ぼさないのであれば、ゲイの方だろうがレズの方だろうが、同じ人間なんですから。

おっと、トンについて書いている私の方がエネルギーを割いてしまっていました。

③サラリーマンでない自分を客観視できる

三連休や一週間程度では、人によっては仕事柄、海外から携帯で追われるということもあるかと思います。私も常に携帯を持たされ、ひっきりなしに海外から連絡が飛んでくるので気が休まりません。

しかし、さすがに17日も休んでると、案件をある程度丸ごと引き継ぐことになるので、仕事にどこまでも追いまくられることはなく、サラリーマンでない自分という側面が、ある意味自然と出てきます

これが中途半端な休暇だと頭には仕事が残っており、サラリーマンでない純然たる自己が出てきません。

ここで初めて、フラットな形で自分の内なる声が出てくるのではないでしょうか。それに対してしっかり傾聴をしていくのです。

セミリタイアする際に、この長期休暇を取ってセミリタイアのリハーサルしてみるというプロセスを1つ挟むことは、何気にかなり重要なのではないかと思っています。

長期休暇を取って、ぜひ本当の自分と対話し、冷静に見つめてみてはいかがでしょうか。

それが明確になれば、その後のとるべき行動も明確になってきます。

ぜひやってみてください。

Best wishes to everyone!

関連記事です。

給与は一種の麻薬。シャブ漬けにはご用心。

【月15万の配当収入を目指す】給与は一種の麻薬、買い増し銘柄候補
給与収入は一種の麻薬 今月の給与収入という、言わば人間をシャブ漬けにする一種の麻薬が、三菱UFJ豚舎に入金されました。 今月は配当収...

なぜ米国経済が強いのかを種々の観点から考察したものです。

https://freetonsha.com/2017/09/16/america-great/

これは全トンが見るべき映画。「ちょっと今から仕事やめてくる」

【全社畜が見るべき映画】ちょっと今から仕事やめてくる
機内で、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」に出会う 海外出張の結構大きな楽しみである機内映画。 「ちょっと今から仕事辞めてくる」 ...

スーツに縛られる必要はなし。

【スーツ不要、廃止すべし】海外出張は私服でOK
私服出張?OK。OK。 本日も海外出張。今回は中国ではなく、アジア某国に向かいます。 JALグローバルクラブのチェックインカ...
Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする