20代で金融資産3000万、アッパーマス層に到達して思うこと

ツイッター
スポンサーリンク

アッパーマス層とは

野村総合研究所(NRI)は、毎年「NRI富裕層アンケート調査」なるものを行っており、富裕層の調査・推計をしています。

アッパーマス層とは、その野村総研が定義する保有金融資産の序列のうちの1つです。

純金融資産保有額(保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた値)に基づく世帯階層として、次のように分類されます。

  • 超富裕層    :純金融資産5億円以上
  • 富裕層     :1億円以上5億円未満
  • 準富裕層    :5,000万円以上1億円未満
  • アッパーマス層 :3,000万円以上5,000万円未満
  • マス層     :3,000万円未満

ちなみに金融資産という定義なので、保有している不動産はカウントされないということですね。

純金融資産保有額と世帯数

純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数 (出所:野村総研)

上図は個人投資家の方々なら一度は見たことのある図かもしれません。

それぞれの階層の世帯数を百分率に直すと以下の通り。

  • 超富裕層    :0.1%
  • 富裕層     :2.2%
  • 準富裕層    :6.0%
  • アッパーマス層 :12.9%
  • マス層     :78.9%

こうして見ると圧倒的多数がマス層に分類されることになります。

5人に1人はアッパーマス層以上ということです。5億円以上の超富裕層は1000人に1人ということになります。

資産を増殖させるには、下記3点に尽きます。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 運用利回りを上げる

これをひたすらストイックに突き詰めていくということ。

私の場合は、2を突き詰めることで給与収入からの可処分所得の8割をひたすら投資に回してきました。

1.はサラリーマンをしている場合、年功序列なので副業でもしなければ増えません。

私の場合は就活の段階から給与の高い所に照準を定めたのでそれが幸いしました。

家賃26万円の目黒駅から徒歩4分のマンションに住んで固定費が高い時もありましたが、徹底的に「2.支出を減らす」を実践していたことがアッパーマス層到達に寄与しているはずです。

3.は私の場合、主にアメリカ・英国・豪州・香港・ベトナムなどの外国株と日本株でひたすら配当利回り/YoCの向上を追求していくということです。

投資方針はやはりこれです。

アッパーマス層到達が意味するもの

これは個人的には1つの象徴的な意味合いを持ちます。

忘れもしない、中学・高校の同級生の友人との会話でした。

ちなみに彼も中学生の時から投資をしており、私よりずっと前から米国ETFに投資をしていたと記憶しています。その頃、同級生で中学から投資をしていたのは彼と私だけでした。

投資対象の選定という点において、彼は素晴らしい先見の明があったということです。

そして時は流れ、24歳ぐらいの頃だったでしょうか。

そんな彼と皇居で、お互いの金融資産の展望を話していました。

30までに3,000万。それを10%で回せば300万。

これがその時の1つのベンチマークとして語っていたように思います。米国への株式投資リターンは平均約7%程度。ということは、10%という数字は市場平均にアウトパフォームしないと実現できない数字ですが、当時はFXが念頭にあり、それゆえ10%という値が出てきたということです。

更に時は流れ、29歳の誕生日を迎えた直後、その言わば目標額である3,000万に到達しました。

もっと沢山持ってる人は投資クラスタの中にはそれはもう沢山いらっしゃいますが、私にとってこの事実が持つ意味は大きい。

思考は現実化すると言いますが、それはもう強い思いで行動に落とし込んで行けば、やはり達成できるものだと思います。

筋トレでも水泳でも階段登りでも禁欲でも投資でも豚舎で自分を貫き通すことでも、その根底を流れ行くもの、その幹を太くするもの、それはやはり意志力だと私は思っています。

いくつかの節目を迎える事象たち

ほぼ間違いなく来年の年間配当金は税引後で120万円を超えてきます。月間に直すと10万円といういわば節目です。

当ブログの月間PV数も同じく10万という節目に到達しようとしています。

そろそろ環境的には豚舎ライフに一つ節目をつけても良い段階に来ているかなと思っています。

Best wishes to everyone!

関連記事です。

我々の生きる資本主義という世界のルールを理解する。攻略するにはそれがまず肝要です。

配当収入の大台突破で考える働く意味 と 資本主義というゲームの攻略法
配当収入見通し(2017年3月) これだから投資はやめられません。 上のベトナム株のサオタ食品に関する記事で書きましたが、本当に...

2017年7月末時点での資産推移についてはこちら。

資産推移 2017年7月末
サラリーマン6年目の資産状況 (2017年7月末) 気づけば3月以降資産状況をアップデートしていませんでした。 私は資産管理は基本的...

こちらは2017年10月にリタイアすると仮定したシミュレーション。

2017年10月(29歳)にセミリタイアした場合の資産をシミュレーションしてみた
2017年10月に退職すると仮定 Twitterで「複利のチカラで億り人」を運営してらっしゃるひろめさんがアーリーリタイアの試算を行なって...

一応セミリタイア自体は可能という結果に。

シミュレーションしたら資産3000万円で今年セミリタイア自体は可能!
うーん、いい風景です。 昨日の記事で、2017年10月に今の会社を退職した場合の推定資産額は年末時点で3,300万円程...

これ書いてるやつだれやねんという方はこちら。

【自己紹介】14歳で為替取引を始め、FF廃人として2ちゃんに晒され、入社当日にアーリーリタイアを決意。
【自己紹介】14歳~現在まで 14歳、バブル時代に比べて日本円の金利が低すぎることに気づく、外貨預金開始。 日本円が1%を大きく下回...
Twitter
スポンサーリンク

SNSでシェアする

フォローする

コメント

  1. 先ほどはウチのブログにコメントありがとうございました。

    プロフィール記事のところをざっと読ませていただきましたが、コメント欄が見つからなかったのでこちらに書きます。

    なかなか楽しそうな人生ですね!
    自分の思うように生きる、これこそ人生です。
    日本人に欠けているのはまさにこの点です。

    これからも頑張って早期リタイア目指してください。
    たぶん余裕で出来そうだとは思いますけど。

    • じんたん より:

      コメントありがとうございます^ ^
      ありゃ、確かに自己紹介の記事になぜかコメント欄がないですね、、教えていただきありがとうございます。

      仰る通り、自分の思ったように生きる、まさに日本人に欠けているのはこの点だと私も思っています。

      ありがとうございます、引き続き頑張ります^ ^
      招き猫の右手さんのブログは非常に共感することばかりで、育児関係含め、いつも楽しく読ませて頂いています。
      今後ともよろしくお願いいたします。