中国留学で北京大学を選び、毎日相互学習したら語学マスターして人生変わった

ツイッター

6か月でネイティブに間違われる程のレベルに到達できる最も効率的な語学習得法

この記事で記載の通り、中国語を習得した経緯について書きたいと思います。

私が実際に北京大学に11ヶ月留学した際に実践した最強の語学習得方法を挙げていきます。

この方法を実践した結果、中国人と話していても、相手に中国人だと思われたまま会話が続き、相手に「自分、実は日本人なんです」とカミングアウトしても信じてもらえない水準に達しました。

留学期間も伝えると、「その期間でそのレベルに達するはずがない」と相手に信じてもらえませんでした。

なので、以下の方法は、自分の経験に基づいて絶対的な自信を持ってオススメできる方法論になります。

必ず半年で中国語をモノにしなければならなかった

それではまず私が、最初の半年で何が何でも準ネイティブレベル以上に到達しなければならなかった理由について触れておきたいと思います。

それは、親から猛烈に語学習得を促される経済的な理由があったからです。

私は留学を志した時に既に慶應大学の交換留学の申請締め切りは過ぎていました。ですのでまた1年待つ必要があったのですが、そんな1年も待てないので、北京に飛んで北京大学の教授とアポを取り、面談を行いカタコトの中国語で留学したい旨をとにかく伝え、推薦状を書いてもらうことにしました。

なので、一般的な交換留学ではなく、慶應大学を休学しての自費留学という方式になりました。

そしてこの自費留学というのが厄介で、当時の慶應は休学期間でも学費を納める必要がありました。(現在は不要)

そしてそして、留学先の大学で法学部や経済学部の単位を取得すれば、その学費が半額になるというものでした。

親はこれを知り、何が何でも留学の前半の半年で中国語をマスターし、後半に学部に入学して単位を取れという至上命令が発令されました。

私は経済学部で経済に興味があったので、北京大学経済学院の単位を取ることが目標となりました。

具体的には貨幣経済学や国際投資学、世界経済概論等々の単位です。

かくして何が何でも半年で語学をある程度マスターするという必要性が生じたわけです。

さもないと、後半の半年で経済学の単位が取れません。

では、実際に日々試行錯誤しながら行った習得方法に移りたいと思います。

最良の語学習得方法その①

それは、とにかく知らない人だろうが誰だろうが話しかけまくることです。

もうひたすらひたすら電子辞書片手に日々話しかけまくる。

もう本当に本当に話しかけまくる。

恥ずかしいとかそんなこと言ってる場合ではありません。

もう本当に老若男女問わず話しかけまくる。

実際には可愛い女子の比率が多かった可能性もありますが、もうとにかく話しかけまくる。

幸い中国人(上海人を除く)は大多数が相当フランクでフレンドリーで適当です。(概ね良い意味で)

なので、結構そのまま仲良くなって、そのまま飲みに行ったこともありました。

そして話をしているうちにわからなかった単語が出て来たら必ずそのままにせず、もはや話している相手の話を途中で遮ってまで、どういう意味なのか自分で辞書で調べて理解できるまで徹底的に聞く。 

よく分からないまま笑ってすませる人がいますがもったいないです!

もうそれは本当に本当に理解できるまで徹底的に聞きます。

もうウザがられようが何と思われようが、

そんなことは関係ありません

これを実践すれば半年あればかなりのレベルに達することができると自身の経験上、断言出来ます。

最良の語学習得方法その②

ちなみに、私が北京に降り立ってまずしたこと、それは大学内で話しかけまくて相互学習のパートナーを見つけることです。

あくまで目的はお互いの言語の相互学習・文化交流です。言語だけ習得するのではなく、相手国の文化や風土まで解することでグッと理解は深まります。

まず私は北京大学のキャンパス内で最も人通りが多い道端に陣取り、感じの良い人が通ったら片っ端から話しかけていました

目的はもちろん文化交流もありますが、そこで相互学習パートナーを7人確保しておきたかったのです。

7人確保していれば日替わりで毎日相互学習しながら語学習得にもなるわけです。

無事、1週間かけて7人との相互学習が始まります。

こうして夢のような留学ライフが始まるわけです。

相互学習とは、こちらが日本語を教えるからそちらも中国語を教えて、というやつです。

少々意外かもしれませんが、中国の方は途中から日本語そっちのけで中国語だけ教えてくれる人ばっかりでした。本当に有り難かったです。

メディアを通して見る中国像とはいささか異なるのではないでしょうか。

たまたま私が知り合った人がそうだっただけなのか、何なのかわかりませんが利己的ではなく利他的な方々が多かったです。

とにかく、

来る日も来る日も、北京大学の最初の半年の中国語の授業が終わり次第、

  • 学生寮の警備員のにいちゃんたち
  • 北京大学の食堂でランチしてる女子
  • バスに座ってるおばちゃん
  • 学生寮の掃除のおばちゃん
  • 家電製品を売っている販売員
  • 百貨店で化粧品を売る販売員
  • 道端で休憩してる工事労働者
  • 北京大学の門衛たち
  • 羊肉串を売るおっちゃん
  • KTV嬢
  • はたまたテント生活をしているホームレスまで、

それはもう様々な人に話しかけまくりました。

ちなみに販売員さんは、好適です。

なぜかと言うとその人達は商品を売りたいわけです。

ですから、こちらから主体的に動かなくてもある程度ペラペラ商品の説明や効能を話してくれます。

もちろん分からない単語が出てきたら都度相手の話を遮って理解するまで徹底的に聞きます。

あと中国語は多様な人と話すことも重要です。

なぜかと言えば国土が広い分、訛りも人によって相当変わります。

なので色んな人の中国語に触れて色んな訛りに慣れておく必要があります。

とにかく、このように色んな人と話をして、どんどん仲良くなっていくうちに、中国語のレベルもどんどん上がっていきました。

その結果、留学して半年で北京大学に在籍する留学生の中で中国語試験成績トップの点数を獲得しました。

「こんなに早く上達した外国人は貴方が初めてです」by 北京大教授

最良の語学習得方法その③

あとはやっぱり彼女を作ることでしょうか。

留学して3週間目、北京大学法学院に在籍しており、在学中に司法試験に受かった福建省出身の年上女学生でした。

最初は中国語レベルが低すぎて相手に告白されていることに気がつかず、表面的な意味だけの理解に留まって帰り道に告白されていたことに気づく始末、なんてこともありました。

最初はどうしても日本語を中国語に変換して話をして、相手から話された中国語を日本語に変換して理解する、というワンプロセス挟むことになります。

しかしこれではいつまで経っても打てば響くようなコミュニケーションは取れません。

とにかく日本語を忘れるぐらい日本語を介在させないように心がけます。

心がけて出来るようになることでもないので、やはり来る日も来る日も中国語を覚えまくるしかありません。

時に上達の実感が湧かず、やるせなくなる時があっても学習を続けるしかありません。

あと中国人は成語(日本語で言うことわざ)や慣用句が好きです。

この教材なんか結構オススメです。

成語を覚えまくれば中国人のウケは確実に良くなるのでオススメです。

まとめ

さてまとめると以下のようになります。

  1. ひたすら人に話しかけまくる
  2. 分からない単語があれば話を遮ってまで止めて、分かるまで話を進めない
  3. 毎日日替わりで話すような相互学習パートナーを作る
  4. 彼女・彼氏を作る

以上の方法であれば語学は短期間でマスター出来ます。(断言)

なんだかんだ④が王道ではないでしょうか。

①はある程度お国柄や国民性も成否に関係してくるかもしれません。

要は短期間で死ぬほど集中すれば、語学は習得可能です。必死にやってみてください。

今ではライザップのように成果コミット型英会話もありますので、活用するのも一案でしょう↓

就活で尽く内定を獲得できたのは、間違いなく濃密な留学ライフのおかげです。

面接はほとんど留学のこと話してました。学生さんたちは絶対に日本から出て海外を知るべき。

それも、通り一遍の浅い留学ではなく、現地の人と深い付き合いをすることで文化や歴史も学んだ上で語学も習得するというディープな留学をすべきです。


「社会人」に一休み、中国留学してみれば―暮し、学び、旅した2年半

コメント

  1. arowana より:

    すごいガッツと行動力だね。
    尊敬する。
    一足早くセミリタイヤ生活を送る、年上の同じ大学の同窓より。

    • TON より:

      コメントありがとうございます。
      いえいえ、もうアナルに火が付いてたので必死でした笑
      既にセミリタイア達成されている先輩とは、、尊敬するのは私の方です、羨ましい限りであります。。!!

  2. 石堂翔大 より:

    突然失礼します。
    現在大学2年生で、休学して北京大学への語学留学を考えています。
    詳しくお話お伺いさせていただきたいです。

    • じんたん より:

      コメントありがとうございます。
      大学2年から北京大への留学を考えていらっしゃるとのこと、素敵だと思います。
      なんなりと聞いてください。