SoftBank、米国に5兆円投資

ツイッター

投資対象として魅力的な米国

SoftBankの孫正義氏は6日午後にトランプ氏と共通の知人を介して会談。500億ドルを投資し、50,000人の雇用を生み出すと約束した。

と、日経電子版にあります。

さもありなんというか、これはやはり、SoftBankの孫正義氏も米国への投資タイミングとしては今が良いと見ているのでしょう。

2017年〜2018年にかけて米国景気は過熱していき、ダウも史上最高値を更新して行くと見ています。

来年は欧州の政治リスク等ありますがドル円も130円を目指す可能性が高いと思います。

対して個別株は別にして日経平均はどうも外的リスクに脆弱な印象は否めません。銘柄選別をしっかり行えば日本株でも満足できるパフォーマンスを維持できるでしょうが、長期投資としては米国にやはり軍配があがるでしょう。

過去50年間、S&P500平均を上回るパフォーマンスを見せている生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、または電力等の米国株を引き続き買い増ししていきます。

最近忙しく売買記録や配当金の記録が更新できていませんので、順次行なっていきます。

今日は有給を取って早朝登山です。

自然はいいですね。

人間は詰まる所、自然に回帰するのです。経済もAIもいくら発展しても、最後は自然に回帰するのです。

Twitter
スポンサーリンク

ブログランキング参加中、ぽちっ↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする


スポンサーリンク